豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

ピュアグラフト豊胸の失敗

セリューション豊胸の失敗

このページではピュアグラフト豊胸について、マル秘情報を提供しています。

ピュアグラフト豊胸の失敗は起こるもの?でしょうか。

ピュアグラフト豊胸が失敗することはめったにありません。しかし、極稀に失敗が起こります。

ピュアグラフト豊胸の失敗

セリューション豊胸の失敗例

コンデンスリッチ豊胸の美容整形における失敗例についてまとめます。

定着率・生着率が悪い

代表的な失敗例が、自分の胸に自分の脂肪細胞を注入していく際に、注入した脂肪細胞に血液や栄養がうまくいかず、自分の体に脂肪細胞が定着することができないことです。ピュアグラフト豊胸で注入する脂肪の一部は、定着しない・吸収される可能性があります。

脂肪の品質によって、定着率が大きく変わるため、よい脂肪を入れることが可能なクリニックを選択することをおすすめします。クリニックによって、他の所と差をつけるために独自の技術を導入しているところもあり、脂肪の定着率が高いところもあるため、さまざまな情報を集めてよい環境の所を選ぶことが重要になっています。

しこりや石灰化

ピュアグラフト豊胸をした場合には、しこり・石灰化が起こるリスクもあるため、しっかりと治療を施してくれるクリニックを探すことが重要です。胸を大幅に大きくする治療をするために脂肪をたくさん入れた場合に、しこり・石灰化が起こりやすくなるため、リスクなどを確認してから脂肪を注入する量を調整してもらうことをおすすめします。脂肪を入れる部分などによって、しこりができる可能性も変わるため、よい医師に治療をしてもらうことが大切です。

しこりや石灰化が起こってしまえば、再び脂肪注入を行う必要がでてきます。さらに、ピュアグラフト豊胸は脂肪を注入するため、定着しなければ、バストサイズや形がキープできる豊胸手術ではありません。

後戻り

中には、2ヶ月後には元に戻ってしまった、という報告もあります。クリニックや担当する医師の腕により、半永久的に効果が続くかどうか、その効果は変わってきます。失敗しないピュアグラフト豊胸のためには、十分なリサーチが必要です。

知っておいてほしい、ピュアグラフト豊胸の失敗。でこぼこになるってなんでなの?

ピュアグラフト豊胸は、胸に大幅に脂肪を入れると、胸の急激な変化などによって、でこぼこしたような皮膚になることもあります。また、脂肪を採取した場所もでこぼこした状態になることもあるため、脂肪を採取する量や、入れる量を適切なものにしてもらえる医師に治療を依頼することをおすすめします。でこぼこした肌は、修正することもできるため、修正をするような技術のあるクリニックで行うことも重要です。

ピュアグラフト豊胸の失敗

セリューション豊胸の名医のご相談はこちら

ピュアグラフト豊胸は、脂肪を体から採取して、特殊な機械にかけてよい脂肪を取り出して、胸に入れるような治療法になっています。とても質が良い脂肪細胞を胸の中に入れることが可能になっていて、クオリティーが高い治療法になっているため、人気が高くなっています。

しかし、医師の治療技術によって、胸の仕上がりが変わってくるため、名医を探して治療を頼むことがとても大事になっていて、きれいに仕上げる近道になっています。

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*