豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

豊胸バッグ・シリコンプロテーゼの入れ替え

豊胸バッグ・シリコンプロテーゼの入れ替え 美容整形・手術・治療

バスト・豊胸の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

豊胸バッグの入れ替えですが、挿入された豊胸バッグの耐用年数がによって寿命が変わるでしょう。

満足しないのであれば、入れ替えが必要になります。

そう簡単に入れ替えることは出来ません。やはり入れ替えにもリスクが伴ってきます。

デザイン上の不満足であれば、健康上の問題はないですが、
健康上の問題が起きてしまうことも考えられます。

健康上の問題があっては確実に失敗です。
早めに対処を取らなければ悲惨なことになってしまいます。

豊胸手術を行ってからもアフターケアはとても大切です。
アフターケアもしっかりと行ってくれる医師選びも大切になります。
名医を選ぶ事が非常に大切となります。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。

ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

豊胸バッグ・シリコンプロテーゼの入れ替え

豊胸バッグ・シリコンプロテーゼの入れ替え 症例写真

症例画像①

豊胸バッグ・シリコンプロテーゼ失敗・修正・再手術

豊胸・バストアップの美容整形はバストアップ、豊胸手術はシリコンバッグ、脂肪注入(コンデンスリッチ、セリューションシステム、幹細胞脂肪注入)、ヒアルロン酸などが考えられます。

入れ替えの際には豊胸の効果を維持したい方は、バッグ入れ替えだけでなく、バッグ抜去後の脂肪注入やヒアルロン酸注入など、他の方法での豊胸を行うことも可能です。アフターケアがしっかりとしているクリニックを選択しなければ失敗してしまいますので注意が必要です。

技術が低いクリニック・ドクターで手術をしてしまうと入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなってしまいます。
是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

入れ替えの効果・仕上がり・アフターケア

バスト・豊胸の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、バストの形状・傷跡・触感を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

女性にとってバストの悩みは永遠のテーマです。サイズが小さいことで悩んでいる女性はたくさんいます。

ジャケットやコートなどを着こむ冬はまだ目立ちませんが、薄着の季節になると、露出度の高い服を着る機会も多くなるので、悩む人も多いのではないでしょうか。

露出度の高い洋服も自信を持って着こなしたいと思っても、自力でバストサイズをアップするのはなかなか難しいものです。効果的にサイズアップしたいなら、美容外科での美容整形手術が一番効果的です。

手術をうければ、りあ(小悪魔ageha)のようなボリュームのあるバストにすることも可能です。

豊胸手術といえばすぐに思い浮かぶのが、シリコンバッグ豊胸です。シリコンのバッグを入れることで、2~3カップと確実にサイズアップすることが可能です。豊胸バッグのサイズは小さいものから大きなものまであるので、自分の希望のサイズにすることができます。

しかし、異物を挿入するので、拘縮が起きて硬くなる可能性があるというデメリットもあります。

異物を挿入するのに抵抗がある人に選ばれているのが、コンデンスリッチ豊胸というの脂肪注入豊胸です。自分の身体から脂肪吸引によって抽出した脂肪を胸に注入する手術で、 シリコンバッグのように拘縮が起こる可能性がなく、感触や見た目も自然に仕上がるというメリットがあります。

しかし、脂肪注入による豊胸手術では、手術後、吸収されてなくなってしまう分もあるので、どのくらいの大きさになるかを予測することができません。目安としては半カップから2カップの範囲のサイズアップとなるので、少しだけ大きくなれば良いという人に向いています。

どの施術にもメリットとデメリットがありますが、何より大切なのは医師の腕です。失敗すると修正が難しいので、医師選びは慎重に行いましょう。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

入れ替えのトラブル・リスク・デメリット・後遺症・ダウンタイム・腫れ

バスト・豊胸の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。

技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。バスト・豊胸の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。

ご相談窓口でも説明いたしております。腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。

ダウンタイム中に外出をしなければならない場合には、マスクなどで隠す事をお薦めいたします。

また、術後間もない時期はスポーツブラは可能ですが、ワイヤーブラは推奨されません。
ダウンタイム中は薄いコラーゲンの被膜(カプセル)は出来かけている状態であり、強い衝撃を与えるとバッグ(プロテーゼ)の位置や脂肪の位置がずれてしまうためです。

ワイヤーブラは術後、3カ月以後に使用する様にしてください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*