豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

セリューション豊胸のデメリット5個を解説

セリューション豊胸のデメリット

このページではセリューション豊胸について、マル秘情報を提供しています。

様々な豊胸手術の中にセリューション豊胸があります。脂肪を取り出し、その中の幹細胞を抽出し、その幹細胞を胸に注入する方法で、脂肪注入と比べてしこりもできにくく人気の方法の一つです。

そんなセリューション豊胸にもデメリットがあります。

セリューション豊胸のデメリット

セリューション豊胸のデメリットのマル秘とは?

コンデンスリッチ豊胸の美容整形についてまとめます。

効果・変化が少ない

やはり、バストアップの効果には個人差があり、シリコンバッグなどを胸に入れる方法に比べて効果・変化が弱いです。

痩せ型の人に不向き

痩せている人は、効果がなかなか出にくいというデメリットもあります。また、脂肪を取り出したものから幹細胞だけを取り出すので全ての脂肪を使えるのではないため、取り出した分の脂肪が再度胸に全て入るわけではないのです。そのため、胸に入る量は少ないので効果は、入る量だけとなってしまうのです。

デメリットにご用心。セリューション豊胸をしてしこり・石灰化になる原因は?

「しこり・石灰化」のデメリットについて。注入技術が低いとしこり・石灰化が出来ます。

セリューション豊胸を受けた場合、しこり・石灰化が生じるデメリットがあります。これは、バストへ局所的に脂肪を注入してしまうことが要因です。一箇所に大量の脂肪を注入すると、血液を介して栄養が十分に届かなくなります。

その結果、注入した脂肪が死んでしまい、白血球の一種が脂肪を捕食していきます。それで、石灰化、しこりが生じてしまうのです。
このような失敗を防ぐには、技術が優れた名医を見つける事が大事です。

「定着しない・吸収される」デメリットについて

セリューション豊胸を受けた場合、バストに脂肪が定着しない・吸収されるなどのデメリットがあります。この施術は、密度が高く、活性度の高い幹細胞を含んだ脂肪を使用するので、定着率は70%から80%といわれています。

ただ未熟な医師に任せると、一度に脂肪を多く注入してしまうので、脂肪の定着率が下がってしまうのです。よって、確実にバストアップしたいのならば、施術の経験が豊富な医師を見つけたほうが良いです。

「でこぼこ」のデメリットについて

セリューション豊胸を受けると、脂肪を注入した後に患部がでこぼことするデメリットがあります。これは、医師の腕が未熟で、あまり経験がないがために、脂肪を注入する際にまだらになってしまう事が失敗の原因です。胸の見た目が不自然になってしまうと、再手術で脂肪を取り除く必要があります。

このような失敗を起こさないためには、施術をお願いする医師の技術力が伴っているか確認する事が重要です。

セリューション豊胸の名医のご相談はこちら

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

信頼できる名医に任せる事がおすすめ

セリューション豊胸は、お腹、お尻などの脂肪を吸引して、吸引した脂肪に含まれる幹細胞を濃縮したものをバストに注入する再生医療のことです。

自身の脂肪を胸に入れるので、触り心地がよく、自然に仕上がると、女性から大人気の施術です。ただセリューション豊胸では、石灰化などのリスクが生じることもあります。確実にバストアップしたいのならば、名医を見つける事が大事です。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*