豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)のアフターケアの重要性とは

レイヤースイッチ法とは、胸にシリコンバックを挿入し、豊胸する独自の方法です。筋肉と胸膜の間にシリコンを入れるので、自然な形になり、筋肉を傷つけることもありません。基本的には脇の下を切開して挿入しますが、希望によりバスト下や乳輪の周りを切開して挿入することも出来ます。また、シリコンバッグの大きさや形なども、細かい希望を聞きながら決定していきます。耐久性や安全性が高く、高品質なシリコンバッグを使用しています。不自然な豊胸にならないように、予めシュミレーションを行い、施術後の仕上がりをしっかりと確認します。レイヤースイッチ法は、確実に豊胸したい人や、加齢と共にハリやボリュームがなくなってきた人、バストの形を整えたい人や、半永久的に効果を得たい人に向いている方法です。優れたシリコンバックと医師の技術により、見た目にも豊胸したことが全く分からず、また、感触も柔らかく、とても自然のままに仕上げることが出来ます。ただし、施術後のアフターケアが大切です。
レイヤースイッチ法のアフターケア

次世代の豊胸術と言われている新しい施術法

レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)は、次世代の豊胸術と言われている新しい施術法です。他の方法よりも、出血が少なく、安全性が高いとされています。横に寝た時にも、自然な形になります。ただし、レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)は、技術力が求められる施術法のため、施術出来る医師が限られています。術後は、一般的に2週間前ほどで腫れや痛みが引いてきます。腫れや痛みがある間は、処方された鎮痛剤を服用したり、アイスパックなどで冷却することで、痛みや腫れを抑えることが出来ます。術後のアフターケアとしては、ワイヤーブラジャーは使用せずに、スポーツブラなど、胸を優しく包み込むブラジャーを使用するようにします。なぜならば、ワイヤーブラなどにより胸に力が加わると、挿入した豊胸バックの位置がずれてしまうことがあるからです。そのため、豊胸バックがしっかりと固定されるまでのおよそ3ヶ月間は、ワイヤーブラジャーの使用はしないようにします。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*