豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

【2つの重要項目】生理食塩水の豊胸バッグの修正は難しい?

生理食塩水を入れた豊胸バッグは、万が一、豊胸バッグが胸の中で破損をして、中身が流れでても、体に吸収され、尿として体外に排出されるだけで、健康に害が出ないという事で注目を集めています。
多少、手触り等は不自然な状態になってしまうという事も少なくありませんが、それでも安全に施術を受けたいと考える人から人気の施術となっています。

ただ、生理食塩水自体は健康に害がないものであっても、バッグが破損しているのであれば、早めに修正をする事が重要になってきます。

バッグが破損している場合、左右の胸の大きさが変わってしまう原因になるだけでなく、破損した状態のバッグを胸に残したままでは、そのバッグが体に影響を与えてしまう可能性が出てきます。
ですから、体に流れでても安全な生理食塩水だからと、そのまま放置するのではなく、少しでも早めにクリニックに行って相談をする事が大切です。
それにより、体への害を最小限に抑えていく事が出来ます。

生理食塩水の豊胸バッグの修正は難しい?

失敗やトラブルが少ない施術を行う事が出来るクリニックを選ぶ

生理食塩水の豊胸バッグを入れた後に修正をしたいと考えた場合、入れた豊胸バッグを取り除く方法、もしくは一度取り除き、新たにバッグを入れていく、もしくは他の豊胸手術を行うという方法があります。
破損したバッグを取り除いておく事で、豊胸バッグが体に残っている事で起きる健康への害を減らす事が出来ます。
ただ、生理食塩水の豊胸バッグを取り除く、入れ直す、他の豊胸手術を行うという事は、それだけ体に大きな負担をかける事になります。
生理食塩水バッグは一度入れたら永久に入れておけるものではなく、10年から15年程度経過すると取り除く、もしくは入れ替えを考える必要がありますが、それより短期間で取り除くとなると、必要以上に体に負担をかける事になります。
それだけに、最初に施術を受ける時点で、失敗やトラブルが少ない施術を行う事が出来るクリニックを選ぶようにする事が大切です。
それにより、必要以上、体に負担をかける事を減らす事が出来ます。

評判が良い!豊胸バッグを受けるならこのクリニック!

女性の理想、豊かなバスト。もともと胸の大きい方にとっては想像もしない悩みですが、胸が小さくて自信が持てない女性は多くいらっしゃいます。薄着になるシーズンは嫌でもシルエットがはっきり出てしまい、コーディネートが決まらずにファッションが楽しめないということもありますね。パッドを入れても男性の目が気になっていざという時に尻込みしてしまう、なんてことのないようにバストの悩みは豊胸手術で解決しましょう。

現在、豊胸バッグの種類は豊富になり様々な形や素材が選べるようになりました。中でもオススメなのはコヒーシブシリコンの豊胸バッグです。人体に含まれている体液と近いFDA認可済の豊胸プロテーゼは安全性という面では他のバッグを大きくリードしています。もし何らかの衝撃でバッグが破れてしまっても人体にダメージを与えずに済むというわけです。

豊胸手術をご検討なら、バスト形成に定評のある医師が在籍しているクリニックを選びましょう。

理想的なバストを手に入れることができる豊胸手術。技術の低さや豊胸バッグの質の悪さが原因で、失敗が多くありました。しこりの発生や、いびつな形、感覚の麻痺といった具体的な失敗例。それに加えて異物が入っているという不安感、感触の悪さがパートナーに気づかれないかなど心理的な面でのリスクもありました。

現在ではシリコン内に注入することで完成する豊胸バッグが安全かつ手軽な方法といわれて評判を集めています。その料金は30万円ほどと、豊胸手術では安い部類に入ります。コヒーシブシリコンの豊胸バッグは10年から15年を目安に交換の必要があるため、アフターケアを任せられるクリニック選びが必要です。

当相談所でご紹介している名医は胸のスペシャリストと言える医師が在籍し、多くの女性の悩みを解決してきました。丁寧なカウンセリングや、それぞれにあった術法、バッグ選びまで丁寧な施術が人気の美容外科です。まずは信頼できるクリニック選びから始めてみませんか?

ご相談は下記より受け付けております。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*