豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳輪縮小術のアフターケアとタブー

乳輪縮小術とは、乳首の周囲の乳輪の範囲を小さく縮めることで、乳首とのバランスを整えることができる便利なものです。
女性の場合、子供を妊娠し、出産の後には授乳するようになりますが、この影響で乳輪が大きく広がってしまう人が中には存在します。乳輪部分が大きくなると目立つことから、人前で裸になったり、自分の裸を見るたびに苦痛を感じるなどの精神的な問題に苦しむようになります。
メスを利用した手術ですが、乳腺を傷つけることがないため、比較的安心して受けやすい手術です。しかし、アフターケアが必要になりますので、完全に馴染むまでは、油断しないように毎日を過ごすことが重要です。
乳輪縮小術を受ける際には、アフターケアについて細かく説明してくれる病院を選ぶと、さらに安全性が高まります。アフターケアに徹していても、少しでも様子がおかしいとわかった時には、遠慮無く手術を受けた病院に問い合わせたり、診断を受けるようにしましょう。

乳輪縮小術のアフターケアとタブー

乳輪縮小術のアフターケア

乳輪縮小術のアフターケアは、一般的な美容手術を受けた時と、基本的には同じように行います。メスを入れた直後は、縫合しても出血を伴いやすい状態です。血流を促すような行動はしないでください。
皮膚から外に出血しなくても、内出血を誘発する原因になりますので、肌の状態を良好にするためにも守りましょう。
血流を促す行為は、激しい運動や飲酒があてはまります。マッサージや入浴で身体を温める行為も、同様の効果があります。これらの行動はしばらく控えるようにしましょう。入浴ができないのは苦痛に感じるでしょうが、シャワーであれば術後3日くらい経過すれば、浴びられるようになります。身体の汚れを落とすなら、シャワーだけでしばらくは済ませるようにします。
縫合した部分には水があたらないように工夫します。入浴は乳輪縮小術の手術から1週間くらい経過すれば、入れるようになります。
運動は3週間くらいを目安にして行います。心配ならば、1ヶ月が経過するまで待つとよいでしょう。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*