豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳輪縮小術のデメリット3つを理解して失敗回避!

バストにコンプレックスを持つ女性は多いですが、バストの形や大きさではなく、バストトップ部分にコンプレックスを持つ人も少なくないものです。

普段は人に見えない部分ですが、それでも本人にとっては深刻な悩みとなっていることも少なくありません。特に乳頭が大きいことや乳輪が大きいなどはデリケートな問題ですが、こうした悩みは努力で改善するのはかなり難しいと言えます。

こうした悩みに対応する治療もあり、美容外科では乳輪縮小術という方法が用いられています。乳輪縮小術にも様々な治療方法がありますが、治療を行うことで、乳頭をより小さくし、美しく丸い形に整えることができます。

女性に人気の高い治療で、美しいバスト作りに役立ってくれますが、デリケートな部分の治療となりますので、メリットだけではなくデメリットについてもよく確認しておきましょう。

切開も行いますので、治療後のある程度の痛みや腫れがあるということも理解しておきましょう。

乳輪縮小術のデメリットを理解して失敗回避!

高い技術を持つ医師に担当してもらうことが大切

乳輪縮小術を行えば半永久的にバストトップを小さくし、理想のバストに近づけることができます。
乳輪縮小術は内側からアプローチする方法と外側からアプローチする方法があります。

内側から切開する場合は傷跡が目立たない、外周のグラデーションを残せるので、自然な仕上がりになることが期待できます。そのかわり、後戻りがしやすいという欠点もありますし、大幅な縮小は難しいものがあります。

より大幅に縮小するのであれば、外周からアプローチしていくという方法があり、この場合であればより多くの皮膚を切除できますので縮小の効果を高めることができます。

デメリットとしては、皮膚と乳輪との境目のグラデーションを残すことが難しいので、乳輪がよりくっきりしてしまうことがあげられます。

そしていずれの治療の場合も医師の技術力が未熟であると思ったように縮小できないこともありますし、時には乳管を傷つけてしまう可能性もあります。

治療で失敗しないためにもやはりできるだけ高い技術を持つ医師に担当してもらうことが大切です。

<デメリットも丸ごと分かる>乳輪縮小術による傷跡が目立ったらどうしよう

「傷跡」になるデメリットについて。

乳輪縮小術を受けた場合、傷跡が生じるデメリットがあります。この施術では、内側法と外側法の2種類の手術方法があります。傷が残りやすいのは、乳輪と乳房の境目を切除して縮める外側法です。外側法の場合、乳輪の境目のグラデーション部分に傷があると目立ちやすくなるからです。

傷跡が生じるのは、医師が未熟で縫合が杜撰であるケースが多いです。そのため、患部をきれいに仕上げるには信頼できる医師に任せる必要があります。

「後戻り」のデメリットについて

乳輪縮小術では、後戻りが起こるデメリットがあります。これは、主に施術を行った医師の経験不足が原因です。通常、乳輪縮小術を受けた後は、どの患者でも若干の後戻りが起こるものと考えられています。つまり、乳輪を医師が切開する際に、そのころを計算に入れずに施術を行うことで生じるといえます。

確実に施術の効果を得たいならば、乳輪縮小術の症例件数が多く、実績を重ねている医師を見つける事が大事です。

「効果が無い」デメリットについて

乳輪縮小術を受けると、効果が無いというデメリットがあります。これは、施術の処置が良くなく、術後に乳首が外側に引っ張られて伸びて平らになってしまうことが原因です。また、メスで切開した後に縫合した部分に血流障害が起こり、術後の仕上がりがきれいにならないケースもあります。

いずれにしても、確実に効果を得たいならば腕のいい医師がいるクリニックを探して、手術を受ける事が大事です。

名医に施術を任せる事がおすすめ

乳輪縮小術は、乳輪が大きくて悩んでいる女性に大人気の美容整形です。乳輪の皮膚を切除することで、乳輪のサイズを小さくして、きれいに整える事ができるからです。

ただ非常に難易度が高い手術であるので、未熟で施術経験が少ない医師に任せると失敗するリスクもあります。

よって、患部をきれいに仕上げたいなら、実績のある名医に依頼する事が大事です。当相談所で名医のご紹介をしておりますので、お気軽にご連絡ください。

美容整形の名医相談所-失敗と口コミ


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*