豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

シリコンバッグ豊胸に失敗したらどうなっちゃうの?

胸を大きくしたいと考えたら、美容系のクリニックで行われている豊胸手術を受ける事が有効です。
豊胸手術の中でも特に有名なのが、胸にシリコンバッグを入れる、シリコンバッグ豊胸です。
ただ、シリコンバッグ豊胸は、失敗やトラブルの可能性があるというイメージを持つ人も少なくないでしょう。
胸に入れたシリコンバッグが破損し、それにより中に入っていたシリコンが体に流出して、健康に害が出てしまう可能性というのは存在します。
ただ、以前に比べて豊胸バッグ自体がとても丈夫になってきており、破損の可能性が減っている上、万が一、豊胸バッグが破損しても、流れ出にくいシリコンを使う事で、健康への害が出にくい状態を作る等、豊胸手術の技術は進化しています。
それにより、健康に害が出る可能性も下がってきています。
ですから、胸が小さい事がコンプレックスで、それにより自信を持てない状態が続いているという場合は、豊胸手術を考えてみる事がお勧めです。

シリコンバッグ豊胸に失敗したらどうなっちゃうの?

シリコンバッグ豊胸による失敗例やトラブル

シリコンバッグ豊胸による失敗やトラブルは、バッグの破損だけではありません。
それ以外にも、シリコンバッグの挿入の仕方によっては、胸の形がいびつになってしまったりする等、見た目に関するトラブルが発生する事があります。
シリコンバッグ豊胸を行った後で、見た目が悪くなった、胸に違和感を感じる等のトラブルが発生した場合、すぐにクリニックで相談をする事が大切です。
一度挿入をしてしまえば、元には戻らないのではないかと考える人もいますが、シリコンバッグは修正も除去も可能な事が殆どです。
ただ、修正も除去も体に負担をかけてしまう事になります。
ですから、豊胸手術を受けたいと考えたら、必要以上に修正や除去を考えなくても良いように、高い技術を持つ医者がいるクリニックを選ぶようにする等、最初の比較検討も重要になってきます。
少しでも良いシリコンバッグ豊胸の施術を受けたいと考えたら、技術面に関する比較検討をしておく事がおお勧めです。

シリコンバッグ豊胸の失敗

シリコンバッグ豊胸の失敗例としてあり得る「カプセル拘縮(被膜)」について

カプセル拘縮(被膜)のリスクとは何でしょうか。
シリコンバッグ豊胸での豊胸手術は、大幅にバストのサイズをアップ出来るとして人気です。
ただ、施術を受ける事で起こるリスクもあるので、その点には注意しましょう。
シリコンバッグでの豊胸手術では、カプセル拘縮(被膜)が起こるケースがあります。
カプセル拘縮(被膜)は、挿入したシリコンバッグの周りに膜が出来てしまう現象です。
この症状が起こるとバストにしこりが出来たり、硬くなってしまいます。

リップリングのリスクとは

シリコンバッグ挿入で起こるリスクには、リッピングという症状もあります。
リップリングはバストに挿入したシリコンバッグの縁が、皮膚の表面からでもはっきりと分かるのが特徴です。
これは体型に合わないシリコンバッグを挿入したり、挿入する際にしっかりとした処置を行わなかった為に起こります。
シリコンバッグの縁が分かるだけでなく、バストが波を打っているように見えたりなど、かなり不自然な印象となる症状もリップリングの特徴です。

バレる・不自然な印象になるリスクとは

シリコンバッグ豊胸で起こるリスクの1つとして、挙げられるのがバレる・不自然な印象になるというリスクです。
体型に合わないシリコンバッグを挿入したり、医師の技術が未熟でシリコンバッグの位置が左右でずれてしまうと、豊胸手術を受けた事が一目で分かってしまうくらい、不自然な印象になってしまいます。
シリコンバッグでの豊胸を行う際は、できるだけ不自然さが出ないような仕上がりを目指す事が大切です。

シリコンバッグでの豊胸は名医を選ぶ事がおすすめ

理想のバストラインに近づけるとして人気の、シリコンバッグによる豊胸手術ですが、カプセル拘縮やリップリング、不自然な印象になるなど失敗してしまうと、様々なリスクが起こります。
より安心して施術を受けるには、名医と言われるような医師から施術を受ける事がおすすめです。
当相談所ではシリコンバッグによる豊胸手術はもちろん、豊胸手術全般に精通している医師をご紹介していますので、ご気軽にご相談ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*