豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

陥没乳頭の効果と失敗・修正のすべて!

陥没乳頭とメリット

陥没した乳頭を外に引き出す手術です。乳首の中の乳管と回りの組織を丁寧に剥がし引き込まれている乳頭組織を引っ張り上げ丁寧に縫合します。
見栄えが変わります。コンプレックスが解消します。リスクとしては、再発や授乳困難等が挙げられます。乳管を傷つけてしまう方法、乳管を傷つけない方法とありますが、授乳機能を残しておくためにも乳管を傷つけない陥没乳頭を受けられる必要があります。

乳腺を見ていく処置は、非常に見分けが付きづらい事が重度のケースでは考えられますので、一部損傷してしまう事も頭に入れておく必要があります。
医師選び・クリニック選びの際は要注意です。

陥没乳頭の効果と失敗・修正のすべて!

陥没乳頭の名医と有名病院

陥没乳頭の名医と有名病院は前述した名医の条件をクリアしている事が前提となります。

陥没乳頭の症例数が多いだけではなく、クオリティの高い陥没乳頭の症例数を多く積んでいる名医や有名病院を選択しなければなりません。

ご紹介をご希望であればお気軽にお問い合わせください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果

陥没乳頭の症例写真

症例画像①

陥没乳頭の失敗・修正・再手術

陥没乳頭って失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介でも解説しております通り、陥没乳頭を失敗してしまった場合、乳頭が壊死になってしまった症例がございます。

軽度~重度の方によって適応される治療方法が異なりますが、いずれにしろ難しく、形成外科の医師でも失敗してしまう事はあります。
経験豊富な医師を選択しましょう。

技術が低いクリニック・ドクターで手術をしてしまうと入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなってしまいます。
是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

陥没乳頭の美容整形・手術・治療

乳頭が乳房の中にへこんでしまっている状態を陥没乳頭といいます。

刺激したりひっぱったりしても埋没したままの状態を真性、刺激を与えることで乳頭が出てくる場合は仮性、といいます。

このことにより、コンプレックスと抱えている方も多く、また真性である場合は、授乳の時の障害や不衛生になることで乳腺炎になる可能性があるため注意が必要です。

乳頭を修正するには、個人の程度の差で、手術の方法がかわってくるので、医師としっかりと相談したうえで行います。

真性である場合の手術には、乳管を温存する方法と切断する方法があります。

乳管を完全に切断すれば、陥没はなくなりますが乳汁が出なくなります。

そのため出産前の女性は温存する方法を選ぶほうがよいでしょう。

乳頭を2、3箇所切って陥没の癖を取り除くことで乳頭が出る状態にしてから、縫合します。

その状態で癒着させるために器具で固定します。このように乳管を傷つけない方法で行うことができます。

バスト・豊胸の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

陥没乳頭の修正を考えたときに

陥没乳頭の効果・仕上がり・アフターケア

陥没乳頭の効果・仕上がりを評価する上では、バストの形状・傷跡・触感を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

バストアップ・豊胸手術の整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

陥没乳頭のトラブル・リスク・デメリット・後遺症

陥没乳頭の修正にはどんなリスクがあるのか。陥没乳頭のデメリットを確認しておきましょう。

乳首が埋もれてしまう陥没乳頭は、成長期に乳管周辺に問題があって、うまく乳首の発達や成長ができなかったときにおこりやすく、手で引っ張り出してもすぐまた戻ってしまい、赤ちゃんに授乳を行うときに支障が出る状態だと修正が必要です。

見た目の美容的にも問題があるほか、乳腺炎にもなりやすいことが分かっているため、早めの施術が必要ですが、失敗してしまうと乳頭周辺の形が悪くなってしまう可能性があります。

一部分だけ乳頭が出てくぼみが残るような不自然な状態になったり、乳輪に影響が出るような切開、縫合をされてしまう、乳管を傷つけられて炎症を起こしたり、授乳がうまくできなくなってしまうトラブルも起こりえます。

陥没乳頭が失敗して機能を回復することができなければ、授乳ができなくなったり乳腺炎になる可能性が残されてしまいますし、再施術して修正を試みる時も、跡が残って色素沈着したり、乳腺や乳管が傷つけられてしまう可能性がある術式です。

陥没乳頭の施術に慣れていて、積極的に改善に取り組んでいるクリニックや医師を見つけることが大切になります。

特に一度施術を受けて失敗している人は、乳首の根元部分に負担がかかりやすいので、技術の高い医師に堪能してもらう必要性があります。

技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。陥没乳頭の代表的なリスクとしては、傷跡・左右差などのトラブルです。バスト・豊胸の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。

ご相談窓口でも説明いたしております。バスト・豊胸の美容整形のその他のトラブル・リスク・デメリット・後遺症については下記をご参照ください。関連する治療法>>>陥没乳頭のリスクとは?

しこり 感染(化膿) リップリング 被膜拘縮(カプセル拘縮) 定着率(生着率) カタチ(左右差) たるみ 傷跡 除去 入れ替え 破損 段差 冷たい 触感(硬い) 皮膚壊死 石灰化 乳がん検診 不自然な隆起 バストの位置・大きさが不自然 希望のサイズ バッグの輪郭が浮き出る 胸の中でバッグが動く 感覚麻痺 血が溜まる 中縫いの糸が出てくる 出血 テープかぶれ バストが小さい バストを大きくしたい

陥没乳頭のダウンタイム・腫れ

ダウンタイムはおよそ2週間となります。
術後は腫れが強く出ますので、包帯・ドレーンなどのアフターケアがしっかりとしている病院を選びましょう。

陥没乳頭の料金相場と安い価格・費用

値段の相場・平均は30万円、料金が安いと20万。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

乳首が埋もれてしまう悩みは、人に相談が出なかったり温泉などの入浴で困る、授乳時に影響が出るなど様々な問題が起き、どこで治してもらうことができるのか知らない人も多くいます。

美容外科などでも実施されていますが、失敗して修正を繰り返すリスクを避けるためには、積極的に陥没乳頭の手術に取り組み実績があるクリニックの医師にお願いすることが大切です。

一般的な施術のやり方より、負担が少なく傷跡も残りにくい術式で陥没乳頭を治せるなど、クリニックによってアプローチの仕方や仕上がりのきれいさにも違いが出てくるため、慎重に医師選びを行いましょう。

埋もれている乳首の形はある程度修正が可能で、成長過程で影響が出てバランスが悪くなっているようであれば、医師に相談し、納得できる手術を受けることが大切です。

失敗してしまうと授乳に影響が出たり、見た目の悪さが残る、バランスの悪い乳首になってしまう可能性があります。

陥没乳頭は、ただ乳首を出せばよい手術ではないので、丁寧な対応をしてくれる医師を見つけましょう。

当相談所ではおすすめのクリニックをご紹介することが可能です。陥没乳頭に悩んでいる、手術してくれるクリニックがわからないといった方は名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

陥没乳頭の美容整形でバストのコンプレックスを解消できますが、ドクター選びには注意をしなければなりません。

リスクを下げた医師選びをオススメいたします。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*