豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入のバストのカタチ

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入のカタチ

バストアップ、豊胸手術の効果、仕上がりとして気になるのがカタチです。シリコンバッグ、脂肪注入(コンデンスリッチ、セリューションシステム、幹細胞脂肪注入、入れ替え)、ヒアルロン酸などの手術の違いによりバストのカタチは変化があります。

例えば、脂肪注入では、精密なバストデザインが出来る代わりに大きなバストアップは望みづらい整形方法です。対して、シリコンバッグによるバストアップでは、大きな変化は出せますがラウンド型かアナトミカル型かを選択してバストアップとなります。

カウンセリングの段階で十分に注意して、ドクターと相談する必要があります。

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入のバストのカタチ

釈由美子みたいなバストになるにはどういう整形が良い?

釈由美子のようなバストを手に入れるために、胸を2倍から3倍程度カップ数をあげたいときには、できるだけ体への負担がかからない術式を用いるべきです。

脂肪を注入する方法を選ぶ場合、これまでの脂肪細胞を入れる方法だと、不純物を分離していてもいくらか残っていたためそれなりの効果しか得られない人も多かったのですが、コンデンスリッチ豊胸はこれまでの脂肪注入法と違って、吸引した脂肪から麻酔液を分離するだけでなく、濃縮した後に死活・老化細胞を取り除くことで密度の高い健全な脂肪細胞だけを注入することができるようになっています。

カップ数を大幅にアップさせるときは、豊胸バッグが優れた方法ではありますが、安全性が高くなったといっても異物を入れることになるため身体の負担になりますし、拘縮ができる恐れがあります。シリコンバッグ豊胸は、見た目や触った感じも本物の胸とそれほど変わりがないですが、失敗したときのリスクが高く、抜去するときに切開が必要になってきます。

脂肪注入豊胸が安全性が高くなっているのは、自分の脂肪を使って尚且つ不純物を取り除いて注入できるためで、状態を見ながら少しずつ形成していくことができるため、理想とする胸のデザインを実現しやすい方法です。定着率がコンデンスリッチ豊胸だと数段高くなっており、しこりや脂肪壊死なども起きにくく、拒否反応の心配が少なくなっていることも魅力です。

コンデンスリッチ豊胸も慣れていない医師が行ってしまうと、左右のバランスが悪かったり、きれいに整えられない場合もあるため、術式の経験が豊富な医師に依頼することことが求められます。

釈由美子のようなカップ数を実現したい人は、名医を当相談所でご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入のバストのカタチ 症例写真

症例画像①

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入のバストのカタチ 失敗・修正・再手術

豊胸・バストアップの美容整形はバストアップ、豊胸手術はシリコンバッグ、脂肪注入(コンデンスリッチ、セリューションシステム、幹細胞脂肪注入)、ヒアルロン酸などが考えられます。

バストのカタチが崩れてしまった場合の修正・治療・再手術としては、脂肪注入であれば再注入を行ったり、しこりが出来てしまった部分にはステロイド注射をする事で形を整える事が出来ます。シリコンバッグに関しては破損などが 起こった段階でもカタチが崩れない優秀なバッグが出ていますが、何らかの理由によりカタチが崩れてしまった場合には、抜去を行います。その際、拘縮などに注意をして、デザイン出来る名医を選択しなければなりません。

技術が低いクリニック・ドクターで手術をしてしまうと入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなってしまいます。
是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入のバストのカタチ 美容整形・手術・治療

バスト・豊胸の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入のバストのカタチ 効果・仕上がり・アフターケア

バスト・豊胸の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、バストの形状・傷跡・触感を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
アフターケアとしては、血流が良くなる事のない様に安静にお過ごしください。

特にバスト・豊胸の美容整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。

バストアップ・豊胸手術の整形を受けられる際には、以下の様な効果・仕上がりに注意する必要があります。カタチ 触感 持続性 傷跡 合併症・後遺症 痛み 術後 経過

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入のバストのカタチ トラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

バスト・豊胸の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。

技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

バスト・豊胸の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。
ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*