豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

脂肪注入法による豊胸手術の修正・方法は?

脂肪注入法による豊胸手術は、自分の脂肪を使ってバストアップできる点が、最大の魅力ですよね。
最新の豊胸手術は安全性に優れているといっても、やっぱりシリコンなどを身体に入れる事に、抵抗を感じる方は少なくないでしょう。
自分の脂肪でバストアップできる、脂肪注入法による豊胸手術であれば、シリコンを使う豊胸手術に比べて安心して受けられますよね。
ただ、脂肪注入法も失敗のリスクは、残念ながらゼロではありません。
脂肪注入法による豊胸手術の場合、しこりができるという失敗を起こすケースがあるんですよ。
しこりはそのままにしていても、ガンになったりする事はありません。
だけど、バストに硬い部分があるとやっぱり気になりますよね。
脂肪注入法の修正法としては、バストの脂肪を吸引して元に戻すという方法があります。
この他にもステロイド注射を行い、注入した脂肪を溶かす施術を行うケースもあるみたいですよ。
どのような方法で修正するかは、医師と相談して決めましょう。

脂肪注入法による豊胸手術の修正・方法は?

失敗しない為にも、医師選びは十分に

脂肪注入法による豊胸手術だけでなく、どんな豊胸手術でも失敗を起こす危険性はあります。
失敗しない為にも、医師選びは十分に行いたいものですね。
また、施術を受ける前に事前に、どんな失敗があるのか、そして修正方法をチェックしておけば、もしもの時も安心ですよ。
脂肪注入法による豊胸手術では、施術後にしこりが出来てしまうケースがあります。
石灰化といって注入した脂肪が、硬くなってしまうんです。
この状態になった時は、脂肪溶解注射で修正する事ができますよ。
脂肪溶解注射は医療痩身に用いられる施術ですよね。
脂肪を溶かす薬剤をバストに注入して、徐々にしこりを溶かしていきます。
この他に失敗例としては、思ったようにバストアップできなかったという例がありますね。
痩せていて脂肪の量が少ないと、注入する脂肪の量も少なくなり希望するバストの大きさにならない事があるんです。
このような場合、3か月程度期間を空けて再度脂肪注入法を行ったり、シリコンを使った豊胸手術を行う方もいるようですよ。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*