豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳頭縮小術のリスクを理解しよう【重要2項目】

バストの大きさに比べて乳頭のバランスが大き過ぎたり、授乳後に乳頭が大きくなりすぎて戻らなくなってしまった倍などに行う施術が乳頭縮小術です。乳頭縮小術を行うことで、大きすぎてしまった乳頭が小さくなり乳房とのバランスが良くなったり、乳頭が目立つことがなくなったりするだけでなく、自分の希望の形やサイズにすることも可能です。

ただ、切開して行う施術であるため、当然リスクは付きまとうと思ってよいでしょう。
では、乳頭縮小術を行う上でのリスクとはどんなことが考えられるのでしょうか。

施術には高度な技術力が求められるので、技術力の高い経験豊富な医師のもとで施術を受ければ施術におけるデメリットなどは少ないといえますが、実際にどんなリスクがあるのか理解しておかないと「こんなはずじゃなかった」と後で後悔する羽目になることも考えられますので、失敗や修正による悩みなどを抱えないためにもどんなことがあるのか考えてみましょう。

乳頭縮小術のリスク

施術を受けるクリニック選びには細心の注意を

乳頭縮小術を行うことで、大きすぎて目立ちやすい乳頭が小さくなり、また自分の理想的な形やサイズにすることも可能です。
料金相場としては片側15~20万で、女性だけに限らず乳頭が大き過ぎて悩んでいる男性にも有効な施術です。

ダウンタイムは1~2週間ほどでしばらく腫れが続きますが徐々に落ち着いてくるのでしょう。
乳頭縮小術におけるリスクとは、仕上がりが左右の大きさが違ってしまうことがあるので施術を担当するドクターに高度な技術力が求められます。

特に、母乳を通過する管である乳管を施術の際に傷つけてしまうと、将来出産して赤ちゃんに授乳するときにうまく授乳ができなくなる恐れがあるので施術を受けるクリニック選びには細心の注意を測って慎重に選ぶのが良いでしょう。

もし、あまり技術のない医師に施術されてしまうと失敗して修正を行う必要が出てきますし、取り返しのつかないことになる可能性もありますので、安易に費用の面だけでクリニックを選ばないようにするのが望ましいといえます。

乳頭縮小術のリスクを理解しておかないと…?

口コミから見る、乳頭縮小術が評判なクリニック

生まれつき乳首が大きかったり、妊娠・出産を経て授乳が原因で乳首が肥大してしまうなどの悩みを抱える女性は多くて、乳首が大きいと遊んでいる女のように見られてしまったり老けた印象を与えるので、乳頭縮小術を受けることできれいな形の乳首を取り戻すことが可能です。

評判の美容外科では、デリケートな乳首の組織に配慮して丁寧な施術をしてもらえるので乳管を保護して今後授乳をする可能性がある人でも安心して乳首を整形することができます。2~3時間の手術で日帰りができますが、完全に回復するまでは術後の検診を定期的に受けたり出血が止まらないなどトラブルがある場合には速やかに医者の診断を受ける必要があるので、信頼できるクリニックで施術をすればアフターケアの体制も万全で完治するまでしっかりと面倒を見てもらえるので安心です。上手な先生なら傷口もほとんど残らずきれいに仕上げてくれるので、簡単に理想の乳首になることができます。

クリニックで乳頭縮小術を受けるときの値段は、安い病院だと片方で6~7万円くらいです。麻酔料や事前の健康診断などに別途料金がかかることもあるので事前に確かめておきましょう。評判のよいクリニックは無料でカウンセリングを行っているのでまずは相談だけでも受け付けてもらえて、具体的な手術の方法について説明してもらったり実際の例を見ながら最適な施術について教えてもらえます。あまり施術経験のない美容外科で行うと乳頭の組織を傷つけてしまい授乳ができなくなるような失敗例もあるので、今後妊娠・出産を予定している人は細心の注意が必要です。

上手な医者ならわずかな切開だけできれいに乳首の形を整えてくれて、10日程度で抜糸ができるので回復も早くて傷跡が残りません。乳頭縮小術を受ければ人前で裸になるときのコンプレックスが解消されて生活をもっと楽しめるようになるので、生まれつき大きな乳首で悩んでいたり授乳や加齢で形が変化してしまったときには検討してみましょう。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*