豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)の効果でどのくらいの変化が見込める?

胸が小さくて悩んでいる女性は数知れません。豊胸手術を受けることで胸をサイズアップさせ、自身を手に入れる女性は多くいます。胸を大きくする手術にはいろいろな種類がありますが、最近注目されているのがレイヤースイッチ法と呼ばれるものです。両脇を数センチ切開し、インプラントを挿入することで胸をサイズアップさせます。最大の特徴は、従来の手術のデメリットをなくし、メリットを取り入れた手術法です。これまでの豊胸手術には筋膜下法や乳腺下法と呼ばれるものがありましたが、これらにはいくつかデメリットがありました。筋膜下法はバッグを乳腺の下にある大胸筋膜と大胸筋の間に挿入する方法、乳腺下法は乳腺と大胸筋の間にバッグを挿入する方法ですが、これらは痩せている人はバッグの形が目立ってしまったり、感触が不自然になることがありました。レイヤースイッチ法では、バスト上方はバッグを筋膜の下に、それ以外の部分は乳腺の下に挿入することで、自然な立ち上がりと感触や可動性を両立させる効果があります。
レイヤースイッチ法の効果

どんな人に効果的な施術法?

レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)は、やせ形体型で胸のサイズが気になる人や、加齢でバストが下がってしまい、デコルテ部分が痩せてしまった人などにも効果が見込める手術方法です。また、鳩胸気味で従来の手術方法ではバッグの形が目立ってしまうと言う人にも向いている術式と言えます。また、レイヤースイッチ法は、手術の安全面でもメリットがあります。日本の豊胸手術は脇の下を切開することが多く、バスト下を切開する海外と比べると視界が悪く、特に筋膜下の剥離には多くの知識と経験が必要でした。しかしレイヤースイッチ法では筋膜下にバッグを入れるのは脇の下の切開場所から直接見える上方だけなので、筋膜の破損や出血を防ぎ、安全な手術を行うことが出来るのです。
レイヤースイッチ法(豊胸バッグ)は高い効果を持つ手術方法ですが、手術を行える医師がまだ少ないというデメリットがあります。万が一失敗してしまうと再手術先を探すのも大変です。医師を選ぶときは、しっかりとした技術を持っている人を選びましょう。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*