豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

胸を大きくする整形のトラブル・リスク・デメリットを3つ解説

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入の美容整形・手術・治療

バスト・豊胸の整形でトラブルを起こしてしまう事は考えられます。

技術が低いドクター・クリニック、衛生管理の甘いクリニックですと、失敗を生み出してしまいます。

そこで、よりリスクを回避した治療やクリニック選びをご相談窓口では提案しております。ご希望の方は遠慮なくお問い合わせいただければと思います。

胸を大きくする整形のトラブル・リスク・デメリットを3つ解説

胸を大きくする整形の修正の悲惨な失敗例

胸を大きくするための整形は、豊胸バッグを使ったり脂肪注入、ヒアルロン酸注入などによって行われることが増えています。

バッグは安全性が高まり、破損することが少なくなっていますが、昔に入れたものが破損したり、加齢によって胸の形が悪くなり、バッグを取り除きたい、医師の技術が低く、リップリングが起きてしまったなどのトラブルで、修正を希望する人もいます。

豊胸を修正する際にも初めの手術と同様に、豊胸バッグを使うか脂肪やヒアルロン酸の注入で整えるかになり、バッグを取り除かずに脂肪やヒアルロン酸の注入で形を整えていく方法もありますが、修正のトラブルとして形が崩れてしまったり、注入したことによる感染症や石灰化などが発生してしこりができてしまうケースもあるため、注意が必要です。

トラブルが起きてを修正する必要ができてしまった場合でも、胸を大きくすることをあきらめず整形する場合には、リスクに対応できる技術ある医師のもとで受けることが大切になります。

失敗したショックがあるところにさらに失敗すると心も体も負担が高くなってしまいます。

少しでも不安要素を取り除き、最初に施術を受けたクリニックが信頼できないのであれば、他院修正を行っているクリニックに行くとよいでしょう。

上手な医師・クリニックの特徴

万が一、失敗した施術に対する修正を行うときには、よく状況を確認して胸を大きくするために行った整形に対するアプローチ方法を検討してくれます。

豊胸バッグがよくない位置にあったり、破損、リップリングを起こしているのであれば一度取り出し、別なバッグを再挿入して形を整えることが可能です。

取り出す際には、アンダーバストの目立たない位置からアプローチを図ったり、乳輪に沿って切開するなど、挿入されている位置などを検討して決めます。

左右の形が違ったり、ボリューム不足、加齢による下垂といったトラブルの修正に対しては、納得できるサイズに大きくするため脂肪注入やヒアルロン酸注入で、胸の形やボリュームを見ながら、気になる部分にだけ入れて、できるだけ負担が少ない施術を試みてくれます。

しこりがあり、石灰化していたり乳腺にのう胞ができているようなときには、しこりの除去を行ってから再度理想の胸に近づけるように大きくする整形を実施し、適切なアフターフォローを行うことが可能です。

数多くの症例をこなしているため、トラブルに対して適切な対応ができて、修正に再修正が必要になることがないよう、診察から手術の選択まで丁寧に行ってくれるため、信頼が持てます。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果

胸を大きくする整形のトラブル・リスク・デメリット

豊胸手術を行っているクリニックは数多くございますが、医療ミス・術後のトラブルの口コミ・体験談は後を絶ちません。 現在もなお、技術が低いドクター・管理体制の杜撰なクリニックが手術を行っている現状があり、社会的な問題となっています。

こういった失敗を回避するための介助として、美容整形の相談所では全国のドクターへの取材を元に、これまで累計2万名以上のご相談をしてきた実績があります。

特にバストアップ、豊胸手術はシリコンバッグ、脂肪注入(コンデンスリッチ、セリューションシステム、幹細胞脂肪注入)、ヒアルロン酸などの手術は人気の治療方法です。このサイトではこれらの整形において起こり得るトラブル・リスクを解説し、名医をご紹介致しております。

胸を大きくする整形のデメリットまで丸わかり◎バストアップ効果が無いこともある

期待したほどのバストアップ効果が無いこともあります。

胸を大きくする整形の中でも、ダウンタイムも少なく、体への負担が小さいとして人気があるプチ整形ですが、ヒアルロン酸注入をはじめとしたプチ豊胸手術では、1カップ以上のサイズアップは難しいと言われています。

