豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸バッグ抜去・入れ替えに失敗3つの例と修正手術と上手い病院のご紹介

豊胸バッグは、乳腺下や大胸筋下に挿入する豊胸手術で、ヒアルロン酸注射や脂肪注入などに比べ、劇的にバストを大きくすることが可能です。

豊胸バッグの内容物には、シリコンジェルやコヒーシブシリコン、生理食塩水、ハイドロジェルなどがあり、希望によって使い分けています。

またバッグを挿入する箇所も、大胸筋下や乳腺下、大胸筋膜下などがあり、乳房の大きさや大胸筋の発達具合などによって、選択されます。

豊胸手術は、胸が硬くなってしまうなどの失敗が起こる可能性があります。

これは体質などによってカプセル拘縮が起こるためで、異物が入っているという心理的不安感や違和感が起こった場合には、豊胸バッグ抜去・入れ替え手術を行う必要があります。

豊胸バッグ抜去・入れ替えは名前の通り、シリコンを取り出し新たなシリコンへと入れ替える豊胸手術です。

豊胸バッグでの豊胸手術に失敗してしまった場合、この施術を受ける事で不自然なバストを改善出来ます。

豊胸バッグ抜去・入れ替えを行いたいと感じた場合には、まずは治療を行ったクリニックに相談をしましょう。場合によっては無料で修正手術を行える場合もあります。

ただ施術を受ける前には、豊胸バッグは効果が半永久的であるというメリットがある一方、デメリットやリスクもあるということを忘れないようにしましょう。

豊胸バッグ抜去・入れ替えに失敗したらどうなる?

上手な医師・クリニックの特徴

もし、豊胸バッグ抜去・入れ替えを行った場合、金銭的な負担はもちろん身体的にも大きなダメージを受けてしまいます。

挿入したシリコンを取り出すために、再度体にメスを入れて切開しなければいけません。

シリコンの周りがカプセル拘縮を起こしていた場合は、シリコンを取り出すだけでも時間がかかってしまいます。

そして、新たなシリコンを入れて縫合した後は、腫れや痛み、内出血などの症状が出てしまうのです。

このような負担を避けるためにも、豊胸バッグでの豊胸手術を行う場合は、手術を得意とする医師を見つける事が大切です。

豊胸バッグ法が得意かどうかを判断するポイントとしては、まず症例数が挙げられます。

長年にわたり人工シリコンを使った豊胸手術を行っている医師であれば、患者1人1人異なる様々な症例に対して的確な施術を行ってくれると考えられます。

また、他院の豊胸バッグ法の修正手術も、多く行っている医師であればより安心です。

豊胸バッグの修正手術はとても難しいため、他院の患者さんを受け入れているクリニックは、それだけ豊胸手術を得意としていると言えます。

バストは女性にとって象徴的なパーツですので、少しでも失敗やトラブルを避けるためにも、医師選び・クリニック選びは慎重に行いましょう。

豊胸バッグのメリットと失敗例

豊胸手術といえば、シリコンバッグを入れるイメージが強いかもしれませんが、現在はシリコンだけでなく、生理食塩水やハイドロジェルなど、内容物にもいくつかの種類があります。

豊胸バッグのメリットは、胸を希望の大きさにすることができるという点が挙げられます。

豊胸手術の中でも、シリコンバッグの歴史は古く、2000年頃からはシリコンバッグの膜が破損しても、内容物が漏れないコヒーシブシリコンが登場し、現在も多くの豊胸手術で使用されています。

