豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

脂肪注入法による豊胸手術のダウンタイムと注意点

脂肪注入法による豊胸手術は、自分の脂肪でバストアップできる豊胸手術です。
余分な脂肪をバストに移動できるので、女性らしいボディラインを作れるのが魅力なんですよ。
ただ、施術を受けるにあたって気になるのが、定着率です。
脂肪注入法による豊胸手術の場合、施術後しこりができてしまうケースがあるんです。
せっかく憧れのバストサイズになっても、しこりができてしまっては元も子もありませんよね。
また、しこりができると脂肪がバストに定着せず、思ったようにバストアップできない事もあるんですよ。
定着率をアップするには、できるだけ不純物を取り除いた脂肪を注入する事が大切です。
この他にも、やっぱり医師の技術の高さをチェックする事は、欠かせません。
脂肪注入法の症例数が多い医師であれば、色々な症例に対して的確に判断し施術を行ってくれるので、しこりを回避できたり定着率の高い施術を受けられるでしょう。
脂肪注入法による豊胸手術は、しこりの他にダウンタイムにも注意する必要がありますよ。
脂肪注入法による豊胸のダウンタイム

術後は運動などは絶対にNG

脂肪注入法による豊胸手術だけでなく、どのような美容整形・豊胸手術もダウンタイムはつきものと言われています。
施術を受ける前に、どのくらいの期間ダウンタイムが続くのか、そしてどんな症状が出るのかをチェックしておけば色々と対策が取れますよ。
まず、施術後の痛みや腫れは1週間から2週間ほどが、ピークと言われていますね。
この期間内はできるだけ安静にしましょう。
痛みが強い場合は、鎮痛剤を飲んで対処します。
血流が良くなるような行動を行うと、より痛みや腫れが強く出るケースがあるので、運動などは絶対にNGです。
施術後、すぐにワイヤーの入っているブラジャーをしてしまうと、辛いかもしれません。
症状が治まるまでは、スポーツタイプのブラジャーがおすすめですよ。
また、脂肪注入法による豊胸手術では、内出血が起こる場合もあります。
ただ、内出血といっても個人差はありますし、打ち身をした時と同じく1週間から2週間程度で、自然と消えるので安心ですよ。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*