豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)で考えられるリスクって?

レイヤースイッチ法とは、豊胸手術のひとつであり、豊胸バックをバスト上部は筋膜下に、下部は乳腺下に挿入する方法を言います。豊胸手術には他にも大胸筋下法、筋膜下法、乳腺下法がありますが、筋膜下法と乳腺下法のいいところを兼ね備え、リスクを打ち消した手術法がレイヤースイッチ法だといえるでしょう。と言うのも、それぞれの手術法にはそれぞれ異なったリスクが存在します。例えば、大胸筋下法は深部に豊胸バックを挿入するため、見た目で豊胸手術がばれにくい反面、大胸筋をはがす大手術のため、ダウンタイムが長く、痛みも強いです。筋膜下法は大胸筋下法と比べてダウンタイムは短いですが、切開部分が乳首周辺になると傷跡が目立ちやすいです。乳腺下法については、感触が柔らかく、より自然な仕上がりになる反面、さらに浅い部分(大胸筋と乳腺の間)への挿入なので表面に浮き出る可能性があります。レイヤースイッチ法は、表面に現れやすい箇所は筋膜下に、それ以外は乳腺下にバックを挿入するためより自然に仕上げ、ダウンタイムも短くすることができます。
レイヤースイッチ法のリスク

リスクについて

次に、そんな素晴らしい新技術であるレイヤースイッチ法(豊胸バッグ)にもやはりつきまとうリスクについてご説明したいと思います。レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)は、実は高い技術が求められるため、施術できる医師が限られています。すなわち、手術をお願いする医師やクリニックを間違えると取り返しのつかないことになりかねないということです。これはとても怖いことですね。考えられる例として、感染(化膿)、カプセル拘縮(体がバッグを異物と認識し、バストが硬く変形すること)、術後も効果が感じられない、変化がないなどが挙げられます。こういったトラブルを回避するためにも事前にどういった手術でどんなリスクがあるのか、自分に合った手術であるかの確認と、カウンセリングやアフターケアが充実しているクリニックや医師を見つけることが一番重要です。クリニック選びの際は自分で目星をつけたクリニックを何件かまわり、話を親身に聞いてくれるか、リスクの説明をしてくれるかなど見極める必要がありますね。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*