豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

テクスチャードタイプの豊胸バッグの効果は絶大?

美容外科で豊胸手術を受ければ、短期間で豊かなバストになれるので、胸が小さいことで悩んでいた女性のコンプレックスを解消することが出来ます。
通常、豊胸手術でバッグを挿入した場合、術後に被膜拘縮が起こるため、自然な柔らかさをキープするためには、必ず術後のマッサージが必要でした。
しかし近年は、術後のマッサージ不要といわれるテクスチャードタイプの豊胸バッグが登場していて、人気があります。
テクスチャードタイプの豊胸バッグの場合は、マッサージ不要と考えられているので、手術後の扱いが非常に楽ですし、本物のバストと区別がつかない仕上がりになるので、手術を受けた効果は絶大といえるでしょう。
ただしテクスチャードタイプの豊胸バッグは、表面がザラザラしているため、技術の高い名医でなければ失敗する可能性があります。
信頼できる名医に任せれば、何の問題もなく、綺麗なバストに仕上がるので、誰にも気づかれることなく、豊かな胸の持ち主になれます。
テクスチャードタイプの豊胸バッグの効果

手術後の被膜拘縮を起こりにくくさせる

テクスチャードタイプの豊胸バッグは、表面がザラザラしていて、この特殊加工された表面効果が、手術後の被膜拘縮を起こりにくくさせるといわれています。
通常、術後の免疫反応により、被膜拘縮が起こると、豊胸バッグの周囲が硬くなったり、厚くなるのは仕方がないことなので、およそ3~6ヶ月ほどはマッサージをしないと、それを防ぐことが出来ませんでした。
しかしテクスチャードタイプの豊胸バッグなら、被膜拘縮が起こりにくいため、術後の面倒なマッサージも不要だと考えられています。
近年、手術を受ける人が急増しているのはこれが理由ですが、被膜拘縮が起こる可能性がまったくないというわけではありません。
医師の考え方や、個人差もありますが、テクスチャードタイプの豊胸バッグでも術後のマッサージが必要な場合もあるので注意したいですね。
ただし術後すぐのマッサージは、ザラザラした表面のために強い痛みを感じたり、内部出血を起こすこともあるので、医師の指示に従うようにしてください。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*