豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳腺下法(豊胸バッグ)を受ける前にデメリット3つをご紹介

胸を大きくしたいと思ったときに行うことができるのが、正しいサイズの下着を身に着けたり、食生活に気をつける、グッズやサプリメントを利用したり、マッサージを行ったりすることなどの対策を行えます。

これらは健康面から考えても効果的な方法ともいえますが、確実に大きくなるという保証はない方法です。
しっかり胸を大きくしたいというときに行うのが豊胸手術があげられます。

豊胸手術と一言でいってもさまざまな方法がありますが、その方法のひとつが乳腺下法になります。

乳腺下法とは、人工乳腺やプロテーゼ、インプラントなどの豊胸バッグによる手術方法のひとつで、乳腺の下、乳腺と大胸筋の間に挿入して胸を大きくします。一般的には、ワキの下あるいは乳房の下のを切開してバッグを挿入して処置をします。

メリットも多くある方法ですが、デメリットもある方法ですので、しっかりメリットだけではなくデメリットも知ってから施術を受けることが大切です。

乳腺下法での豊胸のデメリット

乳腺下法(豊胸バッグ)のメリット

乳腺下法(豊胸バッグ)のメリットは、筋肉よりも豊胸バッグが上にくることによって大胸筋下法という施術方法よりも柔らかい感触になることです。

また、手術後は痛みや腫れはありますが、大胸筋下法に比べると手術後の症状は軽い傾向があるのが一般的です。

乳腺下法(豊胸バッグ)はメリットだけではなく、デメリットもあります。痩せ気味の場合、外見上に豊胸バッグの形が出てしまうことがあり、また、カプセル拘縮が起こってしまった場合は表面に形状が現れるケースが考えられます。

ほかにも、乳腺下法(豊胸バッグ)だけではなく豊胸手術全体に考えられるデメリットとして、挿入されたバッグの周辺で切開化してしまう、バッグが破損してしまい内容物が体内に流れ出してしまう、術後にはしっかりマッサージを行わなければならないなどの後遺症や手間などがあります。

後遺症は100%防ぐことはできないうえ、手術自体が精神的にも肉体的にも大きく負担がかかります。そのことを理解して医師を選ぶことが大切です。

「乳腺下法(豊胸バッグ)」にはバレるデメリットがある

他の術法と同様にバレる・不自然に見られるデメリットが存在します。

乳腺下法(豊胸バッグ)では、わきを切開してからバッグを挿入するのが一般的ですが、患者によっては乳房下溝や乳輪のすぐそば、側胸部を切開することがあります。

もし、わき以外の部位を切開した場合は手術跡がはっきりとわかり、他人からは豊胸手術を受けたことが容易にバレてしまいます。乳房周辺に傷跡があるため、手術の出来が悪いと手術がバレるだけでなく、不自然な乳房も一緒に見られてしまいます。

カプセル拘縮(被膜)は予防しにくいデメリット

豊胸手術のデメリットのうち、乳腺下法(豊胸バッグ)特有のデメリットといわれるのが「カプセル拘縮(被膜)」と呼ばれる現象です。豊胸バッグを入れると必ず周囲にできる被膜はバッグを締め付ける力を与えますが、被膜が厚くなり、閉じ込める力が大きくなると、だんだん豊胸バッグが変形し、乳房の形も不自然に見えるようになっていきます。

この現象は、乳腺下法(豊胸バッグ)の手術を受けた人であれば誰でも起こり得るもので、予防するのは難しいです。

リップリングもデメリットだが対処はしやすい

乳房に不自然にしわができたり、波打つ部分が生じる「リップリング」と呼ばれる現象も、乳腺下法(豊胸バッグ)固有のデメリットの一つです。原因の多くは、乳房への挿入時にバッグがよれてしまったか、激しい動きをした拍子にバッグが変形してしまったかのいずれかですが、カプセル拘縮の影響で起こることもあります。

この現象は、手術後かなりの年月が経った頃になってあらわれる場合がありますが、体型に見合うバッグを選べば対処することができます。

乳腺下法で豊かで綺麗な胸をつくりたいなら名医のいるクリニックがおすすめ

乳腺下法(豊胸バッグ)には、他の術法と同じように切開場所によっては傷跡が目立ち、手術をしたことがバレやすいデメリットがあるほか、カプセル拘縮(被膜)やリップリングといった術法固有のデメリットも存在します。

もし、自分の乳房にコンプレックスがあり、手術によって豊かで綺麗な乳房にしたいと考えているのあれば、多数の乳腺下法(豊胸バッグ)の施術実績のある優れた医師のいるクリニックを紹介していますので、是非ご相談ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*