豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

脂肪注入法による豊胸手術について、知っておいて欲しいリスク

豊かなバスト。それは女性の魅力であり、自信につながります。そのため、豊胸は「胸に自信がない人」から「さらにバストを大きくしたい人」まで今人気です。そのため、「バッグ挿入法 」「脂肪注入法 」「ヒアルロン酸注入法 」「脂肪幹細胞移植」などがありますが、その中でも、脂肪注入法による豊胸手術は一番自然な豊胸手術です。なぜなら、自分自身の他の部位から脂肪を採取してきて、それを胸に注入する方法なので、違和感や異物感がなく、自然でやわらかなバストに仕上がります。何よりも、自分自身の脂肪を使うという点では、生態的な拒否反応も少ないだけでなく、「他の詰め物をしているわけではない」という心理的な安心感が女性にあります。しかし、脂肪注入法による豊胸手術ですが、リスクが全くないわけではなりません。脂肪注入法による豊胸手術を考えている方は手術を受ける前にその知識をつけておくと後で困ることがありませんので理解しておくことです。

脂肪注入法による豊胸手術について、知っておいて欲しいリスク

豊胸手術のリスク

脂肪注入法による豊胸手術のリスクはまず、他の「ヒアルロン酸注入法」などと違って、自分自身の志望を使うために他にあまり脂肪がない人は使えません。また、胸ではなく、採取した腹部などの部位がアンバランスになったり、凹凸かできてしまうことがあります。その場合は、後から吸引したりまた溶解などして整える必要が出てきます。さらに手術によってバストをどのくらい大きくできるかも予測できません。これも自分自身の脂肪を使っているために、一部は吸収されてしまうからです。そのため、脂肪注入法による豊胸手術では、残った分量によって半カップから2カップの範囲で大きくなるが確実な予測ができない点をあらかじめ注意します。さらに、術後に、しこりができることがあります。原因は、脂肪注入時に使った水分や麻酔液、死活細胞などの不純物が残り、それが邪魔となって、注入した脂肪分に栄養分が十分に行き渡らないことで起こります。また、場合によっては、注入した脂肪が壊死して腐ってしまうことがあります。これらのことは、本人ではどうにもならず、経験豊富な医者の腕に頼ることしかありません。そのため、実績ある医者に依頼することです。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*