豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

乳房縮小術(リダクション)に期待できる効果とは【重要2項目解説】

一般的に胸の悩みに関する美容施術というのは、胸を大きくすることを希望する人が多くなっています。様々な美容クリニックが豊胸施術を宣伝しており、その需要の高さが伺えます。
実は、胸の悩みというのは、小さすぎるばかりではなく、大きすぎることにもコンプレックスを感じる女性は少なくありません。この大きすぎてしまうコンプレックスを解消する効果をもたらすのが、乳房縮小術という手術になります。

乳房縮小術を利用すれば、大きすぎて目立つ胸を小さくすることができます。メスを使って余分な部分を切除しますので、擬似的な方法とは違い、大変高い効果が得られます。切除した分だけ重量が減りますので、胸の部分が軽くなるという恩恵が得られるようになります。また、胸が大きすぎることによる、垂れ下がりを解消することもできます。胸の位置が高くなり、若々しく形のよい胸を手に入れることができるなど、多くのメリットを持っているのが、乳房縮小術の特徴です。

乳房縮小術(リダクション)

ダウンタイム中の過ごしかたや、アフターケアについて理解を深めることが重要

乳房縮小術(リダクション)は、メスを入れる手術です。そのため、効果の持続期間がとても長くなっています。長ければ半永久的な効果が得られる魅力があります。
乳房縮小術(リダクション)の手術時間は、手術の方法にもよりますが、早ければ1時間くらいでも終了できます。やや手間がかかる方法であれば、3時間から4時間程度かかります。
乳房縮小術(リダクション)の効果を高めるためにも、ダウンタイム中の過ごしかたや、アフターケアについて理解を深めることが重要です。

手術後には内出血や腫れがあらわれます。安静に過ごすことで、これらの症状を抑えることが可能です。おおよそ2週間程度で症状がおさまりますが、痛みが強い場合には痛み止めを処方してくれますので、安心しましょう。
シャワーは手術の翌日から利用できますが、メスを入れた部分にはかけないように注意しましょう。完全に傷口が塞がるまでは、その部分に刺激を与えないようにします。

乳房縮小術(リダクション)に期待できる効果とは

乳房縮小術(リダクション)、おすすめの美容外科を紹介!

バストの大きさが原因で見た目が気になる人や、肩こりがひどい人に適しているバスト形成手術が、乳房縮小術(リダクション)です。また、もともとバストが大きい人は、加齢や授乳によって垂れ下がりやすいので、そのような悩みを持つ人にも乳房縮小術(リダクション)は選ばれています。バスト形成手術は仕上がりのイメージを医師にきちんと伝えることで成功の確率が高くなります。カウンセリングを丁寧に行い、高い技術で最善の施術を行う病院を選ぶことが重要です。

乳房縮小術(リダクション)を行っている病院には、婦人科形成とバスト治療を専門としている病院もあります。最先端の知識と技術を備えた美容外科医によって最善の施術が行われます。またバスト治療に特化した国内でも有数のクリニックでは、最先端の設備を備えています。バスト手術における症例数は、国内でもトップクラスを誇っている病院がおすすめです。

乳房縮小術(リダクション)は、大きくて垂れ下がったバストを整えるのに効果的なバスト形成手術です。しかしながら、未熟な医師が担当した場合、傷痕が目立つ、乳腺を傷つけてしまう、理想の仕上がりにならないという失敗やトラブルが起こることが考えられます。失敗やトラブルを避けるためには、専門知識と豊富な経験を持つ医師による丁寧なカウンセリング、高い技術による施術、充実したアフターケアが欠かせません。

乳房縮小術(リダクション)を行っている病院での乳房縮小術(リダクション)の値段は平均価格で100万円くらいです。極端に安い病院では、経験の浅い医師や、技術力に乏しい医師が担当であったり、設備や衛生環境が万全でないなどが考えられます。これらは失敗やトラブルにつながり、修正手術を受けなければいけない事態に陥る可能性が高くなります。値段だけを見て病院を選ぶのではなく、評判に加えて、設備や衛生体制、カウンセリング、医師の質、アフターケアなど、トータルな面を鑑みて選択することが重要です。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*