豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

ピュアグラフト豊胸の失敗3つと修正手術が上手い病院のご紹介

このページではピュアグラフト豊胸について、マル秘情報を提供しています。

ピュアグラフト豊胸について,「ピュアグラフト豊胸」は豊胸施術のひとつです。

ピュアグラフト豊胸のメリットとしては自身の脂肪を使用するので、アレルギーの心配をすることがないことや自然な見た目に仕上げられること、傷跡がのこらない、短時間で終わることなど様々あります。

ピュアグラフト豊胸ではフィルターを使用します。フィルターで二重に不純物を取り除くことで安全に高い効果を期待することができます。

ピュアグラフト豊胸を受けたあとには痛みがあることがあります。その際には痛みのある箇所を冷やすことで痛みを和らげることができます。

ピュアグラフト豊胸の修正

上手な医師・クリニックの特徴

ピュアグラフト豊胸による施術では、局所麻酔を施していきますが、体質によっては痛みを感じていく場合も珍しくはありません。

術後のダウンタイムも、人によって様々になり、クリニックを選んでいく場合には、慎重に選んでいくことも大切です。

体内から抽出した脂肪分を注入していくとは言っても、クリニックによっては定着率も低く、施術後のダウンタイムが長引いていくだけではなく、型崩れを引き起こす可能性もありえます。

これからピュアグラフト豊胸を受けていくことを考える場合は、経験が豊かな、技術のあるクリニックを選んでいくことが大切になっていきます。

費用の面で考えても、クリニックによって、大きなバラツキが生じていくのも事実です。

胸全体に脂肪を注入していくのは、相応の料金が掛かっていくようにもなります。

ピュアグラフト豊胸によるバストラインの修正施術を行っていくには、遠心分離機等の機器が最新のものを使用しているような、高い技術料を誇っているクリニックを探していくことが大切になっていきます。

多くのクリニックから、自分にあった施術を行っていけるクリニックを選び、確実に綺麗なバストラインを得ていけるように心がけていきましょう。

ピュアグラフト豊胸の失敗

ピュアグラフト豊胸の失敗例

コンデンスリッチ豊胸の美容整形における失敗例についてまとめます。

定着率・生着率が悪い

代表的な失敗例が、自分の胸に自分の脂肪細胞を注入していく際に、注入した脂肪細胞に血液や栄養がうまくいかず、自分の体に脂肪細胞が定着することができないことです。

ピュアグラフト豊胸で注入する脂肪の一部は、定着しない・吸収される可能性があります。

脂肪の品質によって、定着率が大きく変わるため、よい脂肪を入れることが可能なクリニックを選択することをおすすめします。

クリニックによって、他の所と差をつけるために独自の技術を導入しているところもあり、脂肪の定着率が高いところもあるため、さまざまな情報を集めてよい環境の所を選ぶことが重要になっています。

しこりや石灰化

ピュアグラフト豊胸をした場合には、しこり・石灰化が起こるリスクもあるため、しっかりと治療を施してくれるクリニックを探すことが重要です。

胸を大幅に大きくする治療をするために脂肪をたくさん入れた場合に、しこり・石灰化が起こりやすくなるため、リスクなどを確認してから脂肪を注入する量を調整してもらうことをおすすめします。

脂肪を入れる部分などによって、しこりができる可能性も変わるため、よい医師に治療をしてもらうことが大切です。

しこりや石灰化が起こってしまえば、再び脂肪注入を行う必要がでてきます。さらに、ピュアグラフト豊胸は脂肪を注入するため、定着しなければ、バストサイズや形がキープできる豊胸手術ではありません。

後戻り

中には、2ヶ月後には元に戻ってしまった、という報告もあります。

クリニックや担当する医師の腕により、半永久的に効果が続くかどうか、その効果は変わってきます。

失敗しないピュアグラフト豊胸のためには、十分なリサーチが必要です。

知っておいてほしい、ピュアグラフト豊胸の失敗。でこぼこになるってなんでなの?

