豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

スムースタイプの豊胸バッグに失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

スムースタイプの豊胸プロテーゼの利点

バストが小さいと、水着になったときに魅力的に見えないので、もっと女性らしい体つきになりたいと思ったら、スムースタイプの豊胸バッグ挿入の手術を受けることをおすすめします。

スムースバッグは非常にやわらかいので、触ったときの感触も本物と変わらないので、誰にも知られることなくバストアップできます。

失敗すると修正することも出来るので、仕上がりが気に入らないときは、医師に相談するようにしましょう。

スムースタイプの豊胸バッグ挿入後に、何回修正ができるのかについては美容外科によって違うので、カウンセリングの際に確かめておく必要があります。

1年保証付きなら、バックが破損したり、カプセル拘縮を起こして入れ替えたい場合に、1年間は何回でも無料で手術を行ってくれるので、保証期間の有無は調べておくようにしてください。

はっきりした傷口が目立つときも、決められた期間は無料修正してくれることがあるので、あとで後悔したくないなら、アフターケアについて調べておくことが大切です。

スムースタイプの豊胸バッグの修正は何回できる?

トラブルもあるので注意しよう

豊胸手術で今もなお扱われやすいのが本来の豊胸バッグでもあるスムースタイプの液状シリコンやスムースタイプの生理食塩水です。

このような豊胸バッグに安全性に問題なく理想の形・柔らかさに近いバストを手に入れるメリットがある半面、豊胸バッグの破損が多いのも現状です。

他にもスムースタイプの豊胸バッグの失敗例として、炎症やカプセル拘縮やリップリングという見た目にも悪影響を及ぼす失敗例があります。

また柔らかさが特徴的なゆえに、術後のバストの形の崩れにも影響するシリコンの露出などもあります。豊胸バッグによる手術で失敗してしまったら、豊胸バッグの入れ替えによって修正が可能です。

このような点からも分かる通り安易に豊胸手術に飛びつかず、手術自体に実績の高い信頼できる医師選びの選定はもちろんのこと、万が一のことを考え修正などのフォローアップが万全なクリニックかどうかという視点からもきちんと判断して選定することが重要になってきます。

上手な医師・クリニックの特徴

スムースタイプな豊胸バッグを胸に挿入していく場合には、胸の切開施術が伴っていくようになりますので、豊胸の経験の多いクリニックを選んでいかなくては、バッグの石灰化や、再施術の必要も発生していくようにもなっていきます。

スムースタイプの施術といっても、施術に失敗すると、傷跡が残ってしまう場合も有り得ます。

綺麗なバストラインに修正していくはずが、左右が非対称のようなバストになっていく可能性も有り得ます。豊胸に長けたクリニックを探すことは勿論ですが、麻酔の技術に長けたクリニックを探すことが大切です。

局所麻酔をかけても、豊胸に慣れていないクリニックの場合は、施術中に痛みを感じる可能性も有り得ます。予算の面も含め、自分にあったクリニックを探し、綺麗なバストラインを得ていくように心がけましょう。

バストラインの修正を施し、感触が良い理想的なバストラインに変えていけば、自分に自信を持てるようになり、男性にも自信を持って接していけるようになります。

胸を切開しての施術ですから、当相談所でアドバイスしている口コミを参考にして、短期間で綺麗にバストラインを修正していけるように心がけていきましょう。半永久的に持続する施術で、綺麗なバストを手に入れていきましょう。

スムースタイプの豊胸バッグに失敗したらどうなるの?

