豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳頭縮小術のアフターケアが大事な理由

バストの悩みで多いものに、バストが小さい、下がってきたなどの形や大きさによる悩みも多いですが、それだけではなく、女性は乳輪や乳頭の大きさや美しさにこだわる人も多くなっています。特に乳頭が大きすぎることで悩む人も多いですが、こうした悩みも乳頭縮小術という治療を行えば、小さく、美しく整えることができます。乳頭の肥大は先天的なものである場合と、授乳などの影響による後天的なものがありますが、いずれの場合も乳頭縮小術で対応することができます。美容整形の中では比較的簡単な治療となりますが、理想の大きさ、形にするためにはやはり技術の高い医師に担当してもらうことが大切です。そしてカウンセリングの際は希望はしっかりと伝えておきましょう。治療自体は短時間で行うことができ、入院の必要もありませんが、デリケートな部分の治療ですので、アフターケアが悪いとトラブルが起きてしまう可能性もあります。治療後のトラブルを防ぐためにも、アフターケアまでしっかり対応してくれる医療機関を選んでおきましょう。

乳頭縮小術のアフターケアが大事な理由

トラブルが起きた場合は早めに診察

乳頭縮小術は局所麻酔で行うことができ、治療部位を濡らさなければシャワーも翌日から利用できるようになります。
乳頭縮小術は一週間から10日ぐらいで抜糸が行われ、抜糸翌日からは入浴も可能となります。
治療自体は比較的簡単に行うことができますが、技術の未熟な医師が担当すると左右差ができてしまったり、形がいびつになってしまうこともあります。さらに傷跡が目立ってしまうとまた別の悩みが発生することとなってしまいます。
そしてアフターケアが良くないと乳頭の感覚が麻痺したり、感染や皮膚の壊死が起こってしまうこともありますので、医師の指導に従い、アフターケアはきちんと行っておきましょう。
そして何らかのトラブルが起きた場合は早めに診察を受けることも大事です。リスクを抑えるためにもアフターケアまでしっかり対応してくれる医療機関を選ぶことも大事です。
乳頭縮小術を行うことで、将来の授乳に影響してしまうこともありますので、メリットだけではなく、リスクもよく理解して悩みを解消していきましょう。

バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*