シリコンバッグは、異物であるため、体内に入ると被膜で覆われます。

この被膜が薄いうちは触ってもあまりわかりませんが、徐々に硬く分厚くなることがあります。

この症状が起こると、見た目にもシリコンバッグが変形しているのがわかるようになるため、豊胸バッグ抜去・入れ替えの施術を受ける必要が出てきます。

一度被膜拘縮が起こってしまうと、元にはもどりません。緊急を要するわけでありませんが、豊胸バッグ抜去・入れ替えを行う必要があります。

施術を受ける前には、メリットだけではなく、失敗やデメリットなども説明を受けておくようにしましょう。

豊胸バッグ抜去・入れ替えの失敗

豊胸バッグ抜去・入れ替えの失敗として「出血」を考えておきましょう

豊胸バッグ抜去と入れ替えで起こるリスク「出血」について。

豊胸バッグ抜去・入れ替えは、文字通りバストに挿入したシリコンを取り出し、新しいシリコンへと入れ替える豊胸手術です。

施術を受ける事で理想的なバストラインになれば良いのですが、失敗してしまうと大量の出血を引き起こしかねません。

出血はカプセル拘縮を引き起こしやすくなると言われています。

カプセル拘縮とは挿入したシリコンの周りに、硬い膜が出来る現象です。

バストが固くなる・しこりが出来るといった症状が現れます。

豊胸バッグ抜去と入れ替えで起こるリスク「癒着が強くて抜去できない」

豊胸バッグ抜去・入れ替えで起こるリスクとしては、「癒着が強くて抜去できない」という症状も挙げられます。

長い期間、シリコンをバストに挿入したままにしておくと、バストの組織とシリコンが癒着しているケースが多いようです。

癒着している場合、無理に引き剥がそうとすると体への負担が大きくなり、また出血などのリスクが高まります。

豊胸バッグ抜去と入れ替えに精通している医師であれば、難症例でもキレイに処置してくれる事が多いようです。

豊胸バッグ抜去と入れ替えで起こるリスク「入れ替えができていない」

豊胸バッグ抜去・入れ替えでは、「入れ替えができていない」という、リスクがあるので注意しましょう。

技術の低い医師や質の悪いクリニックでは、バストに挿入しているシリコンを全て取りきれず、そのまま残っているケースがあるのです。

シリコンが残っているかどうかは、MRI検査を受ければ分かります。
シリコンが残ったままになっていると、様々な後遺症が出てしまう恐れがあるので、医師の質を見極める事が大切です。

豊胸バッグ抜去・入れ替えの修正

修正したいと思ったら早めに手術を受ける

バストアップの為に入れたシリコンが破損してしまった、またシリコンでの豊胸手術後にカプセル拘縮などでバストが硬くなってしまった場合、修正する事ができるんですよ。

豊胸バッグ抜去・入れ替え手術を受ける事で、もう1度キレイなバストラインとなります。
シリコンを取り出すのは一般的に、シリコンを入れた所からのようです。

例えば脇の下から挿入した場合は、脇の下を切開してシリコンを取り出します。
シリコンが入っていた時間が短ければ短い程、豊胸バッグ抜去・入れ替えにかかる時間は短くなります。

15分程度で、シリコンを取り出す事もできると言われているんですよ。
なので、修正したいと思ったら早めに手術を受けるのが、良いかもしれませんね。

ただ、豊胸バッグ抜去・入れ替えでの修正は、何回でもできるという訳では無いようです。

シリコンを取り出すには約30万円から40万円程度、そして新しくシリコンを挿入するには約120万円程かかります。

また、施術後は腫れや痛みといったダウンタイムも長く続くので、身体面や金銭面を考えると、手術は1回から2回程度が限度でしょう。

豊胸バッグ抜去・入れ替えの修正にかかる費用と苦労

豊胸手術には色々な施術法がありますが、豊胸バッグ法は大幅にバストのサイズをアップ出来るとして人気です。

人工シリコンをバストに挿入する豊胸バッグ法は、人工シリコンのサイズによって3カップ程度もバストアップ出来ます。

しかし、豊胸バッグ法で失敗してしまうケースもあるので、その点は考慮しておかなければいけません。

カプセル拘縮や石灰化などによって、バストが硬くなってしまうという失敗例が挙げられます。

他にはバストがデコボコになってしまう、バストに挿入した人工シリコンが皮膚を透けて分かってしまうなど、仕上がりの悪さも失敗例として少なくありません。

このようなバストの状態をそのままにしておくのは、精神的負担も大きいとして豊胸バッグ抜去・入れ替えの修正手術を受ける方がほとんどです。

豊胸バッグ抜去・入れ替えの修正手術を行った場合、抜去だけであれば20万円から40万円前後、新しい人工シリコンに入れ替えた場合は、約80万円から100万円の費用がかかります。

豊胸バッグでの豊胸手術に失敗してしまった場合、人工シリコンの抜去・入れ替えでこれだけの金銭的俯瞰がかかってしまうのです。

また身体的な負担もかかるので、できるだけ修正手術は避ける必要があります。

豊胸バッグ抜去と入れ替えは名医を探そう

理想のバストに近づける為に、豊胸バッグ抜去・入れ替えを行いたいという方も少なくありません。

ただ、癒着が強く施術が出来ない、シリコンの取り忘れがあるなどのリスクが起こる可能性もあります。

このようなリスクを少しでも軽減するには、名医と言われる医師を探す事がおすすめです。

当相談所では豊胸バッグ抜去と入れ替えに、精通しているおすすめの医師をご紹介しています。
悩んでいる方は当相談所にご相談ください。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

豊胸バッグ法に失敗してしまい、修正手術となると大きな苦労が待ち構えています。メスを使う豊胸手術ですので、ダウンタイムの期間は長めです。その間は痛みや腫れなどで辛い思いをして事になってしまいます。

また、修正手術にかかる費用も決して安くはないため、金銭的な苦労もついてきます。

必要のない苦労を負わないためにも、施術を受ける際は医師選び・クリニック選びをしっかり行う事が大切です。

今までどのくらい豊胸手術を行ってきたかなどの情報や、クリニックの雰囲気やクチコミなど様々なポイントを比較して、より良いクリニックを見つけ出しましょう。

ただ、クリニックや医師を比較するのには、多くの情報を集めなくてはいけません。

情報集めには時間も手間暇もかかってしまうため、上手く進まないという方も多いでしょう。
豊胸バッグ法を希望しており、クリニック・医師選びに悩んでいるという方は、当相談所にご相談ください。

当相談所では豊胸バッグ法をはじめとする、豊胸手術全般の技術・知識の高い医師がいる、おすすめのクリニックをご紹介しています。

豊胸手術だけでなく、修正手術にも精通している医師をご紹介する事も出来ます。
まずは、ご気軽に当相談所にご相談ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*