豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

CMCバッグの豊胸の名医を探そう

女性はいくつになってもバストの形や大きさというものが気になるので、小さかったり、垂れているコンプレックスをなくしたいなら、美容外科で豊胸手術を受けることをおすすめします。
豊胸手術で挿入するバッグには種類が色々ありますが、そのうちのひとつがCMCバッグになります。
CMCバッグとは、フランスのアリオン社が開発したハイドロジェルバッグのことで、カルボキシメチルセルロースと生理食塩水などの混合物で作られています。

このカルボキシメチルセルロースというのは、食品添加剤などにも使用されている水溶性物質ですが、安全性についてはまだよくわかっておらず、アメリカのFDAでも未承認となっています。
名医にCMCバッグの豊胸を任せれば、自然な仕上がりになりますから、バストアップしたいと思っているなら、まずは豊胸の名医がいる美容外科を探す必要があります。
口コミを参考にすれば見つけやすいので、出来るだけ技術が高く、人気のある美容外科を選びましょう。

CMCバッグの豊胸の名医

名医のいる美容外科に任せることが大切

CMCバッグの豊胸手術を受けると、本物そっくりの弾力感や伸縮性があるので、とても柔らかく、自然に近い感触なので、誰かに気付かれる心配はありません。ただし名医でないと、その人に合ったものをうまく挿入出来ないので、左右で形がずれたり、手術を受けたはずなのに大きさや見た目が変わらないようなこともあります。

そんな場合は修正することが出来ますが、また一から同じようなことを繰り返すと思うと、憂鬱な気持ちになってしまうので、CMCバッグの豊胸手術を受けるときは、最初から名医のいる美容外科に任せることが大切です。技術の低い美容外科に任せると、バッグが破損して内容物が漏れたり、体内に吸収されることで収縮し、小さくなるようなことも起こりうるので注意が必要です。

ヒアルロン酸注入のような方法に比べると、切開による傷跡が残ることもあるので、あとで後悔したくないなら、まずは美容外科の口コミを調べ、評判の良いところに任せるようにしましょう。

CMCバッグの豊胸の名医を探そう

CMC豊胸バッグ抜去を受けるなら?口コミで評判の良いクリニックはココ

CMC豊胸バッグはアメリカで開発された豊胸バッグの一種で、生理食塩水よりも手触りが柔らかく、一時期には人気を集めました。中身にはシリコンではなく水溶性のジェルが詰まっています。このジェルは食品添加物にも使われており、万一破れても体に吸収されるため安全と言われてきました。しかし安全性が100%確認されているわけではなく、炎症を起こした実例もあるため、不安を感じて抜去したいという方も少なくありません。

CMC豊胸バッグ抜去に対応している美容外科は少ないため症例が一部の病院に集中しています。

豊胸バッグが破損した場合には、流れ出た内容物をきれいに吸い取らなければなりません。また破損していなくても、バッグが硬くなったり胸に痛みを感じたりするときは、早めに抜去したほうが良い場合があります。いずれにしても健康被害を防ぐため、慎重に施術を行なう必要があり、医師には十分な経験と知識が求められます。

CMC豊胸バッグ抜去を行なうには、切開手術をする必要があります。バッグが破損していなければ脇の下から取り出すことも可能ですが、破損していると乳房の下を切らねばならない場合があります。このとき傷跡が残ったり、感染したりするリスクが考えられます。またバッグを抜去した後に血液やリンパ液が溜まり、排出する際にも感染のリスクがあります。抜去すると乳房がしぼんでしまうため、ヒアルロン酸や脂肪注射でカバーしたり、新たにシリコンバッグを挿入したりする施術も行なわれます。

クリニックでCMC豊胸バッグ抜去を受けると、値段は20万円~40万円ほどになるのが一般的です。安いクリニックでは無料というところもあります。ただしこの場合は、新しいバッグに入れ替えることが条件です。最近のバッグは安全性が高く、長持ちするようになっていますが、それでも失敗するケースが皆無ではないので、評判の高い名医を選ぶことが重要になります。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*