豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳房縮小術(リダクション)の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

胸が大き過ぎて服のサイズが合わずに着られない、あるいは大き過ぎることだ男性などにいやらしい目で見られるのが苦痛などの悩みを抱えている場合には、乳房縮小術を行うのが良いといえます。

乳房縮小術を行うことで、理想的な胸の形を手に入れることができ、胸が大きいことで垂れてしまうバストを改善することも可能です。

また、胸が大き過ぎることで肩こりがひどいという場合にも解消することが期待できます。

しかし、あくまで外科手術であり切開することもありますのでダウンタイムも長く体にかかる負担も大きいことが予想されます。

その他に、施術を受けて失敗するなどのリスクとも隣り合わせであることも把握しておくようにしましょう。

コンプレックスを解消するには乳房縮小術は画期的な方法といえますが、安易に施術を行うクリニックを選んでしまうと後で施術を受けたこと自体を公開してしまうことにもなりかねませんので、あらかじめどんな失敗があるのか十分に理解しておくことをおすすめします。

え?そんな…実は怖い乳房縮小術(リダクション)の失敗

上手な医師・クリニックの特徴

乳房縮小術であるリダクション施術を行う上で上手な医師の特徴としては、まずバストの構造や組織に熟知しているなどの専門的な知識を持っていることです。

それと形の良いバストを作るためにはどうすれば良いかの施術法をマスターしている必要もあり、繰り返し豊胸や縮小の施術に関わった実績があることを必要とします。

バストは年齢と共に張りが失われてくる傾向があるため、その張りを維持する工夫をしっかり行い、対策を講じ方を知っていることも重要です。

施術ではメスを使い切開してバストの脂肪を取り除き縫合しますが、これは医師の腕によって結果を左右する恐れもあります。

従って経験が豊富でバスト整形に携わった経験が多ければ多いほど、患者さんの状態に最適な乳房縮小術を行うことが可能です。

また左右のバストの大きさが合わないケースがありますが、数回の修正でアフターメンテナンスを実施しただけで、左右の違和感がない状態のバストにすることもできます。

上手な医師は、患者さんの希望通りと医師の判断を患者さんにうまく伝えることができる特徴もあります。

患者さんが施術後に納得のいった状態に綺麗なサイズにでき、しかもバストの悩みも施術後に解消されることも多いです。

乳房縮小術(リダクション)で考えられる失敗例

乳房縮小術(リダクション)で考えられる失敗とはどんなことだと思われるでしょうか。

バストの重量が軽くなって歩きやすく過ごしやすくなるなどのメリットも多い施術ではあります。

乳房縮小術(リダクション)における失敗例として挙げられるのは、左右の大きさがあまりにも違いすぎるなどのアンバランスになるなどです。

また、乳房の中にある母乳が通過する管である乳管を施術の際に傷つけてしまうことで、授乳ができなくなるなどの恐れもあります。

こういった失敗に共通することは、クリニックの選び方が間違っていたということです。

バストの状態や施術ないようにもよりますが、施術費用は50~100万とそれなりに高額ですので少しでも安くしたいと考えて料金設定が安いクリニックを選びがちですが、安いというにはそれなりのわけがあるのです。

トラブルになったり修正しなければならなくなるリスクを抱えるくらいなら、費用が多少高くなっても始めから技術力のある医師に施術を行ってもらう方が良いといえますので、安易に費用だけで決めるのは絶対にやめた方が良いといえます。

え?そんな…実は怖い乳房縮小術(リダクション)の失敗

乳房縮小術(リダクション)の失敗、傷跡が残るとどうなる?

