豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳輪縮小術のダウンタイム、どのくらい続く?

自分の乳輪の大きさにコンプレックスを抱えている女性も少なくありません。
乳輪を自然な大きさに改善するなら、美容外科クリニックで行なえる乳輪縮小術を試してみるといいでしょう。
乳輪縮小術は、乳頭周辺の乳輪をドーナツ状に切開して縫い合わせる手術法です。自然な乳輪を短い手術時間で実現することもできるので、身体へのダメージが少ないのも人気の手術法となっている理由です。
乳輪縮小術は、個人差がありますがダウンタイムがあります。
腫れや内出血などを始め、手術後は抜糸や保護のために通院が必要です。
手術後、7日から14日ほどは、乳輪や乳頭の周辺に腫れを感じる方も多くいるでしょう。
また、手術の際に細かい血管が傷ついてしまうこともある為、乳輪周辺から胸全体にかけて内出血してしまうこともあります。
しかし、腫れと同様に内出血も手術後、1週間から2週間ほどで改善し消失していくので心配ありません。
心配なく乳輪の修正を行うためには、事前にダウンタイムについて確認しておくと安心です。

乳輪縮小術のダウンタイム、どのくらい続く?

名医に手術を行ってもらうことが重要

乳輪縮小術のダウンタイムは、胸にしばらくの間、むくみを感じてしまうこともあります。
また、傷を縫いあわせた部分の皮膚が引きつれてしまい、ギャザーができてしまうこともあるでしょう。
乳輪縮小術の手術後、1週間から2週間ほどは痛みや腫れ、内出血などのトラブルに見舞われてしまうこともありますが、徐々に消失して改善されるので心配ありません。
女性の多くは、乳輪縮小術を行うと傷跡が残ってしまうのではないかと心配される方がほとんどですが、傷の赤みは数ヶ月かけて元に戻っていくので問題なくバスト修正を行うことができます。
手術後は、傷跡が薄茶色になってしまいますが、徐々に色素沈着が改善されて肌色に戻るので安心です。
しかしながら、失敗なく手術を行うためには、名医に手術を行ってもらうことが重要です。
失敗してしまうと左右差ができてしまったり、乳輪の縮小効果をきちんと実感することができません。
また、乳輪が小さくなりすぎてしまうなどのトラブルもあるでしょう。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*