豊胸手術とバスト整形の名医
豊胸手術とバスト整形の名医

ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグのデメリットを3個解説

ナトレルは高品質のプロテーゼを提供する会社で作られており、スムースタイプとテクスチャードタイプがあります。

バッグの伸縮性が良く柔らかい感触で、多層構造がジェルの漏えいリスクを下げているため、利用する病院が増えています。デメリットといえるのは、脂肪注入などとは違いある程度メスを入れて切開する必要がある点です。

脇の下付近や乳房下を切開して入れるため、傷跡は目立ちにくい位置にできます。

技術の下手な医師が行うと上手くナトレルの挿入ができずに胸の形が崩れることがあります。綺麗に剥離して乳腺下に入れてくれれば形が整いやすくなりますが、医師によってはスピードを重視するあまり、十分な剥離をしないで入れてしまう人もいます。

出血が伴いやすい手術であり、剥離に伴い溜まった液体をドレーンなどで丁寧に除去する必要があるので、ドレーンを付けてくれないクリニックだと十分に取り出されておらず、胸の形がデコボコしたり痛みに繋がってしまうことがあります。

知っておかなくていいの?ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグのデメリット

ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグのデメリット

ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグのデメリットは少ない方ですが、身体に異物を入れることで起こりやすい反応がカプセル拘縮です。

異物があると体外に押し出そうとする力が働きますが、挿入する部分は体の奥の方にあるため押し出すことができません。このため、被膜を作って異物を覆う働きが起こります。

繊維成分で多い、薄いうちはそれほど違和感を感じませんが、被膜が厚くなってしまうと柔らかいナトレル(バイオセル)の豊胸バッグを入れたのにも関わらず硬い胸になってしまいます。

カプセル拘縮は手術の際、出血が多くあったり感染症などを起こしたりするとおきやすくなります。

硬くなってきたからといって自分でマッサージを行うよりも手術を受けた病院で対応してもらった方が安心できます。内服薬や超音波などによってある程度ほぐせる場合があります。

失敗したりカプセル拘縮により、胸に入れたナトレル(バイオセル)の豊胸バッグを取り出す場合、挿入時よりも大きく切開して取り出すことがほとんどです。負担が少ない乳房下から取り出すことが一般的です。

カプセル拘縮(被膜)のデメリット

デメリットを教えて!ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグのカプセル拘縮を予防するには。

豊胸バッグを用いた豊胸手術には、カプセル拘縮(被膜)と呼ばれるリスクが必ず伴ってきます。この現象は体内に入れられた異物である豊胸バッグを体が体内から排除しようとすることで体とバッグの間に膜を作ります。

この膜は必ずと言っていいほど出来ますが、マッサージを毎日していれば問題はありません。

ですがマッサージをしなければ徐々に膜が厚くなり、硬さがでてきてしまいます。こうなると痛みやバストが硬く固まってしまうという現象が起きます。

リップリングというデメリットについて

豊胸バッグを用いたバストアップ整形手術には他にもリップリングというデメリットがあります。この現象は中に挿入した豊胸バッグが波打つことで形が変形してしまうことが原因で起こります。

中に入れたバッグが変形するという事はすなわちバストの形が変わってしまうという事を意味しています。そのため、バッグが波打つとバストの表面も波打ってしまい、肌の表面がでこぼこになったり、しわのようになったりします。

バレる・不自然というデメリットについて

最後にナトレル(バイオセル)の豊胸バッグによる豊胸手術の最大のデメリットをご紹介します。それはバレる・不自然ということです。他人の目に見て不自然さを感じる理由は上記の理由以外にもバストの形がいびつであったり、左右で形が明らかに違っていたりすることがあげられます。

この原因はドクターの技術力のなさが一番の原因と言え、仕上がりやデザインがきちんとできていなければこのような現象が起きてしまいます。

ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグは名医がおすすめ

ナトレル(バイオセル)の豊胸バッグのこのようなデメリットを回避するために1番大切なことは名医と呼ばれる腕の良いドクターに手術を行ってもらう事です。

腕の良いドクターであれば熟練の技術を持っているため手術だけでなく術後のアフターケアもきちんとしているため何かあったときでも即座に対応してもらう事が出来ます。当相談所ではこのように名医と呼ばれるおすすめのドクターのご紹介も行っておりますのでぜひご相談ください。

豊胸手術・バストの名医-失敗と効果


The following two tabs change content below.
整形失敗を防ぐため、これまで2万名以上の方にアドバイスをしてきました。当相談所では、全国の美容外科の修正確率まで算出し、名医のご紹介にあたっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*