豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

後悔する?豊胸プロテーゼの失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

バストの悩みを解決できる豊胸手術の一つに、豊胸プロテーゼ挿入方法があります。
豊富な種類が揃っていて、理想の形を作る事が出来ます。

また、脂肪注入やヒアルロン酸とは違い、半永久的にサイズをキープできるのが特徴です。
将来妊娠した時も、授乳が出来るので安心して豊胸出来るポピュラーで人気の豊胸手術の手法です。

豊胸プロテーゼでは、脇の下部分からシリコンバッグを入れて、胸の形を整えていくのが一般的です。脇のしわ部分を切開するので、傷跡も目立ちにくく、シリコンバッグ自体の安全性も高く評価されています。

そんな評価の高い豊胸手術、失敗もあるのをご存知でしょうか。
実際に、豊胸プロテーゼの施術を受けて後悔している人や、再手術する人がいるのも現状です。
施術を受ける前に、現実の失敗例や、原因、そして対策を頭に入れて、主治医との入念なカウンセリングを繰り返し、納得したうえで手術に挑むことをオススメします。
では実際に起こった失敗例をご紹介します。

え?そんな…実は怖い豊胸プロテーゼの失敗

上手な医師・クリニックの特徴

豊胸プロテーゼに失敗してしまった場合、修正する手術を再度受ける必要も出てきます。

修正手術では挿入した人工シリコンをまずは抜去し、新しい人工シリコンを入れるといった施術法や、ヒアルロン酸や脂肪注入法など他の豊胸手術で形を整える施術を行うのが一般的です。

豊胸プロテーゼの修正手術が上手な医師は、人工シリコンを使った豊胸手術だけでなく他の豊胸手術の技術力や知識が豊富という特徴があります。

他の豊胸手術も上手な医師であれば、修正する際の施術法にも選択肢が広がるので、より希望のバストラインに近づける事が出来るでしょう。

さらに、上手がどうか見分ける方法として、人工シリコンの抜去が得意かどうかという点を、チェックする事もおすすめです。

挿入した人工シリコンはただ抜去すれば良いという訳でなく、再度カプセル拘縮が起こらないよう慎重に取り出さなければいけません。

抜去も得意な医師であればカプセル拘縮のリスクも少なく、また傷跡などが残るリスクも抑える事が出来ます。

また、修正手術は患者1人1人に合わせた、的確な施術を必要とします。

どのような状態か、どのような施術を行えば理想のバストラインを手に入れられるか、的確な判断が出来る医師は豊胸プロテーゼの修正手術も得意と言えるでしょう。

失敗例などを納得するまで理解する事

豊胸プロテーゼでの失敗で一番多いのは、イメージと違う事です
豊胸手術が終わった後、実際に自分の胸を見た時に、左右の位置が違っていた、という事もあります。

また、思い描いていたほど、胸にボリュームが無かったり、逆にボリュームが付きすぎた、という例もあります。

左右の位置が違っていた原因としては、医師選びがあります。
主治医を決める場合は、自分が納得した医師を選ぶことをお勧めします。

ボリュームの違いに関しては、カウンセリングが足りていないことが原因です。
これは、納得するまで話し合いを繰り返すことが大切です。

次に、豊胸プロテーゼでの失敗は、術後の破損やメンテナンスです。

高品質の商品であれば、滅多には破損しませんが、稀に粗悪品を扱っている場合があります。
実際に信頼できるブランドを選ぶことが重要です。

また、メンテナンスが必須のバッグがあり、怠ると型崩れを起こすことがあります。

マッサージが億劫な方は、メンテナンスやマッサージ不要のバッグを選ぶようにしてください。
また、年齢を重ねると多少なりとも形が崩れるので、定期的なメンテナンスは必要になります。

豊胸プロテーゼの失敗

豊胸プロテーゼの失敗として起こる、「カプセル拘縮(被膜)」って何?

