豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

大胸筋筋膜下法と聞くと難しくとらえてしまう人がいるでしょうが、これは一般的にいわれる豊胸手術のやり方の一つです。

というのも昔は大胸筋下という方法が主流だったのですが、これだとその人の体型によって違いが出てきてしまうということで、大胸筋筋膜下法という方法が用いられるようになったのです。

この方法にももちろんデメリットがあって、痩身の人はシリコンバッグの輪郭が見えてしまうというものがあります。

しかし、痛みなどの点ははるかに改善されてよくなったのでその点で悩むことはないと考えられています。

この大胸筋筋膜下法による施術はちょっと前まで主流だった乳腺下法の様にバッグの形状が目立ってしまうリスクが少ないです。

失敗の少ない手術ですが、全く修正しない人がいないというわけでもいません。

中には自分の体型とシリコンバッグが合わなくて再手術をするという人もいます。

そういったことがないようにクリニックはやはりきちんと選んで自分の意見もちゃんと言える医者を見るけることが大切でしょう。

大胸筋筋膜下法での豊胸の修正

上手な医師・クリニックの特徴

大胸筋筋膜下法は、痩せている人や、元々、胸が小さい人、若い女性向けの豊胸手術です。

豊胸バッグを入れてバストを大きく見せる修正術ですので、大胸筋の上にある乳腺などを傷つけることがありません。

これから出産や授乳を控えている方にも乳腺を傷つけるリスクはとても低いのですが、やはり熟練した医師が行わなければならないでしょう。

また脇の部分に豊胸バッグを挿入するため、豊胸手術もバレにくいのが特徴です。

大胸筋で豊胸バッグが圧迫される可能性もありますので、変形や場所移動が起こるかどうかをしっかり見極めて、手術を行ってくれる熟練した医師に任せるのがいちばんでしょう。

大胸筋筋膜下法で手術を行う医師が多いのですが、手術前は、やはりきちんとしたカウンセリングが必要となってきますので、どのようなバストにしたいのかを、しっかりと患者に聞いてくれる医師が望ましいでしょう。

また手術後のデメリットや後遺症などについても、しっかり説明を受ける必要がありますので、こうした点もしっかり説明をしてくれる医師が望ましいです。

豊胸バック挿入手術を得意とする医師や、多くの経験を積んでいる医師を探す必要があります。皮下脂肪や皮膚が分厚い方だと仕上がりも綺麗になります。

手術と失敗例について

大胸筋筋膜下法は、豊胸バッグによる豊胸手術のひとつで、脇の下を切開し、乳腺の下にある大胸筋膜と大胸筋の間にバッグを挿入する方法です。

大胸筋下法もありますが、それよりも体への負担が少なく、痛みや腫れが小さいです。ダウンタイムも短い傾向にあり、大胸筋よりも上に豊胸バッグがあるため、柔らかい感触となります。

大胸筋筋膜下法は、大胸筋下法よりも豊胸バッグの形が表面にあらわれるリスクが減らせ、カプセル拘縮が起こった場合でも表面に形状があらわれにくくなるメリットがあります。

大胸筋筋膜下法はメリットもありますが、失敗などデメリットもあります。

乳腺下法よりもリスクは低くなりますが、痩せた体型の場合、豊胸バッグが表面にあらわれることがあります。

また、切開部分が乳房の下や乳輪部分である場合は縫い目の跡が見えやすいことがあります。

カプセル拘縮やリップリングが起きた時には変形状態が胸の表面にでやすくなります。ダウンタイムは2〜3週間程度です。

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)の失敗で考えられるのは

カウンセリングで技術や知識があり経験が豊富であるかを見極めること

豊胸術で、バッグを挿入する方法には大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)以外に筋膜下法や乳腺下法があります。

大胸筋下法は、胸の深い部分にバッグを挿入するため胸の表面からバッグの輪郭がわかりにくいメリットがあり、バストが小さく乳腺や皮下脂肪が少ない場合に向いている方法で、乳腺下法よりも痛みが強く、ダウンタイムが長いデメリットがあります。

乳腺下法は、感触が柔らかく自然な仕上がりになりますが、触った時にバッグの感触がわかる可能性があります。

バストが比較的大きい場合や皮下脂肪や皮膚が厚い場合などに適しています。

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)は、乳管とバッグを筋膜で遮断できるため感染症を防ぐことやバッグが目立ちにくいことなどのメリットがありますが、切開跡が残ってしまうことや、カプセル拘縮などのトラブルや失敗がある可能性もあります。

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)の手術を成功させるためには、経験豊富な医師の選択が必要です。

技術が低い医師を選ぶとバッグの入替や修正、再手術も必要になることもあります。

カウンセリングなどで技術や知識があり経験が豊富であるかを見極めることが大切なポイントです。

大胸筋筋膜下法での豊胸の失敗

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)の失敗で起る「カプセル拘縮(被膜)」ってなに?

