豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

エンドプロテーゼの豊胸のリスクにはどんなものがある?

脂肪注入や豊胸バッグの挿入などの豊胸術と違いもっと手軽で危険性が少ないわゆる「プチ豊胸術」として有名なのがヒアルロン酸の注入です。手軽に注射で豊胸ができ、傷も残らないのですが、ただ持続期間がとても短いのが問題でした。早くて1か月長くて2年までで、体内と同じ種類のヒアルロン酸であるので身体に吸収されてしまうのです。すぐにバストがしぼんでしまうというのが問題点でした。もちろんヒアルロン酸の種類が異なるものなら長期間持続するのですが、これはとても高額です。そこで、ヒアルロン酸と同じく注射で手軽に豊胸でき、持続効果も長期間のものが出てきました。これが「エンドプロテーゼ」という注入剤です。ここ数年はこの「エンドプロテーゼ」を推薦する病院が増加しています。エンドプロテーゼは手軽で簡単に注入できるのですがヒアルロン酸と違い体内に吸収されることがないのです。しかも体内に入ると寒天状に固まりますので反永久的に豊胸が維持できます。一見、リスクやデメリットがない豊術のように見えます。

エンドプロテーゼの豊胸のリスクにはどんなものがある?

リスクやデメリット

しかも、エンドプロテーゼの豊胸術はヒアルロン酸のように定期的な手術も必要なく、取り除く必要があったら100%きれいに取り除けることができとても良い豊胸術に感じられます。しかし、この方法にもやはりリスクやデメリットがあります。 第1にヒアルロン酸などの注入剤に比べて「仕上がり」がよくないことが挙げられます。エンドプロテーゼは、もともとジェル状の液体なのですが、それが固まると寒天のようにブヨブヨしています。そのことが逆に胸のきれいな形を出し難いのです。第2にまた胸を触ると異物が動いている感じになり、豊胸手術であることがすぐわかってしまうことです。第3にバストの触感がたくさんのシコリのようで触り心地が非常に悪いのです。第4に、エンドプロテーゼは取り除くことは100%できますが、切り開くので傷が残ってしまいます。「エンドプロテーゼの豊胸術」には、考えると些細なことのようには思えますが、このようなリスクがあるということを理解しておく必要があります。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*