ピュアグラフト豊胸は、胸に大幅に脂肪を入れると、胸の急激な変化などによって、でこぼこしたような皮膚になることもあります。

また、脂肪を採取した場所もでこぼこした状態になることもあるため、脂肪を採取する量や、入れる量を適切なものにしてもらえる医師に治療を依頼することをおすすめします。

でこぼこした肌は、修正することもできるため、修正をするような技術のあるクリニックで行うことも重要です。

ピュアグラフト豊胸の失敗

ピュアグラフト豊胸のトラブル修正は難しい

豊胸脂肪注入の美容整形でトラブルが起きてしまった際の修正の原因についてまとめます。

ピュアグラフト豊胸は、脂肪を注入する施術として多くの方が治療をしています。

体内から脂肪吸引をした脂肪分を、余分な血液等の不純物を取り除いた形で、純度の高い脂肪分に変えた後に、胸に注入していくというピュアグラフト豊胸によるバストラインの修正施術を受けていくことで、生着率の高い、綺麗なバストラインを形成していくことが出来るようになります。

シリコンバッグを注入するよりも、違和感や副作用を生じることも無い、美しいバストラインを形成していくことができ、自慢のボディラインを作り上げていくことが出来るようになっていますが、体質によっては、施術後に型くずれを生じていく場合もあります。

豊胸に興味はあっても、実際に胸に異物を混入していくのは抵抗があったりすることでしょう。

切開を行わず、注射針での脂肪注入になっていくため、施術後の傷跡が残っていくこともなく、ダウンタイムも少ないですが、クリニックによっては、術後に時間が経過してしまうと、左右のバストサイズが違っていったりと、副作用が生じていく場合もありえます。

ピュアグラフト豊胸の施術を受けていく場合には、自分の体質にあったクリニックを選んでいくことが大切になります。

ピュアグラフト豊胸の修正のマル秘その1 定着・生着しない

定着しない場合には再度施術が必要になるといったことがあげられます。

ピュアグラフト豊胸の修正のマル秘その2 しこりや石灰化

デメリットや修正点としてしこりが残る可能性があります。

ピュアグラフト豊胸の修正のマル秘その3 左右差

左右差が生じてしまった場合には、再度ピュアグラフト豊胸を行うなどの修正が必要となります。

ピュアグラフト豊胸の名医のご相談はこちら

ピュアグラフト豊胸は、脂肪を体から採取して、特殊な機械にかけてよい脂肪を取り出して、胸に入れるような治療法になっています。

とても質が良い脂肪細胞を胸の中に入れることが可能になっていて、クオリティーが高い治療法になっているため、人気が高くなっています。

しかし、医師の治療技術によって、胸の仕上がりが変わってくるため、名医を探して治療を頼むことがとても大事になっていて、きれいに仕上げる近道になっています。

バストの美容整形をご希望の方は、名医のご紹介から失敗しないポイントまでをアドバイスしておりますのでご連絡ください。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

ピュアグラフト豊胸の施術を受けて、バストラインの修正を施していく場合は、口コミ等を参照して、自分にあったクリニックかの判断を行っていくことが大切です。

様々な口コミが掲載されていますが、実際に自分の体質にあっているか迄は分からないケースが多いはずです。

シリコンバッグを注入するような異物混入を行う施術とは違い、自然成分の注入による施術ではありますが、確実に綺麗なバストラインを形成していくには、自分の体質にあった施術を行っていけるクリニックを探していくことが大切になっていきます。

料金の面も含め、自分にあったクリニックを探している場合には、一度、相談をしてみてください。

自分の理想のバストラインを手に入れていけるように、多くの症例を元に判断を行い、最適な修正を出来る、おすすめのクリニックを紹介していきます。

手頃な料金で確実に綺麗なバストラインを手に入れていくことができ、男性にも自信を持っていけるような、豊かなバストが手に入っていくようになります。

豊かなバストを手に入れていくことで、男性にも自信を持って接することが出来る、魅力的なボディラインを手に入れていくことができます。

失敗しないために当相談所で名医のご紹介を受けてみましょう。ご相談は下記よりどうぞ。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*