豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

アクアフィリング豊胸のアフターケア、やっちゃいけないことは?

アクアフィリング豊胸術とはどういった施術なのでしょうか?「アクアフィリング」という薬剤を胸に注入して、バストの形や大きさを整えます。アクアフィリングはポリアミド2%、水98%でできていて、大半が水でできているため安全性が高いです。アクアフィリングは胸の組織と非常に馴染みやすい特徴があるため、柔らかさが続きます。ヒアルロン酸は、その点馴染みが悪いため、胸の組織と薬剤との間にしこりができてしまいます。ですから、注入後どうしても少し硬い仕上がりになってしまいます。一方アクアフィリングは、驚くほど柔らかく、触り心地もとても良いです。アクアフィリングは、施術後、3〜5年持続期間が長いのも特徴です。
アクアフィリング豊胸は、手軽に施術行うことができ、またより安全で、自然で長期的に、より柔らかく仕上がるので非常に人気の高い豊胸術です。
次にアクアフィリング豊胸のメリット、ダウンタイム、アフターケアについて紹介します。

アクアフィリングのアフターケア

ダウンタイム・アフターケアについて

アクアフィリング豊胸のメリットは、ほとんどダウンタイムが無いということです。施術時間は20分程度ととても短く、施術後30分〜1時間程休憩をしていただければ、日帰りしていただくことができます。痛みも無いので、その後の日常生活に支障をきたすこともありません。アクアフィリングは、水とポリアミドの間の水素結合がゆっくりと分解することによって、徐々に減少していき施術前の状態に戻ります。その後、残りのポリアミドは体内で処理され、最終的には尿として排出されます。このように、安全に体外に排出されるのもアクアフィリング豊胸のメリットの一つです。ダウンタイムはほぼないので施術後、通常の生活にすぐ戻ることができます。シャワーも当日から可能です。アフターケアとしては、施術後1ヶ月程度は、うつ伏せに寝ることを避け、強く揉んだり押さえたりはしないでください。また、ゆったりした下着、ワンサイズ大きいブラ、パット入りのキャミソールを使用していただきます。時折、注入した箇所に内出血が出てしまうことがありますが、10日前後で色が薄くなってきますのでご安心ください。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*