豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

テクスチャードタイプの豊胸バッグの失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

豊胸手術は人工物を挿入したり、自身の脂肪を注入したりすることでバストアップを行うものです。

近年はヒアルロン酸注入といった方法もありますが、もっとも効果が高いのが人工物を挿入するもので、スタンダードな豊胸法になります。

このさいにポイントとなるのが、挿入する人工物の素材や形です。素材としてはシリコンを使ったものが一般的ですが、近年は生理食塩水を使ったものや、これらに代わる新素材を使ったものも登場しています。

また表面の加工にも違いがあり、テクスチャードタイプと呼ばれるものは表面がザラザラしています。
一方でスムースタイプは表面がツルツルしており、触り心地が良いメリットがありますが、豊胸手術後にマッサージしなければいけません。

テクスチャードタイプとスムースタイプの選択は利用者で選ぶことができます。

テクスチャードタイプのメリットとしてはカプセル拘縮を起こしにくいということで、後遺症による修正を行うといったリスクを下げることができます。

テクスチャードタイプの豊胸バッグの修正は可能?内容は?

メリット

テクスチャードタイプの豊胸バッグ手術に成功すると、マッサージも不要な場合が多いので、アフターケアが楽になります。

失敗してしまうと、術後に炎症を起こして腫れあがったり、痛くてたまらなくなることもあるので注意しなければなりません。

またバストが動かないという、非常に違和感のある仕上がりになることもありますし、大きさが手術前とあまり変わっていないこともあるので、そんな状態になったら、修正が必要になります。

それにはお金がかかりますし、他の美容外科に行って、また一から始めるのは面倒なので、テクスチャードタイプの豊胸バッグを挿入するときは、経験豊富な医師のいる美容外科を選びたいですね。

あまり経験のない医師に任せると、手術に失敗して、再手術が必要になりますから、これから美容外科に行くつもりなら、まずは口コミの評判を調べることから始めましょう。

こちらの相談所の口コミを参考にすれば、技術の低い美容外科に行かなくても済むので、予約を入れる前に調べることが大切です。

上手な医師・クリニックの特徴

テクスチャードタイプの豊胸バッグによるバストラインの施術の場合には、他のバスト形成手術に比べ、施術後の副作用が発生しにくいのが特徴でもありますが、施術にあたっては、自分の体質にあったクリニックを選んでいくことが大切になっていきます。

胸に挿入をする時点で、形が崩れてしまうと、長期的に綺麗なバストを維持していくことが出来なくなっていくようになります。

経験豊富なクリニックに依頼していくことで、不安もなくバストアップの施術を受けていくことが出来るようになります。

ダウンタイムも少なく、綺麗なバストラインを仕上げていくには、テクスチャードタイプの豊胸バッグの施術経験が豊富なクリニックを選んでいくことが大切です。

技術面もそうですが、人柄も重視して選んでいくことが大切です。カウンセリングを受けた時点で、無理に契約を進めてくるようなクリニックの場合には、料金も高めになっていく傾向もあります。

実績の豊富な確かな技術力を保持しているクリニックを選んでいき、確実に綺麗なバストラインを手に入れていくことを考えていきましょう。

綺麗なバストラインを保持していくことで、自分にも自信を持てるようになり、女性にも自信を持てるようになっていきます。

テクスチャードタイプの豊胸バッグに失敗したらどうなる?

失敗例

自力でのバストアップは難しいし、時間がかかるので、美容外科で豊胸手術を受けて、短期間で仕上げる方が増えています。

最近人気のテクスチャードタイプの豊胸バッグは、ザラザラした表面加工が特徴で、術後の被膜拘縮を起こりにくいことから、このバッグを選ぶ女性が増えています。

ただしザラザラしたものを上手に挿入するのは、医師の高い技術が必要になるので、失敗すると、その美容外科を選んだことを激しく後悔してしまうでしょう。

テクスチャードタイプの豊胸バッグの手術を受けた際に起きやすい失敗例としては、バストの輪郭が不自然になったり、バッグが破損したり、術後に炎症や痛みが続いたり、被膜拘縮が起こることもあります。

