豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

シリコンバッグ豊胸の修正とおすすめの手術法

胸を大きくしたい人が豊胸手術をする際には、シリコンバッグ豊胸での手術をおすすめされることが多いです。

シリコンバッグがすすめられるのは、他の豊胸グッズを使うと細かいサイズ調整ができませんが、シリコンバッグ豊胸ならバッグのサイズの種類が揃っているので自分の希望するサイズに胸を作りやすい点からです。

いまよりもワンサイズだけ大きくしたいと希望する方には、この豊胸手術が向いています。

シリコンバッグを胸に入れるのを決める前に知っておいた方が良いのが、手術をするとどんなトラブルが起こるのかということ。トラブルを知っておいた方が、いざそうなった場合の対処がしやすいです。

シリコンバッグの豊胸手術をすると皮膚が硬くなったり、内出血をしてしまったり、多少の痛みを感じることがあります。

これらのトラブルは薬などの服用や経過観察で対処が可能です。

起こる可能性のあるトラブルとして注意しなければならないのが、形が歪に仕上がってしまうなどの失敗です。形成の失敗は、再度の手術で修正する必要があります。

シリコンバッグ豊胸の修正はどういう流れなの?

自分に適した手術方法を選択

シリコンバッグ豊胸での手術の形成の失敗には、両胸のくっつき・左右の大きさのアンバランス・胸の段差などがあります。

左右の胸の大きさや谷間のスペースのバランスが良くないと、いかにも手術で大きくしましたと分かってしまいます。このような仕上がりは確認され次第、手術後の体調を安定させてから再手術での修正が行われます。

レントゲンで中の状態をチェックし、医師がそれぞれに適した施術で治療します。

両胸のくっつきは縫い閉じ、左右の大きさのアンバランスはシリコンバッグのサイズの変更、胸の段差はシリコンバッグを入れる位置の変更などで主に対処がされます。

形成の失敗で修正するのを避けるには、最初のシリコンバッグ豊胸手術の内容をよく吟味することです。

手術の種類・入れる位置・切開する箇所が自分に合った方法かを、ネットの情報サイトでのチェックや医師への質問で入念に調べましょう。

自分に適した手術方法を選択すれば、シリコンバッグ豊胸手術は成功できます。

愛沢えみりのようなバストになれる整形

愛沢えみりは、キャバクラ勤務とモデル活動の傍ら、ファッションブランドのプロデュースやテレビ、ラジオ出演なども行う人気のファッションモデルで、とてもスレンダーな体型が特徴です。

彼女の特徴は、大きな瞳とスレンダーなボディですが、細いながらもきちんとバストがあるので、男性うけもよいといえます。

通常彼女ほど細い身体をしていると、おっぱいがほとんどないというパターンが少なくありません。

そういった場合には、豊胸手術がもっとも効果的にバストアップをはかることができます。

手術には、コンデンスリッチ豊胸やシリコンバッグ豊胸、脂肪注入豊胸などいろいろな方法があります。

形を整えたり、1カップ程度大きくしたいという場合には、脂肪注入やヒアルロン酸注入などのプチ整形で、手軽にバストの形を整えることができますが、さらに大きくサイズアップしたい場合には、豊胸バッグを使った手術が効果的です。

シリコンバッグ法は、もっとも認知度の高い手術で、1回の施術で2カップ以上大きな胸を手に入れることができ、小さな胸で悩んでいる人にはうれしい方法といえます。

また、脂肪注入法は、自分の脂肪を使っておっぱいを大きくしていく方法で、拒否反応もなく安心して受けることができます。

ただ、痩せすぎている人や脂肪が少ない人の場合、とれる脂肪の量が少ないので、思っているほどの効果が得られない場合があります。
一方、シリコンバッグの場合、痩せている人でも受けることができるというのがメリットです。

ただ、当然手術ですから、個人差はありますが、術後の痛みやシリコンバッグの劣化、定期的なマッサージが必要などのデメリットもありますから、事前にメリットとデメリットを十分検討して手術を受けることが大事です。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*