乳房縮小術(リダクション)では、乳房を切開する範囲や手術を行う医師の技術力や経験にもよりますが、傷跡が残ります。傷跡については、徐々に目立たなくなることが多いようですが、体質によっては色素沈着が起こる可能性があります。

また、手術部位の感覚が麻痺してしまう可能性もありますので、注意が必要です。あらかじめメリットだけではなくデメリット・リスクについても把握しておくようにすることが重要でしょう。

乳房が小さくなりすぎたという失敗もある

日本ではそれほど一般的ではない美容整形手術の一つに「乳房縮小術(リダクション)」があります。

これは、その名の通り、乳房を小さくすることを目的として行われる手術ですが、希望よりも乳房が小さくなりすぎたなどの失敗例もあります。

乳房が小さくなりすぎた場合、乳腺や皮膚を除去する方法で行った場合には、元の状態に戻すということが難しいため、手術を受ける際にはあらかじめしっかりと医師と話し合うことが大切です。

左右差が見られることもある

乳房を小さくするという場合、多くの場合は両方の乳房に対して手術が行われます。

しかし、最初の段階で乳房の大きさに左右差が合った場合には、同じように手術を行ってしまうと、その左右差が際立ってしまう可能性があります。

左右の乳房の大きさに違いがあるという人は意外と多いものです。そのため、手術をうける際には、手術を受ける前の乳房の大きさの違いをしっかりと考慮した手術を行う必要があるでしょう。

修正手術の費用やアフターケアについて

乳房縮小術(リダクション)における修正施術で、明らかに左右の大きさが異なっていたり傷跡が目立つほど残ってしまいそうな仕上がりになったり、あるいは本人が思っていたよりも違う結果になった場合にやり直しを考えることになります。

まずは、施術を行ったクリニックに修正ししたい旨を伝えて相談するのが良いでしょう。

良心的なクリニックであれば、費用は割引で行ってくれる症例もあります。

乳房縮小術(リダクション)の一般的な料金相場はもちろんクリニックによっても異なりますが、両胸で50~100万が料金相場と言われていますが、再度費用がかかるのかあるいは無料で行ってくれるのかはクリニックに確認するようにしましょう。

また、場合によって施術自体を取り合ってくれないクリニックも存在する可能性があります。

その場合にはほかのクリニックで他院の修正施術を行ってくれるクリニックを探すのが良いでしょう。

できることなら一度で乳房縮小術(リダクション)を済むのが一番望ましく、失敗するリスクを抱えないためにも施術を行ってくれるクリニックを選ぶ場合には施術費用の高低にとらわれず慎重に行うように心がけましょう。

当相談所で名医紹介を受けることをおすすめします

バストが小さいという悩みを持つ人と同じように、バストが大きいということに対してコンプレックスや悩みを抱えている人もいます。

しかし、乳房縮小術(リダクション)はそれほど一般的な手術ではないため、技術や知識が豊富な医師は限られてしまいます。

信頼することが出来る医師を見つけるという場合には、こちらの相談所で、学会研究などの多くの情報を集めることをおすすめします。

また、実際に手術を受けたことのある人の口コミなども指標の一つとしてクリニックの選定を行っています。

全国で選りすぐりの名医のご紹介を致しております。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

乳房縮小術であるリダクションを行う上では、メスによる切開と針と糸による縫合を基本とするため医師のスキルの高さが求められます。

またどの部分の脂肪を切除するかを理解していることも肝要となるため、どうしても豊富な実績を重視してクリニックを選択する必要があります。

当相談所は患者さんの乳房縮小術であるリダクション施術の相談を受け付けてくれ、自分に適したおすすめのクリニックの紹介も受けることが可能です。

おすすめのクリニックでは、一度施術を受けても修正が発生した場合、無料で対応して貰えるクリニックも存在しますので、そういったクリニックを探すこともできます。

他にも施術に関して様々と疑問や悩みを持たれている方も多いはずです。施術に関しての疑問や悩みを持たれている方でもお問い合わせをすることができる体制も整っており、丁寧に回答をして貰えます。

乳房縮小術のリダクションを扱うクリニックも多いですが、選択の基準も解らずに依頼するよりも相談をしてみることで選択の基準を設けることができます。

そして当相談所がおすすめのクリニックなら料金や施術方法などの側面でも安心して任せることができるクリニックを紹介致します。ぜひお気軽にご相談ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*