豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

セリューション豊胸の失敗

セリューション豊胸の失敗

このページではセリューション豊胸について、マル秘情報を提供しています。

セリューション豊胸の失敗について「セリューション豊胸」とは通常の豊胸方法とはことなります。セリューション豊胸では不純物を取り除いた幹細胞のみを注入します。ですので、脂肪の定着率を高めることができる方法とされています。

セリューション豊胸では、豊胸バッグのように入れ替える必要がないので、効果の持続性も高いとされていて、幹細胞を使用した豊胸手術においては高い効果が期待できる方法のひとつです。

セリューション豊胸の失敗のマル秘とは?

コンデンスリッチ豊胸の美容整形についてまとめます。実績のあるクリニックを探すことがおすすめです。

セリューション豊胸の失敗

定着率(生着率)が悪い

手術の結果、バストがでこぼこするなどのリスクが伴うこともあります。これは手術した後の仕上がりは、ドクターの技術力に左右される面があります。

そのため、残念ながらずさんな手術を受けてしまった場合にはバストの形がくずれたりでこぼことしたように見えてしまうことはあります。そのため、精神的なダメージを与えてしまう結果にもなります。

この手術は決して安い費用ではありませんので失敗してしまうと経済的なダメージもあります。

左右差

セリューション豊胸の失敗例としては、脂肪を注入する際に間違った注入をしてしまうと左右の形が違ってしまったり不自然な形になってしまうことがあります。

しこり(石灰化)

セリューション豊胸の失敗例として考えられる、「しこり・石灰化」について解説を致しますと、

セリューション豊胸と呼ばれる手術法で起こるリスクとして挙げられているのは、この手術では幹細胞を抽出して組織への注入を行うことはできます。しかし脂肪の純度を高める機能については残念ながらありません。
そのためしこり・石灰化といったリスクは最小限に抑えることはできますが、しこり・石灰化のリスクを完全に消すわけではありません。残った不純物を除去するためには、同時に脂肪の純度を高める目的で施術を受ける必要があります。

また、注入技術が低いとしこりや石灰化が生じてしまうこともありますので、担当医と十分に相談を行ったうえで施術をうけることが重要です。しこり・石灰化のリスクは少ないですが残る可能性があります。

定着率(生着率)が悪い

定着しない・吸収されるなどのリスクについてですが、幹細胞を使ったセリューション豊胸でも定着率(生着率)が悪いことによる失敗があります。

セリューション豊胸術では、高い生着率を誇ることがメリットの一つにも挙げられています。生着率を高める目的で幹細胞を注入します。生着率は注入した脂肪が吸収されずにそのまま馴染んで留まる率のことを指します。

しかし、豊胸術は実は顔を整形する以上に医師の技術が問われる手術です。医師によってはずさんなミスで幹細胞と脂肪を混ぜずに脂肪だけを入れてしまうこともあります。その結果と定着しない・吸収されるといったリスクが増えます。

医師の技術が低かったり、正しい脂肪注入が出来ないと失敗してしまいます。

セリューション豊胸の失敗

セリューション豊胸の名医のご相談はこちら

こうした失敗によるリスクを防ぐために必要なこととしては、しっかりとしたドクター選びが極めて重要となります。無事成功すれば基本的に一生増やしたバストはそのままに自然な形にすることができます。

ただ、まだこのソリューション豊胸術を取り入れているクリニックはそこまで多いというわけではありません。そのため、導入しているクリニックをまず探した上で実績のあるクリニックを探すことがおすすめといえるでしょう。

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*