豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

ラウンド型の豊胸バッグに失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

豊胸術は美容整形のひとつでバストアップを目指すものです。

スタンダードな方法として知られるのが豊胸バッグを挿入する方法で、乳腺の下や大胸筋の下に挿入することでボリュームアップすることができます。

この際に挿入される豊胸バッグは素材も多様で、シリコンジェルやコヒーシブシリコンを使ったものや生理食塩水を使ったもの、またハイドロジェルといった新しい素材を使ったものもあります。

また表面もツルツルしたスムースタイプのほかテクスチャードタイプと呼ばれる表面がザラザラしたものもあります。

形に関しては、円錐形のラウンド型がもっともスタンダードな形ですが、このほか下方向に膨らみがあるアナトミカル型と呼ばれるものもあり、その人の形にあったものを選ぶことになります。

一方でラウンド型にしてもアナトミカル型にしても手術の方法はほぼ同じで挿入するために一部を切開する必要があります。

また後遺症についても同様にあり、修正する際の方法も一緒です。

ラウンド型の豊胸バッグの修正はどういう流れなの?

信頼できる医師を選ばないと失敗も。

ふっくらとした豊かなバストになるために、美容外科で豊胸手術を受けると言う方法があります。

さまざまな方法がありますがシリコンのバッグを胸の部分に挿入する豊胸術は、両腕のわきの下の部分を数センチ切開してシリコンのバッグをその部分から挿入するというものです。

ラウンド型などのシリコンのバッグを入れる場所は乳腺の下あるいは大胸筋の下、大胸筋膜の下などさまざまでその人の体型や体質、手術後の出来上がりの希望などによって挿入する場所が決められるのが一般的です。

豊胸術には他にもいろいろな方法がありますが、ラウンド型などのシリコンバッグを挿入する場合、確実に自分の希望するサイズにできることが最大の魅力でありメリットですが、わきの下などを切開して異物を体内に挿入する方法のため、他の方法と比べると痛みや腫れ、内出血などを起こすケースも心配されます。

さらに挿入するバッグの形をきちんと選ばないと、こんなはずではなかった・・・という失敗に繋がることも考えられます。

上手な医師・クリニックの特徴

ラウンド型豊胸バッグに限らず、どのような豊胸バッグであっても、感染してしまうリスクはゼロではありません。

そのため、感染のリスクを防ぐためにも、衛生面の整ったクリニックで手術を行うことが基本となります。

また、ラウンド型豊胸バッグのリスクとして、被膜拘縮・カプセル拘縮以外にも、リップリングがあげられます。

リップリングというのは、バッグを挿入してから経年的にバストの輪郭がくっきりとしてしまい、バストにしわがよったような症状が現れてしまいます。

こういったリップリングが現れてしまうと修正手術が必要となりますから、これを防ぐためにも、技術の高い医師やクリニックを選択することが大切です。

上手な医師というのは、患者の体型などに応じて、適切な量、適切な位置に挿入することで、理想的なバストにしていくことが可能となります。

ラウンド型豊胸バッグを取り扱っているクリニックは多くありますが、上手な医師やクリニックを選ぶのであれば、感染対策などもしっかりとしていて、院内が清潔であることが大切です。

豊胸手術では、どんな形のバストにするかも重要ですが、将来の妊娠や出産のことなども考えておくことも大切です。

上手な医師というのは、そういったライフスタイルにあわせてぴったりの施術を行ってくれます。

ラウンド型の豊胸バッグに失敗したら…どうなる?

手術の種類と失敗例

手術に証するシリコンバッグにはいくつかの種類があり、そのひとつラウンド型の豊胸バッグはバッグが丸い円錐型で、バスト全体がおわんを伏せたように丸く全体にボリュームが出ると言うものです。

ただし、シリコンの素材がやや硬いバッグのラウンド型の豊胸バッグを使用した場合体を横たえてもバストはこんもりと丸くなっているのが特徴でやや不自然に見えるのがデメリットです。

この方法の手術で失敗する例としては、最初の診察地のミスによってバッグの形が本人の希望に合わなかったり、挿入したバッグの輪郭などが浮き上がってしまうなどの例があります。

このような状況に陥ってしまった場合修正手術を受ける必要がありますが、最初の手術よりもさらにリスクが高くなることは覚悟する必要があります。

美しく魅力的な自分になるために受ける豊胸手術ですが、手術を受けるときには説明にきちんと時間をかけ、納得できるまで質問に応じてくれる信頼できる医師を選ぶことが大切です。

ラウンド型の豊胸バッグの失敗

ラウンド型の豊胸バッグの失敗によって、リップリングができる事はある?

