豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)の修正、大事なのはこのポイント

レイヤースイッチ法とは、最新の豊胸術であり、高度な技術を要する手術です。そのため、執刀できる医師は限られていて、成功すればこれまでにない画期的な技術なのですが、十分な技術を持ち合わせていない医師に当たってしまった場合、そのリスクは大きいでしょう。しかし、万が一レイヤースイッチ法を受けた人がこれは失敗じゃないかと感じたとき、修正をしてくれるクリニックが存在するのです。それほどにこの手術が難しいものであるという証明のようですね。1回目に受けた手術が失敗となれば、2回目は相当慎重にクリニックを選ばなければなりま。豊胸手術を受けたいという女性が後を絶たないと同時に、悪質なクリニックも後を絶ちません。自分が自分の身を守らなくてはならないのです。では、どんなクリニックが悪質でどんなクリニックが良心的で技術もあるのでしょうか?ここを間違えるとまた同じことの繰り返しになってしまいます。大事なポイントをみていきましょう。
レイヤースイッチ法の修正

最低でも2人以上の医師に診てもらった方がいい

まず、修正ができるかどうかの判断が必要なので、最低でも2人以上の医師に診てもらった方がいいでしょう。レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)で考えられる失敗例として、感染(化膿)、内出血、カプセル拘縮(体がバッグを異物とみなし排出しようとする作用のためにバッグが硬く変形すること)、効果や変化がはっきり感じられないなどがあります。カウンセリングを受ける際、自分の話を親身に聞いてくれるかということと、リスクに対する説明がきちんと成されているかということが大きい2つのポイントと言えるでしょう。修正といっても、ほとんどの場合バッグの入れ替えか除去の2択になるので、一度目のレイヤースイッチ法(豊胸バッグ)の手術よりも危険度や難易度がぐんと上がります。さらに、除去となるとバッグによって大胸筋や乳腺が長年圧迫されていた分、バッグを入れる前よりもバストが小さくなる可能性が高いです。そういったことも十分考慮してどんな修正方法をとるか医師と相談しましょう。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*