失敗例について

豊胸手術に本来使用されてきた表面がツルツルとしたスムースタイプの液状シリコンやスムースタイプの生理食塩水は、今もなお一般的に取り扱うクリニックが多いです。このような豊胸バッグを挿入することで安全性に問題が無く形・柔らかさなどの点で理想に近いバストを手に入れるといったメリットがある半面、豊胸バッグの破損などが起こる可能性が実例として多く見受けられるのも現状です。

またスムースタイプの豊胸バッグを挿入したことによる他の失敗例では、炎症や時間の経過によるシリコンの露出、挿入した豊胸バッグを含め周囲を覆うカプセルごと硬化し塊となって不自然なバストになってしまうカプセル拘縮や、プカプカに波を打ったように浮き出てこちらも見た目に影響を及ぼすリップリングという症状もあります。スムースタイプの豊胸バッグに失敗したら、豊胸バッグの入れ替えによって修正が可能です。

この点からも手術自体に信頼のおける医師選び、万が一の失敗のことも考えて修正などのフォローアップが万全かどうかという視点からもクリニックを選ぶことが重要になってきます。

スムースタイプの豊胸バッグの失敗

スムースタイプの豊胸バッグでの失敗例の一つ、「カプセル拘縮(被膜)」について

カプセル拘縮(被膜)が起こる場合があります。

スムースタイプの豊胸バッグの手術を受けた後は、3ヶ月から6ヶ月間くらいマッサージを行わなければいけません。

体にとってはバッグは異物なので、バッグの周りに被膜を作り、バッグが動くことができる空間を少なくしようと免疫反応が起こります。

これを防いで自然なバストを形成するには、マッサージが欠かせません。

マッサージをしないと、挿入したバッグが自由に動けるスペースが少なくなり、やがてカプセル拘縮(被膜)に至る場合があります。

リップリングが起こる可能性がある

胸に挿入したバッグの端が折れ曲がると、バストの一部が変形したり、波打ったような形状のシワができる場合があります。

これはリップリングと言われる豊胸手術におけるトラブルで、胸が大きくない人や痩せている人、皮膚が薄い人によく起こると言われています。

また、手術後は問題がなくても、時間の経過とともにあらわれる場合もあります。

この状態が起こると、再度手術をするしか修正できる方法はありません。

豊胸手術をしていることがバレる・不自然な仕上がりになる場合がある

豊胸手術で使用されるバッグには様々な種類がありますが、スムースタイプの豊胸バッグは表面が滑らかであることが特徴です。

ですので動きやすく、体の動きに伴ってバッグも自然に動きます。

しかしながら、手術後はマッサージをしなければならず、ケアを怠ると、バストが硬くなり、自由に動くことができなくなります。

そうなると、豊胸手術をしていることがバレる・不自然な仕上がりになるリスクが高くなります。

おすすめの美容外科をご紹介しています

スムースタイプの豊胸バッグでは、カプセル拘縮(被膜)、リップリング、豊胸手術をしていることがバレる・不自然な仕上がりになるなどのリスクが想定されます。

リスクや失敗を避けるためには、カウンセリングからアフターケアまで一貫した治療体制が整っている美容外科を選ぶことが大切です。

また、医師には高いスキルと豊富な経験が求められます。当相談所では、名医やおすすめの美容外科をご紹介しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

当相談所では口コミを日々集計し名医の紹介に活かしています

スムースタイプの豊胸バッグの手術は、必ず成功するわけではないですし、時間が経てばバッグが破損したり、バストが硬くなって、入れ換えが必要になることがあります。

ゆえに失敗による再手術が必要になったり、入れ替えなどの修正をしなければならないときのことを考えて、契約しなければなりません。

アフターケアが整っていない美容外科で、スムースタイプの豊胸バッグの手術を行うと、再手術や修正が必要になっても、相手にされなかったり、高額な料金が必要になることがあります。

しかし何回まで修正無料とか、決められた期間は無料で治してくれるなどのサービスの良い美容外科を利用していれば、そんなことで悩まなくても済みます。

ただ単に格安だからという理由で美容外科を選ぶと、アフターケアが万全でないことが多いので、豊胸手術を受ける前に、当相談所で口コミの評判を調べておくようにしてください。

口コミの評判の良いところなら、いざというときの対応が優れているので、安心して任せられます。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*