豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳輪縮小術のリスクとは?

乳輪縮小術のリスクまとめ

乳輪縮小術に関してのリスク説明がなされずに整形・手術をしてしまった方は多いと思います。それだけカウンセリングではリスクについてはっきりと説明しないクリニック・ドクターが多く、手術後にリスクが生じて初めて気付くという事も有ります。

そのため、乳輪縮小術による豊胸のリスクに関する特集ページを作りました。

バストアップ(豊胸)の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS

乳輪縮小術のリスク 左右差

乳輪縮小術のリスクとして左右差に注意しなければなりません。

左右の切除量にもより調節されますが、元々の乳頭の左右差が有る方は左右差を生じやすくなります。

乳輪縮小術をされる際は、技術が高いドクター・クリニックを選択する事をお薦めいたします。
具体的な名医のご紹介はご相談窓口までお問い合わせ頂ければと思います。

乳輪縮小術のリスク 感染

乳輪縮小術だけでなく、いずれの治療においても、感染してしまうリスクはあり得ます。

感染は乳輪縮小術のリスクの中でも最も警戒しなければならないものですので、衛生面の整っていないクリニックで手術を行うのは辞めた方が良いです。
乳輪縮小術の治療でも、こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

クリニックを決定する前の段階で、手術中の内出血などにも配慮しているかをチェックしましょう。

乳輪縮小術のリスク 乳輪の壊死

乳輪縮小術のリスクとして乳頭の壊死が有ります。

術後に乳輪の血行が悪くなると壊死が起きるリスクが有ります。
当然、タバコはお控え頂きアフターケアに注意して貰います。

尚、壊死を生じてしまった場合には、乳輪再建術が必要となるケースがあります

乳輪をされる際は、技術が高いドクター・クリニックを選択する事をお薦めいたします。
具体的な名医のご紹介はご相談窓口までお問い合わせ頂ければと思います。

乳輪縮小術のリスク 傷跡・ギャザー

乳輪縮小術のリスクとして傷跡・ギャザーが有ります。

皮膚を切除して縫合する際に、傷跡・ギャザーはどうしても残ってしまいますが、それを最小限にできるかが腕の見せ所です。
形成外科医を選択して頂きクオリティの高い治療が出来れば傷跡・ギャザーは殆ど目立ちません。

乳輪縮小術をされる際は、技術が高いドクター・クリニックを選択する事をお薦めいたします。
具体的な名医のご紹介はご相談窓口までお問い合わせ頂ければと思います。

さいごに・・

以上、乳輪縮小術における代表的なリスクについてまとめました。
コンテンツは随時、追加していく予定です。今回取り上げた様な上記の様なリスクを回避するためには名医を選択しなければなりません。
名医のご紹介をご希望の方はお気軽にご相談ください。

バストアップ(豊胸)の美容整形トラブル・リスク・デメリットSOS


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*