豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

ピュアグラフト豊胸のデメリット6つのまとめ

ピュアグラフト豊胸のデメリット

このページではピュアグラフト豊胸について、マル秘情報を提供しています。

人気のピュアグラフト豊胸にデメリットはあるか?

ピュアグラフト豊胸は脂肪注入によるバストアップ術のひとつです。自分の体から抽出した脂肪を使用するため、アレルギーの心配がありません。

また、同じく脂肪注入法の一種であるコンデンスリッチ豊胸に比べるとコストが低いというメリットもあります。ピュアグラフト豊胸では、洗浄液を使って死活細胞や麻酔液、老廃物などの不純物を脂肪から取り除きます。

そのため純度の高い脂肪を注入することができ、脂肪が胸に定着しやすくなります。

ピュアグラフト豊胸のデメリット

ピュアグラフト豊胸のデメリットのマル秘とは?

コンデンスリッチ豊胸の美容整形についてまとめます。

不純物が混じることがある

遠心分離によって不純物を確実に破壊するコンデンスリッチ豊胸に対して、洗浄するだけのピュアグラフト豊胸では流れそこなった一部の不純物が残ってしまうことがあります。

成長因子まで除いてしまう

コンデンスリッチ豊胸では成長因子という必要なタンパク質を残すことができますが、ピュアグラフト豊胸では洗浄液によって成長因子までも除いてしまうというデメリットがあります。

効果・変化が無い

期待した以上のバストアップ効果・変化が無い症例があります。

意外と知らない?デメリット:定着しないってどういうこと?ピュアグラフト豊胸How to

「定着しない・吸収される」デメリットについて。

ピュアグラフト豊胸を受けると、施術後に脂肪が定着しない・吸収されるというデメリットがあります。これは、医師の技術が未熟で、お腹や太ももなどから脂肪吸収する際に質の良い脂肪を採取できないことが原因です。脂肪の質がよくないと、注入後に死活脂肪になりやすく、定着しなくなります。

ちゃんと豊胸の効果を得るには、施術の経験が豊富で、技術力が素晴らしい名医に治療を頼む必要があります。

「しこり・石灰化」のデメリットについて

ピュアグラフト豊胸を受けた場合、しこり・石灰化が起こるデメリットがあります。基本的に幹細胞を使用する施術なので、しこりになる可能性はほとんど無いです。なのに「しこり・石灰化」が起こる要因は、医師の技術が未熟であるためです。

通常、トラブルが起こらないように、脂肪を注入する際に時間をかけて行う必要があります。ただ未熟な医師の場合、一気に脂肪を入れてしまいがちです。すると、リスクが高まるので、信頼できる医師を見つける事が大事です。

「でこぼこ」のデメリットについて

ピュアグラフト豊胸を受けると、患部がでこぼこになるというデメリットがあります。これは、他の部位から採取した脂肪をバストに注入する際に、適切な場所に適切な量の脂肪を注入できなかった事が要因です。詰まり、技術が未熟な医師に任せると、患部がきれいに仕上がらなくなります。

このようなリスクを減らすには、絶対にピュアグラフト豊胸の治療実績が多い医師に治療をしてもらうことが大事です。

施術を受ける際は名医に依頼すること

ピュアグラフト豊胸とは、濃度の高いピュアな脂肪を注入することでバストアップができる整形です。メスで皮膚を切る必要もなく、注射で脂肪を注入するだけなので、体への負担も余りありません。

よって、バストアップしたい女性に大人気の施術です。ただ施術経験が未熟な医師に任せると、思うように効果が得られません。そこで、当相談所では名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*