豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

知っておきたい乳房縮小術(リダクション)のリスク

大き過ぎて目立つバストを小さくしたい、あるいは自分に合ったサイズのお洒落な服を着たいけどバストが入らなくて悩んでいるという人は、乳房縮小術がおすすめです。
乳房縮小術を行うことで、小さくて綺麗なバストを手に入れることができたり、バストの大きさを気にすることなく服が選べる、バストが重すぎることで胸が垂れ下がってしまった場合にも改善することができます。
しかし、施術は切開して行う大掛かりな施術であるため、リスクと隣り合わせであることは否めません。
では、乳房縮小術を行うことでのリスクとはどんなことがあるのか考えてみましょう。

胸が大き過ぎて悩むなんてもともと小さい人にとったらうらやましい悩みですが、他人よりも大き過ぎることが嫌で悩んでいる人は実は数多くいるのです。
胸を小さくしたいと考えているのであれば、いざ本当に施術を受けようと思ったときの参考にしてみるのはいかがでしょうか。
リスクを把握しておくことで施術を行う時の心構えもできますのであらかじめ知っておくのが良いといえます。

知っておきたい乳房縮小術(リダクション)のリスク

小ぶりの綺麗なバストを手に入れる

乳房縮小術(リダクション)は、小さい胸を大きくする豊胸術とは別に、大きすぎる胸を小さくする施術です。
日本人は欧米人に比べて胸がい小さい人が多かったのですが、食生活や生活習慣などの変化により10代から大きくなり始めて悩んでいる人も少なくありません。

乳房縮小術(リダクション)を行うことで、小ぶりの綺麗なバストを手に入れることができます。

ただ、外科手術でもあるため、必ずリスクがつきものです。

乳房縮小術(リダクション)で考えられるリスクは、傷跡が目立ってしまったり、術後のダウンタイムが長くに体にかかる負担が大きいことです。

また、場合によっては入院が必要になることもありますので、仕事をされている人はしっかりと休暇を摂る必要が出てくるかもしれません。

その他に、自分が思っていた通りにならなかったり、左右の大きさが違うなど、施術を担当する医師の未熟さによるリスクなども考えられますので、クリニックを選ぶ場合には、安易に費用の安さなどで決めずに技術力が高く経験豊富な医師がいるクリニックを選ぶようにするのが望ましいといえます。
バストアップ(豊胸)の美容整形


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*