豊胸プロテーゼ挿入の手術では、カプセル拘縮(被膜)が起きる可能性があります。

豊胸プロテーゼを使用した豊胸手術は、「バストが硬くなってしまう」と聞いたことがある方も多いと思います。それは「カプセル拘縮(被膜)」によるものです。カプセル拘縮(被膜)とは、プロテーゼを身体が異物として捉えたときに起こるのです。

「異物」から身体を守るために、プロテーゼに膜を張ってしまうのです。その結果、プロテーゼを入れる場所が狭くなり、締め付けられることによって、バストも硬くなってしまうということなのです。

リップリングが起きる可能性がある

「リップリング」とは豊胸プロテーゼを用いた豊胸手術特有の現象です。これは、プロテーゼが折れ曲がってしまった結果、バストの形が悪くなってしまったり、皮膚に波上の痕が出てしまう状態のことをいいます。

この原因は、プロテーゼを入れるスペースに比較して大きめのプロテーゼを入れてしまうことによって起きてしまう現象です。また、脂肪の少ない痩せ型の方に多く見られます。ドクターに相談して、身体にあった大きさのものを選択しましょう。

バレる・不自然な状態になってしまう

豊胸プロテーゼを使用した豊胸手術は、数ある豊胸手術の方法と比較して、効果が出やすく、大幅なサイズアップも見込めるものです。

しかし、あまりにも身体に合わないようなプロテーゼを入れてしまうと、バレる・不自然な状態になってしまうでしょう。

また、異物を入れるために、天然のバストに比べて不自然な感じになりやすいのもデメリットです。

技術のあるドクターを選択することによって、ある程度は回避することができるでしょう。

修正手術は可能?

豊胸プロテーゼは、比較的よく利用される美容整形です。

とはいえ、決して楽な手術ではありませんので、失敗しても簡単に修正できると油断しないことが、気をつける点だといえます。

胸の内部に豊胸プロテーゼを施しますが、修正をするときには、再びメスを入れるようになります。

メスを入れる位置によっては、傷跡が最初の手術よりも目立つ可能性も捨て切れません。

同じ場所に対する切開や縫合技術が高い、クリニックを利用するのがおすすめです。

挿入したプロテーゼは、完全に取り出してそのまま何もせずにいれば、豊胸手術前の元の状態の形に戻るようになります。

再び元の状態になっても耐えられる精神力を保つことも重要です。

胸が大きくなくても、女性としていきいきと過ごせる考え方や、環境づくりをする努力が必要になります。

元の胸の状態に戻せるとはいえ、修正のやり方によっては元の状態よりも形が悪くなってしまうリスクはゼロではありません。

プロテーゼ抜去の知識を持つクリニックに頼りましょう。

豊胸プロテーゼの修正

全国のクリニックを比較、ご紹介しております

豊胸プロテーゼを完全に抜き取ってしまう修正方法だけでなく、入れ替える手段を用いる人もいます。

最初に入れたプロテーゼが身体になじまなかったり、希望通りの胸の大きさにならない、品質に問題がある場合などで、もっと効果的な豊胸プロテーゼを受けたい時に利用されます。

この場合には、状態によって挿入するタイミングが異なってくる点を知っておく必要があります。

最初に入れたプロテーゼを抜去するのと同時に、別のプロテーゼを挿入するパターンと、抜去した後にしばらく日にちをおいてから、新しいプロテーゼを挿入するパターンがあります。

どちらのパターンが選ばれるかは、そのクリニックの技術や施術を受ける人の体質などが関係してきます。

急いで新しいプロテーゼに修正することを願う人もいるでしょうが、まずはクリニックの方針や医師のアドバイスをよく聞いてから、依頼するのが安全に手術を受けるコツになります。

いくつかのクリニックを比較することをおすすめします。

名医を選択することがおすすめ

さて、即効性があり大幅なサイズアップもできる豊胸プロテーゼを使用した豊胸手術ですが、やはり、ドクターの持っている技術の差が出やすい整形手術といえそうです。特に、自然なバストにするためには、ドクターのセンスが問われます。

もし、どんなドクターにお願いしたら良いかわからない方は、当相談所で良いドクターやおすすめの美容外科をご紹介をしております。お気軽にご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*