異物に対する防御反応でカプセル拘縮(被膜)が起きる可能性があります。

人の体は異物が入ると、体外に排出しようとする防御反応が起きます。胸にバッグを入れた際も被膜が包み込んで、次第に被膜の繊維が縮んで固くなっていきます。大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)は出血なども起きやすく、ほかの方法よりも拘縮が起きやすい施術です。

医師が配慮して、テクスチャードタイプのバッグを使ったり、予防する内服薬の処方やマッサージ、高周波温熱療法などを取り入れてくれればより発生する確率が低くなります。

豊胸したことに気づかれてしまう可能性があるリップリング

豊胸のバッグは、弾力性があって自然の胸の感触と変わらない触り心地がありますが、胸に入れた部分の肌表面にとがって見えたり、波打っているように見えてしまうリップリングが起きることがあります。

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)は筋膜の下に入れるために安全に感じがちですが、筋膜は皮膚とそれほど変わらない厚さのため、乳腺などの厚みがない場合、表から分かってしまいます。技術のない医師がバッグを入れると、特に起きやすくなります。

挿入する位置や量あるいはデザインでバレる・不自然な胸元に

横になっているときだけでなく、起きたり立っているときも不自然にならないデザインを行い、バッグを挿入する位置や量も、より自然に見えるようにすることが必要ですが、経験が不足している医師は適切な位置に挿入できずに形が崩れ、不自然なボリュームを出すことがあります。

バレる・不自然な胸元になってしまうと、プールや海などで水着になったり温泉で大浴場に入りにくくなる、パートナーに見せることができなくなって修正する必要性が出てきます。

修正手術と注意点

豊胸手術に関して、失敗するといった事例は少なくなってきているといわれています。

しかし、自分がその大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)を用いた手術を行って満足できるかというのは別問題です。

また、痩身の人だとシリコンバッグの形が見えてしまうといったデメリットもいまだある状態です。

それをカバーするには熟練の整形医師による施術を受ける必要があると考えられるでしょう。

修正方法としては、ヒアルロン酸を注射したりすることが挙げられますが、この方法は手術の時にもできる施術です。

大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)の方法にこだわってしまうと失敗のリスクも高くなるということです。

そのために、ちゃんとクリニックの先生の意見を聞くということが重要になってきます。

前述したとおり、もちろん自分の身体を変えるのですから、自分の意見や要望をちゃんと先生に伝えるということは重要です。

しかし、自分の勝手な思い込みで持っている情報というものもあります。そういった情報をちゃんと確かめられる先生がいるところが理想的でしょう。

もし施術を受ける際には、よく考えて選んでください

失敗しないきれいな豊胸におすすめな医師

カプセル拘縮(被膜)やリップリングが起きにくく、不自然な胸にされないためには、これまで多くの実績を積んできた医師に執刀してもらうことが大切で、料金のリーズナブルさだけでクリニックを選ぶと後悔につながってしまいます。

修正が必要になると体に負担がかかり、傷跡が残る心配も出てきます。

当相談所で大胸筋筋膜下法(豊胸バッグ)を実施している、おすすめの美容外科のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

大胸筋筋膜下法は手術費用も高い豊胸手術法ですので、よいクリニック選びも重要なポイントでしょう。

また手術後もアフタフォローを万全に行ってくれるクリニックを選ぶようにしなければなりません。

大胸筋筋膜下法は技術力も非常に高度で、一度豊胸バッグを挿入した後は、バッグが破損しない限りは、効果は永遠に続きます。

クリニックでは、カウンセリングの段階で、挿入する豊胸バッグの種類や大きさ、自分が希望する胸の柔らかさや、術後に起こるアクシデントなども含めて、しっかり行ってくれるところを選ぶようにしましょう。

大胸筋筋膜下法はこの手術方法が向いている方が行えば、美容効果も高いのですが、中には別の豊胸施術が向いていることもありますので、そうした点についてもしっかりアドバイスをしてくれるクリニックが望ましいでしょう。

術後、後悔することのないように、クリニック選びは慎重に行う必要があります。

豊胸バッグを入れる位置や、技術力も大切ですので、大胸筋筋膜下法で豊胸手術を行うのが得意な医師に任せる必要もあるでしょう。

どのようなクリニックを選べばよいのか、手術の実績数の多い医師がいるクリニックはどこか、判断に迷った場合は、是非、当相談所にご相談ください。

ご相談のメールをいただければ、おすすめのクリニックをご紹介します。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*