豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳腺下法(豊胸バッグ)のアフターケア内容とは

豊胸手術で最も大切なことが豊胸バッグの素材と、どのパーツに豊胸バッグを入れるかということです。
最も広く行われている挿入方法が乳腺下法です。
これは豊胸術が始まった頃から行われている実績のある手術法で、乳腺の下に豊胸バッグを入れる方法で、もともと乳房に脂肪がたくさん付いている方、乳房が大きな方に向いている手術法です。
乳腺下法の最大のメリットは術後の痛みやダウンタイムが軽減されることです。
そのほかの大胸筋下法や大胸筋筋膜下法の場合には筋膜を剥がすことが必要になるので手術後の痛みもかなり強く、長引くケースもあります。
その点乳腺の下に豊胸バッグを入れることで体に対する負担を最小限にしながら2カップ以上の豊胸も可能になるのです。
とはいえ、乳腺下法の豊胸術もアフターケアを行うことは必要で、ドクターに指示されたバストマッサージや体操などのアフターケアをしっかりと行うことで、ハリのある理想のバストを作ることができます。
乳腺下法での豊胸のアフターケア

乳腺下法のアフターケア

乳腺下法(豊胸バッグ)はもともと乳房の大きさがある程度ある方や乳房に脂肪が十分ある方に向いている方法で、より自然な立ち上がりのシルエットにすることができるため最も広く取り入れられている豊胸術です。
乳腺下法(豊胸バッグ)は乳房がたれている方や脂肪が少ない方にとっては、挿入した豊胸バッグの形がわかってしまうこともあるため向いていませんが、大胸筋下法や大胸筋筋膜下法に比べて体にかかる負担を最小限にすることができるため、痛みを軽減し、腫れを少なくするなどの術後のダウンタイムを比較的短くすることができます。
乳腺下法のアフターケアとして必要なのは術後の皮膜拘縮を防ぐためのバストマッサージです。
しっかりと指示されたようにバストマッサージを行うことで、豊胸バッグの周りに皮膜がつくことを防ぎ拘縮を予防できるので、バストが固くならずにより自然な手触りを維持することができるのです。
このような乳腺下法のアフターケアをしっかりと行うことで理想のバストを手に入れることができます。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*