豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

人工乳腺バッグに失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

美容施術では、医療用の異物や薬剤を挿入したり、逆にいま体内にあるものを取り除いたりして利用者が望む美容を手に入れることができます。

医療用の異物の代表的なものとして、人工乳腺バッグがあります。主に胸を大きくする施術で使われるものです。

医療用に開発されたものですので、安全性に関してはとても高くなっています。時代が進むにつれて、品質もどんどんよくなっていますので、昔よりもリスクは少なくなっているといえるでしょう。

ですが、安全だとされる人工乳腺バッグであっても、場合によっては失敗が発生します。

失敗でよく目立つのが、バッグを挿入した部分の形や感触が変わってしまうというものです。

このような症状が発生すると、いかにも異物が入っているように見られがちになり、施術を受ける前よりも精神的なショックが大きくなることがあります。

失敗を防ぐには、高品質な人工乳腺バッグを利用するのが無難です。安価なものほどリスクが高くなります。

 

人工乳腺バッグに失敗するとどうなるのか

失敗例について

明らかに失敗だとわかる人工乳腺バッグの特徴ですが、バッグを挿入した部分が硬くなってしまうという例が多くなっています。

拘縮という状態が、胸に挿入したバッグに発生するのが主な原因です。このような状態が発生するのは、体質も関係しているとされています。

体質を完璧に見抜くのはとても難しいことですが、施術を行う前に十分に検査を行うなどすれば、ある程度回避が可能な部分でもあります。

利用する病院がきちんと身体をチェックしてくれるか、チェックする機器には高度なものが使われているかなどが、リスク回避の重要な要素になります。

これらを素人が判断するのは困難を極めます。

ですが、人工乳腺バッグの施術の経験がある人から病院の評判を聞けば、ある程度予測がつきます。

また、相場が妥当であるかなども、判断の際にたいへん役に立つでしょう。

この他の失敗では、炎症が起こる、バッグが破れるなどの例があります。おかしな状態になったなら、早めに再手術を受けるなどの対策を行いましょう。

人工乳腺バッグの失敗

人工乳腺バッグの失敗例、「リップリング」ってどういう状態?

やせ形の人は要注意!リップリングについて

シリコンバッグによる豊胸手術の工程として、まずは乳腺の下もしくは大胸筋の下にスペースを作り人工乳腺バッグを挿入します。通常、このスペースは挿入するバッグの大きさに合わせて作られますが、やせ形の方や体系が小柄な方は十分なスペースができず、挿入したバッグが折れ曲がってしまうことがあります。

このような状態で、皮膚上から折れ曲がった部分が波を打ったように見えることを「リップリング」と言います。

手術を行った人の役5%にできるカプセル拘縮(被膜)について

人体の構造上から、人工乳腺バッグを体内に入れるとを異物だと反応しバッグの外側にカプセル被膜という膜ができます。

体の防御反応のでできるこの膜が、稀に小さくできるとそれに囲まれているバッグにゆとりがない状態になり、触った感覚が不自然な硬い胸が出来上がるのです。

ある程度の対策を行って手術を行っても、体の反応は人それぞれですので予想はできません。このカプセル拘縮(被膜)は、手術を行った人の約5%の人に出ている失敗例です。

豊胸手術がバレる・不自然に仕上がってしまうのはなぜ?

せっかく豊胸手術をしたのに人にバレる・不自然だといわれたらショックですよね。人工乳腺バッグを挿入する方法は、短期間で結果が出ること・自分の好みのサイズに豊胸出来ることから人気の方法です。

