豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

大胸筋下法(豊胸バッグ)の失敗3例と修正手術が上手い病院のご紹介

大胸筋下法とは、人工乳腺や、プロテーゼ、インプラントによる豊胸バッグを使って行う豊胸手術の方法の一つです。

大胸筋の下や、肋骨と大胸筋の間にこれらの豊胸バッグを挿入して、バストアップを図ります。

こうした大胸筋下法による豊胸手術には、それぞれメリットやデメリットやリスクがありますので、しっかりと把握したうえで手術をしなければなりません。

また、大胸筋下法(豊胸バッグ)による手術の失敗や、修正などをアフターケアとしてしっかりと探したうえで手術を行うことが大切なことだといえます。

そうした、アフターケアの行き届いたクリニックでは、豊胸バッグの再治療や修正手術を無料で行ってくれるところが存在します。

また、手術のキャンペーンなどもありますので、最大限そうしたサービスを活用しても損することはありません。

こうした豊胸術はわきの下に沿って数cmの切開で豊胸バッグを挿入して行います。

その日のうちに帰宅することができるため気軽に行うことができますが、こうしたメリットとデメリットを紹介したいと思います。

大胸筋下法での豊胸の修正

この手術がおすすめできる理由

まず、前述したように基本的にはわきの下に沿って切開するため、傷跡が目立ちにくいといったメリットがあげられます。

また、その日のうちに帰宅することもできます。特に痩せ気味の方にとって有効的な豊胸手術といわれています。

大胸筋下法(豊胸バッグ)のほかに、乳腺下法という手術方法もありますが、万が一、カプセルが拘縮を起こしても大胸筋でカバーされるため、乳腺化法に比べてわかりにくいとも言えます。

しかし、筋肉の下をはがしてバッグを挿入するために術後の痛みが強いとも言えます。

また、胸に谷間ができにくかったり、大胸筋で押さえつけられるため、乳腺下法に比べて固いとも言えます。

こうした手術はきれいに縫合すれば傷がほとんどわかりませんし、傷跡が気になるという方も修正することができますので気軽に相談することができます。

大胸筋下法(豊胸バッグ)で修正したいといった方は、できれば手術をしたクリニックに一度問い合わせて無料で修正が行えるかどうか調べたうえで、他のクリニックの評判や実績を踏まえたうえで、手直し手術をお願いするといった手段も考えられます。

ぜひ、理想の豊胸を実現するために良いクリニック選びを行ってください。

上手な医師・クリニックの特徴

大胸筋下法では医師のカウンセリングやバスト状態の診断結果などが施術にも大きく結び付く可能性があります。

豊胸バッグを挿入する上では、比較的にメリットの多い方法となりますが、大胸筋下法を採用するかどうかについては念入りな判断を要します。

上手な医師の特徴には、豊富な施術データを持っている点があり、患者さんのバストの状態によって大胸筋下法による豊胸バッグによるバストアップ修正が可能かを判断できます。

そして難しい場合やリスクが高い場合には、患者さんに説明をして他の方法への提案を行うことができる点も重要です。

また施術を行う上ではわき下部分にメスによって切り込みを入れて、そこから豊胸バッグを挿入する形で修正を行うため、メスによる切開と糸による縫合の二つのスキルが優れていることもポイントになります。

なお患者さんが希望される場合には、実際に大胸筋下法による手術を行う前と後での違いなどを見ることができる写真などによる解説も優れます。

想定されるバストアップ状態のイメージを見ることができる点も良いため、解りやすい解説が行われると良医と支持されることもあります。

またメリットがある反面、デメリットやリスクも存在し、それについてもしっかりと患者さんに説明してくれるのも上手な医師の特徴です。

手術と失敗例について

豊胸手術には、いくつかの方法がありますが、即効性があり効果が実感しやすいのが、豊胸バッグによる施術です。

豊胸バッグとは、シリコンや生理食塩水が入ったバッグをバストに挿入することで胸を大きくしていきますが、2カップ以上のバストアップが可能で、半永久的に効果が持続出来ることから、もっとも多くの人が行っている施術となります。

豊胸には、ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法もありますが、これらは時間の経過とともに、体内に吸収されるため、数年で元に戻ってしまいます。

豊胸バッグは、乳腺下法と、大胸筋下法があり、胸の小さい人には、大胸筋下法がおすすめの施術となります。

大胸筋の下に豊胸バッグを挿入するため、豊胸バッグの形が目立つこともなく、大きくサイズアップすることも可能です。

ただ深いところに挿入するため、豊胸バッグの柔らかさを実感しにくく、胸の谷間が出来にくいというデメリットがあります。

手術が失敗すると、被膜拘縮が起こることもあるので、経験の豊富な医師を選ぶことが大切です。

大胸筋下法(豊胸バッグ)の失敗で起こりやすいのは?

