豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

陥没乳頭のアフターケアに必要なこと

陥没乳頭とは、乳首が乳房のなかに入り込んでくぼんだままでてこない状態のことを言います。乳首は暑さ寒さや刺激などのより硬さが変わりますが、通常は外に出ています。しかし、昔は10人に1人、現在は5人に一人位の割合で、乳首が内側にくぼんだままの状態の人がいます。それが陥没乳頭です。通常の生活にはまったく問題はないのですが、あるときに問題になってきます。それは、授乳時です。赤ちゃんが吸いにくいからです。さらに、常に赤ちゃん唾液でくぼんだ乳首に雑菌がわき、乳首に炎症を起こしやすくなったり、赤ちゃん自体も不潔な状態になります。またもう一つは、性行為のときです。パートナーが不満に思ったり、また、思わなかったとしても、女性としてのコンプレックスを抱えて自信が持てなくなってしまう人がいます。そのような場合は、陥没乳頭はマッサージや日帰りの簡単な手術で治すことが出ますので、専門医に相談すると良いです。手術後はアフターケアに通うことになりますが、経験豊富な医師を選ぶことです。

陥没乳頭のアフターケアに必要なこと

経験豊富な医師を選ぶこと

陥没乳頭は乳管になんらかの異常があって、乳頭がくぼんだまま出てきません。その場合は手術をすることになりますが日帰りでもできます。その位に手術は一般的になりましたが、経験豊富な医師を選ぶことです。なぜなら陥没乳頭は、手術だけでなくアフターケアが大切になってくる手術だからです。なぜなら、手術後には大切なことがいくつもあるからです。例えばその一つは消毒と抜糸、経過観測です。日帰りでもできる手術といえども、メスを入れ縫合する手術ですので、当然、その後は通院して、消毒をする必要があります。それをしないと、炎症を起こし、かえって乳首の形が悪くなってしまいます。抜糸も同じです。このときに上手に行わなければ、乳首が左右対称にならなくなってしまいます。それでは意味がありません。また、1ヶ月間は赤みを帯びているので、それが少しずつ、もとの色になってきますので、正しく行っているのかを判断できる医師が必要です。また何よりも大切なことは、再び陥没して戻ってしまうこともあります。そのようなことにならないためにも実績のある医師や病院を選びましょう。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*