しかし、体質・体系によってこの方法を医師がおすすめしない場合、もしくはサイズの指定拒否をすることがあります。

体質・体系に合っていないバッグの無理な挿入は失敗の可能性が高いですので医者の助言はしっかりと聞くようにしましょう。

挿入部が脇であれば、脇から胸にかけてハリが…違和感があったら人工乳腺バッグを修正しましょう。

人工乳腺バッグの修正

修正手術は難しいのでトラブルやリスクを説明してくれるクリニックや医者を選ぶ

胸に入れた人工乳腺バッグを修正するという事は可能です。

その内容は、入れたバッグをそのまま取り除く、バッグを入れ替える等、希望に合わせて行う事が出来ます。

ただ、取り除く場合でも入れ替える場合でも、更には他の豊胸手術を合わせて行う場合でも、体には大きな負担がかかる事になります。

その為、再びトラブル等が起きないように、よく考えて、最適な方法を選んでいく事が重要になります。

更に、可能であれば、最初の手術の時点で、より良いクリニックや医者を選ぶという事も重要になってきます。

トラブルやリスクの可能性についてしっかりと説明をしてくれるクリニックや医者を選ぶようにしておくだけでも、万が一の事が起きた場合に慌てず相談しやすい状態を作れます。

人工乳腺バッグは、トラブルが起きない場合でも、胸の中に入れていると劣化をして破損しやすくなる為、10年から15年で、取り除く、もしくは入れ替えを考える必要があります。

ですから、施術を受ける時には、その先の施術についても意識しておく事が大切です。

おすすめのバッグの種類とは?

当相談所では、おすすめの人工乳腺バッグを使ったクリニックをご紹介しています。

たとえば一部の美容外科では、耐久性と伸縮性を増強させたシンデレラバッグをさらに進化させたマーメイドバッグを使用しています。

このマーメイドバッグは、形状記憶機能が追加されているので、リップリングを防ぎ、体内に挿入した時に外皮にふれることなくバッグを挿入することができますから、細菌感染による被膜拘縮を予防することができますし、手術時間も短縮することができます。

技術が高い美容外科では、患者の希望にあわせて、プチ整形から本格的なバストの形成まで、幅広いメニューが用意されています。

事前のカウンセリングでは、しっかりと患者の希望や悩みなどを聞き、適した治療法を提案してくれますし、施術に対してもメリットやデメリットもきちんと説明してくれますから、安心して施術をうけることができます。

モティバなども、さまざまな厳しい審査をクリアした人工乳腺バッグで、安全性や耐久性、伸縮性などにも優れています。

内部のシリコンは、乳腺にきわめて近い感触ですし、炎症や被膜拘縮などのリスクも最小限に抑えることができ、修正治療をうけることなく、安心して挿入することができます。

また、組織との癒着も少ないので、自然なバストを実現することができます。

医者のおすすめは、失敗を減らす一番の近道です

美容整形の技術が向上してきた現在でも、上記であげてきたようにカプセル拘縮(被膜)やリップリングの様な失敗例はゼロではありません。体質・体系によっておすすめできる豊胸方法が違います。

自分の意思・要望を伝える事はとても大事ですが、無理な方法での豊胸は後々バレる・不自然な胸に仕上がってしまい自分が後悔することになります。

カウンセリングをしっかりと行い、医師のおすすめを参考にするのが失敗しない一番の近道です。

当相談所では、上手な医師・クリニックをご紹介しております

人工乳腺バッグを使った美容整形は、一度でバストアップをはかれる方法として人気がありますが、入れた人工乳腺バッグそのものが胸の膨らみになりますから、予定通りの豊胸を期待することができます。

ただ、問題点としては、人工乳腺バッグを異物と見なしてしまい、生体の拒否反応がでてしまったり、不自然な見た目になるケースもありますから、名医を受診することが大切です。

脂肪注入などに比べると、拒否反応などもでやすいため、経験豊富な医師を選ぶことが失敗を防ぐたまには大切です。

人工乳腺バッグの手術では、正しい知識を知らないままカウンセリングを受けて、手術をおこなってしまうと、失敗してしまうケースも少なくありませんから、事前にしっかりとメリットやデメリット、リスクを知っておく必要があります。

経験豊富で技術が高い医師を選ぶことも大切ですが、何よりも患者が思い描いているバストに近づけることができるセンスをもっているかどうかも大切です。

また、事前のカウンセリングで不安に思っていることや心配だと思うことをきちんと相談でき、明確な答えをだしてくれるかどうかも、医師を選ぶ際のポイントとなります。

手術を受ける際には、不安なく安心してうけられるとくことも大切です。

 

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*