リップリングが発生する場合があります。

ラウンド型の豊胸バッグは、中身は柔らかい素材でできていますが、その周りを包む素材は硬さを持つ合成素材でできています。

そして、豊胸バッグを入れるスペースが小さいと、合成素材の縁がよれたり、折れたりして、見た目が波打つような不自然な形になる場合があります。これがリップリングと呼ばれる現象です。

リップリングは、豊胸バッグの質が向上するに伴い減少する傾向にあるものの、5%くらいの確率で発生しています。

カプセル拘縮(被膜)が起こる場合がある

ラウンド型の豊胸バッグに限らず、どの豊胸バッグを使用してもカプセル拘縮(被膜)のリスクは避けることはできません。

なぜなら、体に備わっている防御システムが働くからです。

豊胸バッグを入れると、体は異物と見なし、体を守ろうとバッグの周辺にカプセル被膜と呼ばれる膜を張ります。

しかしながら、カプセル被膜が小さく出来ることでバッグの柔軟性が失われ、硬いバストになってしまうことがまれに起こる場合があります。

豊胸バッグを入れていることがバレる・不自然に見えることがある

ラウンド型の豊胸バッグは、お椀型をしているので、日本人の体形に適した形と言われています。横になってもバストは自然に流れるので、違和感はありません。

しかしながら、豊胸バッグを入れていることがバレる・不自然に見えることがある場合があります。

例えば、経験が不足している医師が担当した場合や、術後のケアとして行うマッサージが適切に行われなかった場合は、不自然なバストになり、豊胸バッグを入れていることがバレる可能性があります。

ラウンド型の豊胸バッグの修正手術の方法とは

ラウンド型の豊胸バッグにしても、仕上がりが良くなかったりした場合には修正手術を行うことになります。

修正手術は、施術してもらった医院で対応しているところもありますが、中には応じてくれないところもあり他のクリニックで受けるケースになります。

ラウンド型の豊胸バッグにしてもアナトミカル型の豊胸バッグにしても修正手術でポイントとなるのが、バッグをどのような挿入法で挿入したのか、またそのバッグの位置などがあります。それらを把握して適切な位置に移動させることで、形を改善することができます。

ただし、経年によって石灰化やカプセル拘縮を起こしている場合には豊胸バッグを入れ替えたり、除去する必要があります。

いずれにしても入念な事前検査を行った上で、適切な手術を行うのが一般的です。また少しの形の崩れや豊胸バッグの輪郭が浮かび出ているといった場合にはヒアルロン酸注入などによって形を改善するといった選択肢もあります。

経験と技術力、センスを持つ医師がおすすめ

豊胸手術を受ける際に、一番気を付けなければいけないことは医師選びです。病院を探す時、料金だけを見て選ぶと、トラブルが発生するリスクが高くなります。

豊胸手術を執刀する医師には、経験と技術力が必要です。

また、理想のバストを実現するためには、全体的なバランスも考えなければいけないため、医師にはセンスも必要とされます。

当サイトでは、以上の条件を満たす名医やおすすめの美容外科をご紹介しておりますので、お気軽にお問合せください。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

ラウンド型豊胸バッグをうけるなら、当相談所でご紹介している選りすぐりの美容外科がおすすめです。

美容外科では、エルゴノミックスという、世界細心の豊胸バッグを使用していますから、乳腺に近い感触で、自然な見た目とさわり心地を手に入れることができます。

豊胸バッグだと固そうで、見た目の不自然さが気になるという人にも、おすすめの豊胸バッグです。

エルゴノミックスは、今までもさらに自然な動きとなめらかさを実現していますから、体の動きにあわせてバストトップの位置が変化します。

そのため、乳房の位置が自然で6層構造となっていますから、衝撃にも強いという特徴をもっています。

エルゴノミックスは、特殊配合ジェルで、史上最高の柔らかさを実現しています。

従来の豊胸バッグであれば、横に寝ると不自然な形になるケースがありましたが、さわり心地や見た目も自然で、一度の施術で理想のバストラインを実現することができます。

美容外科の中には、テレビコマーシャルなどでも取り上げられている、有名な美容クリニックもありますが、重要なのは医師一人一人の技術です。

豊胸術の施術実績も年間100件以上もあるドクターもいらっしゃいます。

また一部のクリニックでは、豊胸バッグだけではなく、ヒアルロン酸注射や脂肪注入、幹細胞豊胸までさまざまな施術を行っていますから、自分にあった施術を選ぶことができます。

名医のご紹介は下記のメールフォームよりお問い合わせください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*