豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳房縮小術(リダクション)のダウンタイム、気をつけるのは?

乳房縮小術は、乳房を小さくする美容整形術です。乳房縮小術を受けようと思う人としては、大きすぎるバストや左右のバストのバランスが異なっている場合、また年齢によってバストが垂れてしまって形が良くない場合などがあります。また大きすぎるバストの場合には乳房の重みによって肩こりが起こりやすくなりますし、垂れて皮膚が擦れたり密着する時間が長くなることで慢性皮膚炎となるケースがあり、これらを改善するために行うケースもあります。
基本的に乳房縮小術では乳房の皮膚の一部を除去し縫合することになります。一般的な施術法としては、乳房の下部の皮膚を切除し、これを縫合して縮小させます。切除の方法はいくつかありますが、基本的に乳首も切除して移植する形になります。
手術に掛かる時間は3時間から4時間程度で比較的大掛かりな手術となります。このためダウンタイムとしては抜糸は約1週間後になります。また1ヶ月程度は激しい運動は避けることが求められます。

乳房縮小術(リダクション)のダウンタイム、気をつけるのは?

完全に治癒するまで1ヶ月程度はかかる

乳房縮小術(リダクション)を行う人は、主に年齢を重ねた女性や乳房が大きくなった男性があります。いずれにしても皮膚を切除することで垂れ下がった乳房の形をある程度修正することができ年齢相応の乳房にすることが可能です。ただし乳房が小さくなるため、サイズを変えたくないといった場合には乳房吊り上げ術や乳輪吊り上げ術など他の方法を行う必要があります。
手術時間も3時間から4時間と比較的長めになります。内出血や腫れ、痛みなどは2週間程度で治まりますが、手術による痛みは個人差があります。いずれにしても術後の負担を軽減するために痛み止めが処方されます。
なお、手術のリスクとして血腫や感染症が起こる可能性もあります。このため異常があった場合には医師の診察を早めに受ける必要があります。

乳房縮小術(リダクション)のダウンタイムとしてはシャワーは翌日から可能ですが、入浴は約1週間後の抜糸したあとからになります。縫合範囲が広いため完全に治癒するまで1ヶ月程度はかかることになり、その間は激しい運動は避けることが求められます。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*