豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

PPPジェル豊胸のアフターケア、その重要性知ってる?

PPPジェル豊胸は、体に異物を入れることなく注射だけで手軽に受けることができるバストアップのための施術です。シリコンバッグを入れるとなれば脇の下にメスを入れることになるためにしばらくはつらいダウンタイムに悩むことになり、ヒアルロン酸を注入するとなるとバストがかたくなって触った時に違和感があるということもよくあるケースです。しかし、PPPジェル豊胸では自然な仕上がりでダウンタイムも少なく、手軽に受けることができるプチ整形でもあります。半永久的な効果はありませんが、施術時間はたったの40分程度なので苦痛にもなりません。
PPPジェル豊胸は、受けた後のアフターケアも重要です。自分の血液から作られた成分をバストに入れることからアレルギー反応の心配もなく比較的安心して受けることができる方法ではありますが、全ての人に安全とは言い切れないものであり、ちょっとした手入れ次第で仕上がりやダウンタイムも変わってきます。

PPPジェル豊胸のアフターケア、その重要性知ってる?

日帰り利用が可能

PPPジェル豊胸施術は、入院をする必要もないので日帰り利用が可能であり、通院の必要もありません。しかし、アフターケアを怠らないことが重要になります。
PPPジェル豊胸では、自分の血液から成分を抽出して加工されたものをバストに入れるという方法でもあるため、大量な採血が行われます。それによって貧血を起こしたり吐き気やめまいがするという人もいます。そうならないように、水分は十分に摂取することが重要です。
また、成分がバストに安定するまではバストに負荷をかけるようなことは避けなければなりません。ブラジャーでは、アンダーバストにワイヤーの入っているタイプは下や脇から持ち上げるためにバストに大きな負担を与えてしまいます。三週間程度はノーワイヤーのブラジャーで過ごすようにします。
他にも、血液の流れを良くしてしまえば内出血が進んでしまう可能性があります。入浴や飲酒、運動などはしばらく避けて安静にするようにします。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*