豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

VASER併用幹細胞豊胸のアフターケアはどんな感じ?

VASER併用幹細胞豊胸とは、世界最高水準の脂肪吸引装置として知られる、VARERを用いた脂肪細胞注入による豊胸手術です。採取箇所は余分な脂肪が付きやすいウエストや太もも、ふくらはぎ等になるので、一石二鳥の効果があるわけです。VASERによって脂肪を吸収すると、不純物が極めて少なくなり、アフターケアをすることで胸への定着率が高くなります。脂肪の質もなめらかで、自然で柔らかくボリューミーな胸に仕上がります。この吸引方法は、大手美容外科の中でも最も効果が高いとされており、皮下脂肪の除去が90%に及びます。そして、最高の美容技術によって、従来では吸引が難しかった部位や痩せ型の体型にも適用できるようになったわけです。VASER併用幹細胞豊胸では、通常のカニューレ吸引の倍近い量を一度に採取できるので、短時間で効果的な吸引となります。脂肪細胞にしか働かない超音波を用いており、神経や血管などを傷めること無く、滑らかな脂肪を吸引できるわけです。吸引した脂肪細胞は、外気に一切触れることはないので、安全で衛生的に脂肪を注入できると言えます。
VASER併用幹細胞豊胸のアフターケア

皮膚のたるみを心配する必要がない

VASER併用幹細胞豊胸では、吸引した後の肌を引き締める効果もあるので、皮膚のたるみを心配する必要がないのが特長です。最新機器を用いた細胞壁や血管等へのダメージが少ない施術なので、回復の為のダウンタイムが短くて済、出血量も極めて少ないものとなっています。施術後の皮膚の表面は滑らかに仕上がるので、吸引の後も残らないわけです。施術時間は、吸引する脂肪の量にもよりますが、通常は120〜150分程度になります。VASER併用幹細胞豊胸のダウンタイムは、1週間から長くても1ヶ月ほどで、入浴など通常の生活に戻れることになります。シャワーだけなら、3日間ほどで入れるようになります。豊胸の効果としては、ほぼ半永久的に持続するので、定期的に診断に通う必要もありません。ダウンタイム期間は、多少の痛みを感じることがありますが、アイスパック等を使うと、痛みを和らげることが出来ます。クリニックからは痛み止めとして鎮痛剤が処方されるので、我慢できない場合に服用するのが適切だといえます。ダウンタイム中は、新たな細胞の定着が行なわれているので、アフターケアとして余計な圧力をかけないことが大切になります。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*