また、効果の持続性も長くはなく、数か月で元のサイズに戻ってしまうケースも少なくありません。すぐに体に吸収されてしまう場合もあり、大きくバストアップを図りたい場合には不向きです。

プチ豊胸手術といわれるもののデメリット

バストアップを図りたいけれども、メスを使って切るのは怖い、といった方に喜ばれている、ヒアルロン酸豊胸などの胸を大きくする整形手術では、どうしてもしこり・石灰化を起こしてしまうリスクがあります。

これは体質や、注入する量にもよりますが、一か所に多く入れないといった方法により回避できるケースもありますが、それでも小さなしこりがたくさんできてしまうこともあります。自身の血液を遠心分離して注入する方法が、最もリスクが低いです。

被膜拘縮(カプセル)ができてしまうリスク

胸を大きくする整形手術の中でも、痛みを伴いますがmシリコンバッグなどを挿入する方法では、かなりのやせ形の方でも、2カップ以上バストアップすることが可能です。

しかし、術後のマッサージを怠ってしまうと、被膜拘縮(カプセル)を起こしてしまうリスクが高まり、バストが固くなってしまいます。こうなると、取り出して入れなおすしかないので、術後は痛みがあっても、しっかりとマッサージをしなければなりません。

豊胸バッグ・コンデンスリッチ脂肪注入の失敗・修正・再手術

豊胸・バストアップの美容整形はバストアップ、豊胸手術はシリコンバッグ、脂肪注入(コンデンスリッチ、セリューションシステム、幹細胞脂肪注入)、ヒアルロン酸などが考えられます。

技術が低いクリニック・ドクターで手術をしてしまうと入れ替え・修正・再手術をしなければならなくなってしまいます。
是非、はじめから失敗しないために名医を選択して頂く事が大切です。

こだわる名医は必要であればドレーン、抗生剤点滴2種類などを使うなどして感染率を限りなく0%にする事が出来ます。

胸を大きくする整形の効果・仕上がり・アフターケア

バスト・豊胸の美容整形の効果・仕上がりを評価する上では、バストの形状・傷跡・触感を確認する必要があります。
整形をした事がばればれの形であったりすると綺麗とは言えません。

胸を大きくする整形の後遺症・ダウンタイム・腫れ

バスト・豊胸の美容整形におけるトラブル・リスク・デメリットが付き物です。
技術が低いドクター・クリニックを選択しますと、そのリスクを最大化してしまい失敗してしまいます。

バスト・豊胸の美容整形と言っても様々な術式がありますので、治療を受けられる前に名医条件を理解して下さい。
ご相談窓口でも説明いたしております。

腫れ・ダウンタイムについては、本格的な整形のダウンタイムはおよそ2週間程度、プチ整形であれば1週間程度必要です。

豊胸手術は医師の腕とセンスが重要、経験豊富なドクターがおすすめ

いずれにしても、豊胸手術を成功させたいならば、経験を積んだベテランドクターに担当してもらうことが大切です。自分の仕上がりのイメージを明確にし、それぞれのメリット、デメリットを正しく理解し、また自分の体形に合った手術法を見極めてもらうようにしましょう。

やせ形の方と、脂肪がある方は、仕上がりにも触り心地にも差があるので、事前のカウンセリングを納得できるまで受けることが大切です。

「上手いクリニック」「おすすめの病院」の紹介はこちらから

昔は手術の技術が低かったり、挿入するバッグの品質が悪かったことから、修正が数多く行われてきましたが、最近では医師のミスがない限りはそれほど危険な手術ではなくなってきています。

最初にお願いする医師選びがとても重要であり、理想を実現できる知識や手術の技術だけでなく、患者の話をよく聞いてデザインを行ってくれるか確かめることも、修正するリスクを軽減させるためには大切なことです。

優れたバッグが使われていても、挿入する位置によって、不自然に見えたり、ボリュームが不足する、左右のバランスが悪くなるといったことが起きますし、注入したものが流れて変化を感じないといったことも起きるケースがあります。

丁寧な施術ができない医師に手術を行われてしまうと、ボリュームが出ても見た目が悪くなる可能性があります。美乳で自然な形に仕上げてもらうためにも、医師選びは慎重に行いましょう。

当相談所では、おすすめのクリニックを紹介することが可能です。

胸を大きくする整形でどんな術式で行ってもらうべきか決めかねている人も、修正が必要になってまた失敗したくないので困っている場合なども名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*