豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

VASER併用幹細胞豊胸の料金相場はどのくらい?

VASER併用幹細胞豊胸というのは脂肪吸引と脂肪注入を同時に行う豊胸手術です。大掛かりな手術になるので料金相場も通常の豊胸手術より高めになります。
一番簡単な豊胸はヒアルロン酸の注入です。注射器で入れるだけで簡単に行え、時間も30分ほどで行えます。注入する量によって値段は様々ですが、だいたい20万円から60万円程度の間で収まります。ただし、ヒアルロン酸は体内で分解してしますので、1年ほどたったら再度注入する必要があります。「豊胸がどんな感じなのか試しにやってみたい」とか「体内に異物をいきなり入れるのには抵抗がある」という場合はこの方法が浮いていますが、永続的なバストアップを望むには向いていません。
シリコン製のバッグを胸に入れる方法だと、料金の相場は30万円から80万円程度です。こちらは注入するタイプとは違い、基本的には切開してバッグを入れるので大胆なバストアップに向いています。しかしシリコンは年数劣化により、いつかはメンテナンスや追加でバッグを入れる必要があります。VASER併用幹細胞豊胸ならば年数劣化など起こらずに、そのような定期メンテナンスは必要ありません。
VASER併用幹細胞豊胸の料金相場

料金相場について

VASER併用幹細胞豊胸は脂肪吸引と豊胸手術を行うので、料金相場は100万円から150万円程度になります。豊胸手術の場合、脂肪注入法、コンデンスリッチ法、ピュアグラフト法、幹細胞豊胸術が主な方法となります。
脂肪注入法は取り出した脂肪をそのまま胸に入れる方法で、50万円程度で行えますが、生着率が悪いのが欠点でした。コンデンスリッチ法は取り出した脂肪を遠心分離機で余分な成分を取り出し、胸に入れる方法で、100万円から150万円ほどかかります。ピュアグラフト法はフィルターを通して不純物を取り除く方法で、100万円弱で受けることができます。
幹細胞豊胸術は、取り出した細胞に幹細胞や血小板を加えて胸に入れる方法です。VASER併用幹細胞豊胸の場合はこの幹細胞豊胸術に当たり、幹細胞や血小板を取り出す分割高な方法です。
いずれの方法で行うにしても、一度生着してしまえば異物を入れているわけではないので、一生その形を保つことができ、追加で手術が必要ということはないので、ヒアルロン酸の注入やシリコンバッグの挿入よりは安く済むことが多いです。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*