主流となっている豊胸バッグを挿入する施術

豊胸手術の中でも、豊胸バッグを挿入する施術は現在主流となっています。

以前は豊胸バッグが破れたり、シリコンの素材に問題があるなどしましたが、現在は技術も進み、妊娠や出産、授乳にも問題なく、安全性があるものになっています。

豊胸バッグ手術には、乳腺下法(豊胸バッグ)と大胸筋下法(豊胸バッグ)がありますが、どちらにもメリットとデメリットがあるので、きちんと医師の説明を聞いて決めることが大切です。

豊胸バッグの失敗例として、被膜拘縮があります。これは年月が経つごとに、バストが硬く変形してくるトラブルで、人工物であるシリコンバッグを閉じこめようとする、体の自然は働きです。

通常は被膜ができても問題はありませんが、強く反応がでるとバッグの破損にもつながるため、取り替えが必要になることもあります。

大胸筋下法(豊胸バッグ)ではあまりわかりませんが、乳腺下法(豊胸バッグ)では目立つ症状なので、施術を受ける前には、十分にメリットとデメリット、リスクを説明してもらうことが大切です。

大胸筋下法での豊胸の失敗

受けなきゃよかった?大胸筋下法(豊胸バッグ)に失敗、「リップリング」が

大胸筋下でもリップリングの影響が出ることがあります。

リップリングは豊胸バッグの形や位置により、肌表面に波打って見えてしまったり、とがっているような出っ張りがあらわれてしまう現象で、バッグを大胸筋の下に入れれば肌までの距離があって目立たない感じがしますが、乳腺や筋肉に厚みがあまりなく、カップ数を多めにアップしたときなどに表面から分かってしまうでこぼこが発生してしまう可能性があります。

医師が適切なバッグを選択しなかったり、挿入する位置が不十分な時にも起きやすくなります。

カプセル拘縮(被膜)ができて硬くなる

手触りが硬い…大胸筋下法(豊胸バッグ)の修正に至る理由とは?

豊胸バッグは人工的に作られていますから、体は異物ととらえ被膜が発生し包み込んでしまうことがあります。

包まれただけでは問題なく支障も起きませんが、稀に被膜の繊維が厚く硬くなってしまう人がいます。

大胸筋下法(豊胸バッグ)はカプセル拘縮(被膜)は起きにくい手術ですが、十分に剥離せず挿入したり、出血、体質でできることがあり、マッサージや内服薬などで予防することが必須で、テクスチャータイプのバッグを用いることも有効的です。

きれいな胸に仕上がらずバレる・不自然な豊胸

大胸筋下法(豊胸バッグ)は筋肉の下に入れるため、バッグが筋肉に押さえつけられることを考えてボリュームを選択する必要があり、医師の経験が重要になってきます。

あまりボリュームを出しすぎると引き攣れなどが起きてしまいますし、挿入する位置がずれすぎてしまうと乳頭の位置もバランスが悪くなり、バッグを入れたことがバレる・不自然な仕上がりになることがあります。

希望するデザインに近づけながらも、自然な胸にしてもらう必要があります。

後悔しない豊胸に必要な名医の存在

現在の胸の状態や理想とする形も個々で違っていて、状況に合わせて危険を回避できる手術が行える医師に担当してもらうことで失敗しにくくなりますが、どこのクリニックにでもいるわけではないので、ずっと悩みを抱えたままになってしまう人もいます。

当相談所で大胸筋下法(豊胸バッグ)の名医がいるおすすめの美容外科をご紹介をしておりますので、中々クリニックが見つからず悩んでいいた方はお気軽にご連絡ください。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

バストアップは女性の憧れですが、やせ型の体質に優れている方法の一つが大胸筋下法による方法です。

傷口が目立ちにくいメリットもあり、多くの方にも支持される方法として採用されることもあり、それを取り扱っているクリニックも増えています。

自分に合ったバストアップを実現してくれるクリニックを探すことは、比較的に難しいのも確かで、費用面も高かったり、施術を行っても失敗するケースも存在します。

そのためおすすめのクリニックを探す方法としては、当相談所に相談する方法が優れています。

その理由としては、各種手術を行った実績の豊富なクリニックや最新の医療や機材を取り入れたクリニックを紹介することが可能だからです。

大胸筋下法を成功に導くためには、もちろん医師の施術スキルに左右されるケースも多いですが、当相談所なら施術スキルが優れた医師を見つけることもできます。

お問い合わせでも大胸筋下法の施術について費用、アフターメンテナンス、施術の流れなどの質問も受け付けてくれるため、不安にならずに安心して依頼しやすい魅力もあります。

加齢に伴う修正にも対応している場合も多く、豊胸バッグを取り出してまた適合する様に挿入し直すといった施術までも行ってくれるクリニックも存在します。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果

The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*