豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

腫れは?内出血は?乳頭縮小術のダウンタイム

乳頭が大きいと、裸になったときにかなり目立つものなので、何とかしたいと思っているなら、美容外科へ行って、乳頭縮小術を受けるようにしてください。
乳頭肥大の原因は遺伝による先天的なものもありますが、妊娠や授乳によっても大きくなってしまうので、性体験が豊富で、遊んでいるかのように見られる人も少なくありません。
結婚前の女性にとって、そんなふうに思われることほど嫌なことはないので、早めに美容外科でカウンセリングを受けて、乳頭縮小術を受けるようにしましょう。
乳頭縮小術は、2~3時間で終わる手術ですが、体にメスを入れなければならないので、それなりのダウンタイム期間があります。
腫れや内出血が一か月ほど続くこともありますが、じきに治まるので心配することはありません。
アフターケアの整った美容外科に通っていれば、ダウンタイム期間が長引いた際、適切に対処してくれるので安心です。
手術は出来るだけ実績豊富な名医に任せるようにしましょう。

腫れは?内出血は?乳頭縮小術のダウンタイム

手術の流れ・アフターケアについて

乳頭縮小術の流れについては、まずはカウンセリングで詳しい説明があり、そこで手術を受けるかどうかの確認が行われます。
承諾したら、実際に手術が行われますが、局所麻酔を施してくれるので、術中の痛みについては心配することはありません。
乳頭が伸びて、長くなっている場合は水平に切除し、適度な長さに整えます。
乳頭が短く、太くなってしまった場合は側面の一部を切除して、スリムにするので、術後は長いとか、太いなどとは思われなくなります。
術後は入院の必要はなく、日帰りで行えるので、乳頭の大きさが気に入らないときはチャレンジするようにしてください。
乳頭縮小術のダウンタイム期間については、切開したときに出来た傷は、およそ10日もすればわからなくなります。
この部位は出血しやすいので、1カ月ほどは内出血があったり、腫れたりしますし、痛みもありますが、徐々に回復するので安心するようにしましょう。
手術の翌日より、シャワーを浴びることは出来ますが、患部を濡らさないよう、防水テープを使用する必要があります。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*