またほとんど大きくなっていないということもあるので、手術を受けるときは名医に任せなければなりません。

術後のアフターケアが万全なところを選んでいれば、いざというときに後悔しなくて済むので、美容外科選びには時間をかけるようにしましょう。

テクスチャードタイプの豊胸バッグの失敗

テクスチャードタイプの豊胸バッグの失敗例、「バレる・不自然」な仕上がりになる可能性がある

テクスチャードタイプの豊胸バッグによる豊胸は、バレる・不自然な仕上がりになることもあります。胸を極端に大きくすることなどが原因であり、体形に合わないような大幅な豊胸を行った場合に起こるため、体に合いそうなものを吟味することが重要です。また、豊胸バッグの形も重要なポイントであり、理想的なラインを形成できるような形を選ぶことが大切なので、治療を何度も行っているような評判が良い医師に治療を行ってもらうとよいです。

カプセル拘縮(被膜)が起こることもある

テクスチャードタイプの豊胸バッグの豊胸は、カプセル拘縮(被膜)が起こることもあります。体内に異物を入れた際に起こる免疫作用が影響して起こり、徐々に胸が固い状態になっていくため、注意が必要です。定期的な医師による治療を受ける必要がある治療法になるため、アフターケアが充実しているようなクリニックを選択して治療を行う必要があります。また、カプセル拘縮(被膜)が起こることを理解したうえで治療をする必要があります。

リップリングが起こることもある

テクスチャードタイプの豊胸バッグによる豊胸手術をすると、リップリングが起こることがあります。豊胸バッグを長年使い続けることで起こる症状であり、治療を行うときには、豊胸バッグの品質を比較して治療を依頼することが重要になっています。場合によっては、豊胸バッグを取り除く治療が必要な場合もあるため、長年体に入れても、豊胸バッグが変化しにくいものを選んでいくことが、とても重要になっています。

名医を探すことが重要

テクスチャードタイプの豊胸バッグによる豊胸は、半永久的なバストアップを期待することができる治療法であり、人気がある治療法の一つになっています。

しかし、治療を受けたことが影響して、体に不具合が生じることがあるため、名医を探して地用をしてもらうことが大切です。

体に合った豊胸バッグを探してもらったうえで治療を行い、治療後には定期的なケアをしっかりとしてもらうことが大切であり、いろいろな情報を調べることが大切です。

アフターケアが充実しているクリニックを選ぶこと

テクスチャードタイプの豊胸バッグにしてもスムースタイプの豊胸バッグにしても豊胸術そのものは変わりありません。

仕上がりの良し悪しも医師の技量によるところが大きいものがあります。

一方で後遺症に関しては両者とも存在するため術後のアフターケアが重要になります。

従来のスムースタイプの豊胸バッグの場合には術後のマッサージが必要になりますし、過去の症例から石灰化などのリスクが高いといえます。

一方でテクスチャードタイプの豊胸バッグは、症例から見ても比較的後遺症が出にくい傾向にありスムースタイプよりはリスクが低いといえます。

ただし仕上がりに関しては、表面に凹凸があるぶんマイナスといえます。

いずれにしても後遺症が出た場合には適切に処置する必要がありますし、両方とも修正を行うことは可能です。

また後遺症を防ぐためのポイントとしては、医師の知識と経験によるところが大きく、豊胸術を行う場合には名医と呼ばれる医師を選ぶ必要があります。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

テクスチャードタイプの豊胸バッグを施し、綺麗なバストラインを得ていくにも、自分にあったクリニックを探していくことが大切です。

当相談所で口コミを見れば、多くの掲載も見られ、様々なクリニックが見つかっていくことでしょう。

胸を切開してバッグの挿入していく施術を行っていきますから、テクスチャードタイプの豊胸バッグによるバストラインの修正施術は、体質によっては副作用も生じてしまいます。

当相談所に書いてある体験談を見ても、実際に自分の体質にあっているかの判断を行っていくのは難しいものもあるのも現実です。

これからテクスチャードタイプの豊胸バッグによるバストラインの修正を検討しているのでしたら、相談していただければ、おすすめのクリニックを紹介していきます。

多くのバストラインの修正事例から、その人の体質にあった最適なクリニックを紹介していき、確実に綺麗なバストラインを形成していくようになれます。

費用面も鑑み、自分にあった最適な施術を行っていけるクリニックを見つけ、テクスチャードタイプの豊胸バッグによる豊胸を得ていけば、洋服選びや下着選びも自由に出来るような、自信の持てるボディラインを得ていけるようになり、新しい出会いを得てもいけるようになります。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*