豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

陥没乳頭をうけるメリットとは

陥没乳頭とは、女性の乳首が外側に出ずにくぼんで内側に陥没している状態のことです。女性の場合、思春期になると、乳房が発育し乳頭も出てくますが、昔は10人に一人の割合で、乳首が陥没したまま出てこない女性もおり、近年には、その数がさらに多くなり5人に一人の割合にまで増えています。ただし、陥没乳頭といっても、仮性と真性の二つのタイプがあります。どちらもくぼんでいますが、仮性の場合は、刺激を与えると乳首が出てきます。真性の場合は出てきません。そのため、仮性の場合はマッサージや吸引で改善する可能性があります。乳頭は人ら見せる部位ではないため、通常の日常生活には支障はありませんが、陥没して内側に入りこんでしまっている分病気のリスクや子育てに支障が出ることがあります。そのため、改善させたほうが良いです。仮性の場合はマッサージで改善させます。真相の場合であっても手術すると治ります。特に乳頭は傷跡が残らない部位なのできれいに治すことができます。それが手術におけるメリットです。

陥没乳頭をうけるメリットとは

陥没乳頭を治す理由

陥没乳頭は日常使いには支障がないために、ついつい、そのままにしたり、手術は怖いと思い、踏み切れなかったりします。そのような場合でも、陥没乳頭を治すと良いメリットを覚えておくと、適切な判断ができます。陥没乳頭を治すのは、次のデメリットをなくすためです。主に3つあります。一つ目は、授乳に赤ちゃんが困って、授乳できないということです。赤ちゃんは、乳首を目指して、吸い付きますが、乳首がないために、満足な授乳ができない可能性があります。二つ目は、乳頭が内側に入り込んでしまっているために、くぼみに殺菌が入り込み炎症を起こしやすいことです。赤ちゃんの授乳時期には、赤ちゃんの唾液がくぼみに残りやすいために衛生状態が悪くなり母子共に病気になりゆすいです。3つめは、性行為のときに、男性が不満に思ったり、または、そう思わなかったとしても、女性が心理的にコンプレックスを抱いてセックスに満足感が得られないことです。それらのことが改善されるのが、陥没した乳頭を治すメリットです。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*