豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグの前に!リスクを知っておこう

大きくサイズアップしたいという方に最適な豊胸が豊胸バッグを挿入する手術です。
この際使用する豊胸バッグにはさまざまな種類がありますが、中でも注目されている最新の素材の一つにナトレルがあります。
これは別名バイオセルとも呼ばれている素材でアメリカのメーカーが特許を取ったバリアコートと呼ばれる多層構造をしているのが特徴です。
豊胸バッグを入れることで最も大きなリスクがバッグが破れて内容物が漏れ出すことですが、このナトレルは丈夫な多層構造が破損するのを防いで豊胸バッグを長持ちさせることができるのがメリットです。
この豊胸バッグはアメリカの厚生労働省にあたるFDAの認可も受けている安全性の高い製品ですので、日本でも多くのクリニックが導入していますが、やはり取り扱い手術を行うドクターやクリニックの技術力の高さが仕上がりにあらわれるのも事実です。
経験豊富なドクターの在籍するクリニックを選んで失敗のリスクを軽減するようにしましょう。

ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグの前に!リスクを知っておこう

実績のあるクリニック選ぶ

ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグはバリアコートという特許を取得した多層構造が特徴の豊胸バッグですので、破損しにくく、豊胸バッグの挿入で最も心配な内容物が漏れ出すというリスクを軽減させることができます。
ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグは優れた豊胸素材ですが、やはり体質に合った挿入箇所を選ぶことと、安全で技術力の高い手術ができるドクターを選ぶことはとても大切です。
乳腺下法、大胸筋下法、大胸筋筋膜下法など体質やバストのサイズに合った場所にナトレルを挿入して自然な仕上がりを目指すためにも、実績のあるクリニック選びをしましょう。
また手術後にはアフターケアとして皮膜拘縮を防ぐためのバストマッサージや、ストレッチなどを毎日行うことが必要です。
術後で痛みがある方も多いのですが、あらかじめ処方された鎮痛剤などを服用しながらしっかりとアフターケアをすることで、皮膜拘縮を防ぎ柔らかくハリのあるバストを実感できます。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*